腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2023年11月01日

腕白農園施設改修工事 vol-2

前回記事の腕白農園施設改修工事に至る経緯と、今後の農園のあり方・・・付いて触れてみる

2015年末に新規就農許可を得て 2016年年頭から農園作りに着工
只今 工事中〜 大引越し・・・晴天〜引越し日和 工事中にも関わらず沢山の仲間が遊びに来てくれました

開園前の農園

テラスには未だ屋根も無い

開園前の様子

テントで出店
旧施設は、キングスワークショップの展示場 兼ドッグランだったからね〜

旧施設ゲート

旧施設のフィールド
展示場兼の旧施設が手狭に成り 広い場所にと・・・思考錯誤から 葡萄農園の棚下余地を活用して フィールドを作ったんだよね〜

新施設 農園ゲート

葡萄棚

ドロン撮影

施設全体

フィールド
旧施設から12年 農園開園から7年・・・・色々と有りまたね 愛犬達も今は居無い 保護犬1人だけの状態・・・時々 愛犬達の影響を受けた預かりっ子が来るけど・・・・以前とは違う感じ

3年前のコロナ過・・・多くの愛犬施設が閉鎖されていた頃 沢山の来園者で賑わっていた・・・コロナ過生活に慣れ 生活スタイルも変わったのかな・・・コロナ終息と共に逆に来園者の減少 5類になりなお減少・・

3年前 農に興味の有る方々と一宮市民活動ノーティーファームと言うクラブを開設 腕白農園の本文 生業の農業施設へ徐々に移行してきた
市民農園再演様式(シェア畑)や農業体験 味噌や醤油の素材作りからプロジェクト 来年には稲作チャレンジも開催
合わせて3年前から 無農薬・無肥料栽培のお米や真菰・果樹のネット販売も 徐々に増えてきている 

開園当初は 農園施設と愛犬の施設の割合は、本業の農業を上回っていたが 徐々に移行 今後は遊べる農園を軸に遊べる農園の一アイテムに愛犬の施設と言う感じにして行こうと思っている。
伴い 施設の一部を改修改造して 菜園や果樹栽培の場を拡大 収穫体験や路地果物・果樹の販売の拡大 拡充を図る事にした。

改修場所一昨年前の様子

現在の改修場所の様子
来園者が減り 第に駐車場・多目的広場を使う事も減少し 放置・・・草茫々の状態
腕白農園施設改修工事では ここを整地し直し 新たな菜園と果樹栽培の場所に模様替え・・・・

腕白農園/腕白Farm&Fieldは 「農」に触れながら 大人からお子様や愛犬も一緒に遊べる農園を目指して居ます。 

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

posted by 腕白おやじ at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年10月29日

秋の野良仕事〜収穫繁盛期

この時期は、稲刈りも終わり 一般的には田圃はお休みに入る 来年の春までそのまま放置にされる田圃が多くなりましたね
腕白農園は昔ながらの稲作を心掛けているので 秋起こしをしてマメ科の種をまきます、昔は蓮華草 今はヘアリーベッチ

稲架掛けと真菰

秋耕転

麦の畑
田圃はヘアリーベッチの種をまくので 秋から来春まではこの狭い畑で麦を育てます。
2023年のお米作り〜稲刈り・稲架掛けで、今年の稲作は終わり 2024年お米作りの開始と成ります。 

秋は農耕作繁盛期 稲刈り稲架掛け・脱穀と平行して 秋の収穫に追われます

真菰

黒豆の枝豆

白茄子・茄子・オクラ
今年は真菰が豊作で沢山の収穫・・処理出来るかと心配しましたがお陰様とネット販売で粗完売
黒豆の枝豆も 奇麗な鞘を選別して配送 若干傷物は自家用 数株は来年の種に残しています

