腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2016年02月21日

仮設フィールドの準備完了〜

3月初旬 開業予定で進めている 腕白ファーム&フィールド
やっと埋め立てが ほぼ完了しました



埋め立ててみると 広いな〜・・・ 幅は 約38m 奥行きは 約50m 約1950m2



ここが 腕白ファーム&フィールドになります



で・・・本当に3月初旬 開業可能なの と自分でも不安になってきました

苗の植え付けも 2月下旬から3月初旬が植え頃なのですが まだまだ 埋め立てが終わっただけ
排水経路やピットすら出来ていません・・・土留めもまだ・・大丈夫なのかな

これから 毎日が戦場のように忙しくと・・思うのですが 今日は 雨・・・・
また 暫く 土が泥濘 作業が出来ない・・・雨降って 地固まる とは言うのですが
作業が出来ないのは 焦りますね〜

1ヶ月 フィールドはお休みさせて頂いています 開業までまだまだ・・
と言う事で 仮設のフィールドを作りました



何だか ここでオープン?? って感じです(笑)



暫くの間 この 仮設フィールドで遊びながら 待ってて下さいね〜

先週 腕白ファーム&フィールドにも 一部 木チップを使用したいと思って 飛騨金山のチップ工場に行ってきました



懐かしい 昔は自宅前の土場に 原木の丸太が常に有りまし
私の父は材木屋を営み 何時も 材木と一緒でしたね〜 私の幼少期にも何度か 父に連れられ 木材の市場に行きました
今回のお供は ちょろこちゃん (笑)



桧を主に 針葉樹のウッドチッフの山・・・・



フレコンバッグに 約1m3 280kgを詰め込み 10袋をトラックに積んで着ました



飛騨金山・・・観光ではなく トラックでのトンボ帰りの一日
腕白ファームには 3袋 その他は 現在施工中の 名古屋のドッグランに使いました



腕白ファーム&フィールドの母体 キングスワークショップは ドッグランの企画施工をしています。
一般的な ラン 広場・・・ではなく ドッグランとテラスの施設で 愛犬の社会化促進が目的で 愛犬と飼い主さんのコミニケーションを重視するフィールドです

その他にも 趣味の家 ログハウスや2X4のガレージハウスから 犬舎 ドッグハウス の企画設計をしています。







       

       
posted by 腕白おやじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2016年02月20日

有難うございます 皆さんに支えられて 腕白ファーム

2月14日 は本当に有難うございました。

腕