夏採れが少なかったオクラや茄子、秋採れが沢山で 毎日のご飯には オクラやナス、真菰の料理が続きます・・・美味しいから良いけどね・・・笑

そして この時期といえば柿

秋の収穫 柿

出荷計量

出荷
柿木は2年に一度 縦に伸びた枝を選定していますが(背が高くなると収穫がし難いから) 選定した翌年は数が少ないですが 今年は剪定2年目で豊作
今年の夏は長雨とその後は酷暑・・・実りが早く落ちないかと心配しましたが・・・蔓科の雑草が果樹を覆い温度調整してくれたかな・・・・笑

この後は 野菜類では薩摩芋の収穫 冬前には小松菜・大根 果樹はキウイの収穫 そして年越し頃から八朔の収穫と続きます
路地野菜は 気温や日照で採り高が大きく変動します 世話も掛かります栽培面積も広く必要で 価格も安価に比べ 果樹は然程世話も掛からず そこそこ収穫が見込め 価格もそこそこ得られるので良いですね

腕白農園は本来は葡萄農家・・・・・ですが 露地栽培で無農薬・無肥料栽培なので収穫が全く出来ていません・・・泣
研修先の葡萄農家さんが言われた言葉「葡萄は薬漬けで過保護に育てないと無理!」と・・・本当にそうですね・・・
今年の 果樹休眠時期に ぶどう農園の一部を改修して 菜園とポット栽培の場所を作る計画です。


−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ


posted by 腕白おやじ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年10月26日

腕白農園施設改修工事

新規就農から7年・・・・葡萄農園として就農したのですが・・・収穫は自家消費程度しか有りません
就農前 研修先の葡萄農家さんで 言われた言葉を毎年この時期に成ると思い出します「葡萄は薬漬けで過保護に育てないと無理!」と・・・本当にそうですね・・・

葡萄栽培の対策が見えない、栽培地(土作り)に失敗したのか やはり無農薬・無肥料は無理なのか・・・雨風や飛来する鳥虫対策にハウスを乗せるべきなのか・・・ 色々と試しては見たけど・・・未だに答えが見出せずに居ます

験しに葡萄の剪定枝から作った自根苗・・・他の畑では暴れて枝が伸びすぎ実が付かない・・・
現在後に移植すると成長が遅い・・・・当初の栽培地作り 甘い葡萄を育てる為に作った筈なのに 厳しい条件にし過ぎた様に感じる・・・
そろそろ来年の為に栄養を枝に貯める時期 自家製の有機肥料とEM菌液を散布し 来春芽が出る前にもう一度 有機液肥とEM菌液を散布してみる

もう一つの対策が 果樹休眠時期に ぶどう農園の一部を改修して 菜園とポット栽培の場所を作る計画をしています

google map
農園の一部 赤枠の部分を大改修して 葡萄以外の果物を育てる計画です。

第二駐車場

外から見ると

多目的広場

隣の田圃から
今年の春から夏にかけて 長雨、酷暑で草茫々にしてしまった 来園者も減り第二駐車場を使う事もなく 貸切など多目的エリアを使用する事も殆ど無かったので 放置していた為だ
害獣防止ネットが仇となり 草刈りが容易に出来ない・・・ネットを破る恐れが有るから・・・尚更だ

この場所を大改修して 菜園とポット栽培場所を作ろうと考えた

施設図赤枠 改修工事場所

予備駐車場の一部に野菜果物用の畑を新設し 瓜科の果物の栽培 葡萄棚の下で ブルーベリー等のポット栽培の場 収穫体験などを楽しんで頂ける場として計画しています。 

@ 野菜果物/西瓜・瓜・トマトなどの栽培
A 手洗い・簡易トイレ・収穫品洗浄
B 栽培及び施設保全資材置き場
C ポット栽培/ブルーベリーなど
D 多目的スペース/イベント等 キャンプ(テント) 

年内完成を目指し工事を進めさせて頂きますので 宜しくお願い致します。


−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

posted by 腕白おやじ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年10月22日

玉子が先か鶏が先か 生業か副業か

7年前 新規就農時に購入した自己所有の農地は750坪 愛知県の収納条件の20aに対し25aから始めました。
その後 耕作放置や無耕作農地の管理受託を徐々に請負 815坪の2.7反 ここに新たに約1反半が加わり、合わせて6.7反 約6650m2に成りました。

北西から南東へ望む

北西境界

南西から北東へ望む

南西角境界
1反半も有ると・・・やはり 広いな〜笑 この農地は田圃 稲作をします・・・・
と言っても 自身で耕作して収穫したお米を売る・・・と言うのでは無くて シェア農地として希望者を募り稲作チャレンジの場所に成ります。

生業は農業なので 収穫物を販売し農業収益を上げるのが本文ですが・・・・私は多くの人に、農業を知って頂く為の啓蒙活動と考えているのでね このスタイルを取ります。
そんな啓蒙活動で 1人でも新規就農を志す方が現れれば 目的が達成出来たと言う事かなと思っています。

新規就農は私の経験からも 正直現実的では無い・・・・楽しいけど・・笑 (農業で生活できるのか?
例えばこの農地約1反半で取れるお米の量は、全国平均で530kg/反なので 800s弱
直近の農家手取り米価は玄米 1 俵当り 13,000 円程度な ので収入は、18万円弱となる計算に成ります(農協経由市場の場合)年商でですよ・・・
それより 農に興味の有る方を募り 楽しくシェア農地 耕作をし他方が 私も楽しいし 参加者も楽しいと思う 農業を知って頂く事になるしね

私の住む一宮市の農家は 概ねが小規模農家であり消費農家 兼業農家さんです 平日はお勤めをして 週末農業と言う生活をされている方が多い訳ですね 農業だけでは生計が立てられないから
親から相続した農地を所有し跡継ぎ農家として、兼業農家をされている訳です 農業を継続して行く為に しんどいと思いますよ・・・

かと言って 現職を続けながら 美味しい野菜が食べたい 無農薬無肥料で育てたいと、新たに農業を加える 兼業農家は基本認められて居無い あくまでも農業が主 生業で農業を継続する手段としての他職は認められている・・・と言うのが現状
一見 どちらも同じ様な物なのに・・・・玉子が先か 鶏が先か・・・の違い

方や 農地が有るから 生活して行く為に仕方が無く兼業をして居る・・・週末遊びに行きたいけど田畑の世話が有る・・無耕作地・・放置農地・・・・負のスパイラル状態
方や 現状生活が出来ているけど 美味しい物が食べたい 安心で安全な物を育てたいから、週末の時間を楽しい事に使いたい・・・兼業農家に成りたい・・・・楽しい事ばかり
この差は大きいと思います 私の様に 元もとの生業を副業にし 農業を生業にした 新規就農者にしか解らない事だと思います

この稲作チャレンジは 兼業農家さんの生活を、疑似体験出来る企画と言っても良いと思うのです
趣味の菜園 市民農園では 耕作面積も小さいし 田植えや稲刈り体験は 一日の体験に過ぎない 趣味・娯楽・リクレーションに過ぎない・・・どちらも農業とは言えないからね

でも シェア農地で相応の収穫量を得る為に 土作り・苗作り・田植え・水管理・稲刈り・天日干し・脱穀・籾摺り・・・と半年間の世話 仕事の合間に週末農業を実践で体験する事は 兼業農家を実体験する 知ると言う事に繋がると思うのです。

このシェア農地 稲作チャレンジを一回の体験で終わらせるか 数年続けるのか 更に耕作面積(シェア農地)を増やして行くのか 家族が食べられる量まで増やすのか シェア農地では無く 共同耕作者レベルに成るのか 新規就農者を志すか・・・・・様々

どんな形であれ 農に興味の有る方を、応援出来る環境を提案して行きたいな〜と思っています。 
   
関連記事
2024年稲作チャレンジ事業
2024年稲作チャレンジ事業vol-1
2024年稲作チャレンジ事業vol-2
2024年稲作チャレンジ事業vol-3

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

posted by 腕白おやじ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2024年稲作チャレンジ事業

腕白農園の仲間とノーティーファームの仲間で 田植えから稲刈り 稲架掛け天日干し 籾摺り精米などの一連の栽培作業を体験する 稲作にチャレンジ企画です。

一反の田圃で採れるお米は 無農薬・無肥料で約7〜8俵 約450s前後(慣行農法 化農薬肥料使用は9〜10俵 約570s前後)
1俵は60s お米の消費量は年々減少していて 夫婦2人で約80〜100sとされています、4人家族となると更に増えます 
一反300坪の田圃で 3〜4家族程度しか収穫出来ない 逆に言えば家族が食べる分のお米を作ろうとすると 100坪位の田圃が必要 現在お住いの自宅敷地面積は何坪?と考えると広い場所が必要なのですよね。



参加人員 定数 / 会員限定 3組(1家族2口迄)以上で企画決行 3組未満は中止 定数は7口(1口1俵玄米渡し)
申し込み期日 / 2023年10月31日迄 メール受信分  

参加費 / 農地地権者のお礼(固定資産税+水利権費+寸志)と 農作機械(トラクター・田植え機・刈採機などの諸費用+オペレーター)指導料&日々の水管理費等の合計を 採れ高俵割りと成ります。 
費用の目安は 1口1俵(60s)あたり 15,000〜20,000円(全工程参加の場合10s換算で3,000円前後程度)を予定しています 全工程終了後清算にて決定。
市場の減農薬・減肥料栽培、特選米の市場価格は 10s 4〜5,000円×6袋(1俵60s)=約30,000円に成ります。
腕白農園米(無農薬・無肥料)は 10s7,500円で販売しています、参考にして下さい

主な作業 / 腕白稲作カレンダ(クリックするとPDFが見られます)を目安に おおまかな作業は 
2023年11月ヘアリーベッチ種蒔1日 2024年4月種籾選別1日 苗作り1日 耕運転1日 田植え1日 中干し草採り1日 稲刈採りと稲架掛け1日 脱穀1日 籾摺り1日 全工程で10回(日)〜12回(日)前後 
1回(日)の作業時間は概ね 午前9時〜お昼までの3〜4時間程度 作業内容及び参加人員で作業時間が延びる場合もあります。

1口1俵の耕作面積約50坪分は 参加者の耕作責任負担分とお考え下さい 全工程の5割以上が参加条件と成ります 
尚 都合で参加不可 作業が出来ない分は、参加費1口1俵(60s)あたり 15,000〜20,000円の作業数割(最小10回)1作業平均1,800円なので 1回1,000円換算で 参加費に負担加算に成ります。


作業工程俵(クリックすると履歴PDFが見られます)
以下は主たる作業の流れ画像

苗箱種蒔

育苗

田植え

田植え後

出穂

稲刈り

稲架掛け

脱穀

籾摺り

精米

収穫のお米
無農薬・無肥料・除草剤不使用で ヘアリーベッチの緑肥とEM菌活性液だけで育て 稲架掛け天日干し 籾付保管で食する分だけ精米をする・・・お米 ほんと 美味しいのよ

お陰さまで 募集人員が集まったので 稲作チャレンジ実行と成りました 使用する田圃は1反半なので まだ余裕があります 是非 一緒に稲作に挑戦しませんか

過去記事
2023年お米作り〜脱穀・籾摺り編
2023年お米作り〜稲刈り・稲架掛け編
2023年お米作り〜出穂編とおまけ
2023年お米作り〜 間断かんすい編
2023年お米作り〜中干し編 vol-10
2023年お米作り〜番外編 稲水没 vol-9
2023年お米作り〜水管理 EM菌活性液 編 vol-8
2023年お米作り〜田植え体験&泥んこ遊び編 vol-7
2023年お米作り〜田植編 vol-6
2023年お米作り〜代掻き編 vol-5
田植の時期が近づいて来た・・・2023年お米作り始動・・番外編
2023年お米作り〜育苗〜田植の準備編 vol-4
2023年お米作り〜種蒔・育苗〜編 vol-3
2023年お米作り〜塩水選・浸種〜編 vol-2
2023年お米作り始動〜栽培暦〜編

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

posted by 腕白おやじ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年10月18日

2023年お米作り〜稲刈り・稲架掛け編

今年も稲刈りの時期に成りました 2022年 稲作刈り取りと稲架掛けは10月11日・18日に行いました。

愛知のかおり

餅米

ハツシモ

愛知のかおり
稲の様子から 今年も同様に10月10日(火)15日(日)17日(火)の予定でしたが・・・10日も15日も前日に雨で バインターが入れず中止
止む終えず 天気の合間に倒れたハツシモだけを刈り取りました

倒れたハツシモ

バインター

刈り取り

稲架掛け

残した愛知のかおり
母ちゃんと2人で農園の営業時間の合間1〜2時間 2日間で稲刈りと稲架掛けをしてシートを被せました・・・翌日大雨・・・セーフでしたね・・・笑

2日間の予定が雨で中止 やっと天気に見舞われ お手伝いさんの参加を得て稲刈り開始です

バインダー

稲束集め

稲架掛け法の説明

稲架掛け開始

稲架掛け
お昼前には完了〜皆さんお疲れ様でした。
後は・・・・研修田の愛知のかおりが残っています・・・22日(日)か24日(火)に何とか片付けないとね・・・

餅米は量が少ないので 棒掛けにしました 最近では平野部でも稲架掛けを見なくなりましたが 山間部など 棚田では 大小の田圃でしかも棚田 横並びの稲架掛けが作り辛い事から 棒掛が多いそうです。

餅米の棒稲架掛け

ねじりほんにょ

ねじりほんにょキャラクター
宮城県の栗原市は山間部 この地方では昔からねじりはんにょ(棒稲架掛け)が行われ イメージキャラクターまで居るそうです。



過去記事
2023年お米作り〜出穂編とおまけ
2023年お米作り〜 間断かんすい編
2023年お米作り〜中干し編 vol-10
2023年お米作り〜番外編 稲水没 vol-9
2023年お米作り〜水管理 EM菌活性液 編 vol-8
2023年お米作り〜田植え体験&泥んこ遊び編 vol-7
2023年お米作り〜田植編 vol-6
2023年お米作り〜代掻き編 vol-5
田植の時期が近づいて来た・・・2023年お米作り始動・・番外編
2023年お米作り〜育苗〜田植の準備編 vol-4
2023年お米作り〜種蒔・育苗〜編 vol-3
2023年お米作り〜塩水選・浸種〜編 vol-2
2023年お米作り始動〜栽培暦〜編

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年10月15日

マコモタケ〜真菰丈〜食べて美味しい真菰竹

今年は田圃に余地が出来たので 昨年の倍近く真菰の苗を植えつけました。
稲の苗から作ったのですが・・・予想より苗板が粗く(種籾が好く無かった)田植えをしたら 隙間が出来てしまった・・・笑

真菰は、茎元が肥大する部分 筍の様な食感から「マコモタケ」と呼ぶ様に成ったらしい
昨年まではその肥大が大きく成ってから収穫していたが 今年は膨らみ始め 肥大部分が白いうちに収穫をした(白い上体は柔らかい) 

収穫

出荷品

箱詰め

出荷
農園での直売・ネットでの販売・収穫体験を含め 今年の収穫量は70sオーバーだった
昨年は収穫が遅れ 肥大して爆発・・・廃棄・・・も多々有ったけど 今年は纏めて収穫して粗ロスは無かった

自家用に残した真菰でお家料理・・・甘くて美味しい 癖や灰汁が無いので色々な物とあわせて料理しても邪魔しない メインにもなるし めい脇役にもなる 素晴らしい食材

蒸し

真菰のお吸い物とサラダ

八宝菜・味噌炒め

オイルパスタ
真菰は古くから栽培されている作物だけど 随分前に姿を消した・・・
田舎の農村部では地味に食され続けていた様で 最近に成って 真菰の良さが取りざたされ人気が出始めている。

真菰は、肺・心臓・肝臓・脾臓・腎臓の五臓に良いとされ、血圧や血糖値の上昇抑制、乾燥肌、冷え症、デトックスにも効能があるそうです。
特に、ウイルス感染予防、免疫力アップにも効果が期待されています。
真菰の肥大した実の部分だけでは無く 葉にも同様の効果が有るとされ 葉を煎って 焙じ茶としても飲まれていた

真菰茶

真菰の粉末

焙じ機

焙じ機
焙煎 焙じ機を作成して 沢山の焙じ茶葉を作る計画をしている

その他にも 真菰の葉は 注連縄としても重宝され 神社などのしめ縄は今も真菰が使用されています
我が家も 毎年 稲藁と真菰の葉で注連縄を編み 正月を迎えています。

農園とノーティーファームのイベントでしめ縄作り体験会も開いています。

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年10月05日

今年も収穫祭やるよ〜

昨年収穫した籾を種籾にして 稲苗から育てたお米ちゃんが・・・8月中旬に出穂「2023年お米作り〜出穂編とおまけ」黄色く色付き稲穂が垂れてきました。
まもなく収穫の時期になります 稲刈りのお手伝いさんを募集中 沢山お手伝いさんが集まるといいね〜収穫のお手伝いをされた方は 収穫祭の参加費は無料 施設入園費のみで参加可能です。

10月中旬に稲刈り 稲架掛け天日干し 3週間 籾摺り精米して 今年の新米試食会・・・・収穫祭を今年もやるよ〜
今年の予定は11月12日日曜日を予定しています
今年は、昨年収穫した稲籾を種籾にして 稲苗から育てた新米と 昨年収穫して籾付きで保管した熟性米との味比べを行います 新米と熟精米・・・どっちが好みかな・・・真菰丈の料理をたくさん作りますよ〜 お楽しみに

収穫祭のお誘い

開催日 / 11月12日 日曜日 11時〜15時 
 11時〜13時試食会 13時〜14時 施設修繕工事に付いて 14時〜15時お茶会

参加費 / お1人500円 + 入園料(施設維持協力費)
   (入園料 大人600円 同伴者300円 小学生以下無料)

申し込み方法は 腕白農園公式LINE 若しくは 施設管理人宛にご連絡下さい

特記 
稲刈り天日干しお手伝いをされた方で 11月12日(日)が都合の悪い方の為に 19日に試食会のみ追加開催をいたします。
稲刈りのお手伝いをされなかった方でも 参加頂けますが 参加費は上記の通りと成ります

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

posted by 腕白おやじ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年10月01日

腕白農園の改修工事計画

2015年新規就農し 2016年春に葡萄農園を開設しました それまで運営していた愛犬の施設を 葡萄棚の下 余地に移設して7年・・・
看板犬でも有る愛犬達が居た頃は お陰様と沢山のわんこ達が集り賑わっていました・・・
愛犬達が老衰で亡くなって行くにつれ 徐々に集りが減って 今では愛犬の施設を営むに必要な経費が捻出できない状態に至ってしまいました。
愛犬達を亡くした事で モチベーションが下がったのかな・・・? 魅力半減したかな?

でも 幸いな事に今でも 愛犬との絆作りに悩む方が訪れてくれています 愛犬達から学んだ来園のわんこ達が上手に関わってくれています。 
それに愛犬達との思い出の場所でも有るからね・・・愛犬の施設を辞める気はし無い うん辞める事はし無い

そもそも此処は農園・・・農業施設 農業をもっと真面目にやれ・・・と言っているのかも(一応やっているけどね 笑)

と言う事で 2023年10月中頃から年内の予定で 施設内の一部(赤枠)の、改修工事をさせて頂きます
工事期間は いろいろとご迷惑をお掛けする事と成りますが 何卒ご理解の程宜しくお願いいたします。

赤枠 改修工事場所
施設北 予備駐車場の東半分と・資材置き場・フリーエリア(貸しきりドッグランエリア)の部分を改修し 遊べる農園を拡張致します。 

工事後は 畑やポット栽培(果樹)になり 収穫体験や栽培体験の場と成ります。

赤枠 改修工事場所
予備駐車場の一部に野菜果物用の畑を新設し 瓜科の果物の栽培 葡萄棚の下で ブルーベリー等のポット栽培の場 収穫体験などを楽しんで頂ける場として計画しています。

現在 浮上している? 現実的に成るかは定かでは無いけど この地に直植えの果樹を植える気にはなれないので 一年草野菜果物やポット栽培が可能な果樹を中心に 栽培品目を増やす計画に成ります。 

@ 野菜果物/西瓜・瓜・トマトなどの栽培
A 手洗い・簡易トイレ・収穫品洗浄
B 栽培及び施設保全資材置き場
C ポット栽培/ブルーベリーなど
D 多目的スペース/イベント等 キャンプ(テント) 

年内完成を目指し工事を進めさせて頂きますので 宜しくお願い致します。

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

posted by 腕白おやじ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年09月28日

お知らせと近況

このブログを始めて8年 大規模災害に備え 安全な場所街の郊外へ移住を決め 新規就農して農家に成って7年に成ります。
この8年 大規模災害の備えや 新規就農までの奮闘 農家に成って栽培奮闘記・・・・と綴って来ました。
このブログは今まで通り 農家の暮らし 腕白ファームNOOMIN奮闘記は、農家生活奮闘記日記として続けてゆきます。

大規模災害の備えに関連する事は 過去の記事を纏めながら 新たなブログ Be prepared に書いてゆこうと思います

また これからの農業や新規就農の術 新規就農支援については 新たに Naughty Agriculture Workshop で腕白農業研修会・腕白農業塾のブログに書き綴ろうと思います。
今後とも宜しくお願いします。

腕白農園の近況は・・・・
今年年頭に事件が発生・・・用地買収に伴う移転問題・・・これは 現実に成るか頓挫するかは五分五分 早くて3年後 遅くとも5年後に現実しなければ この案件は頓挫と言う事に成る良そうです。

3年前から徐々に 季節感が変わって来ている気がしていたけど・・今年は酷い
雑草の生え方も昨年とは異なる気がする 作物の育ちも悪い! 現在市場でも野菜が高騰している様だ
更に 新潟や秋田県 涼しい地方のお米が酷い事に成っている様だ

愛知のかおり

ハツシモ
腕白農園では 昨年収穫した稲を種籾にして 稲苗作りからの自家栽培を始めた 2023年お米作り始動〜栽培暦〜編に始まり 2023年お米作り〜出穂編とおまけ 過去記事リンクをつけて記録してきた 間も無く収穫を迎える・・・新米の出来具合はどうだろう?
今年の酷暑続き・・・新潟のお米のこと・・・腕白のお米も見た感じ 傷米が多そうに感じる 採れ高も若干少なそう・・・

真菰丈 今年で4年目・・・・不思議だ 今年は熱かったからもっと成長するかな・・・と思って居たけど 差ほどでも無かった  

真菰丈
真菰も稲の刈り取りと同じくして 収穫が始まります。
若い真菰は蒸してそのまま サラダにして試食 大きな真菰は早々に支那チクに・・・・美味しかったです。

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

posted by 腕白おやじ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記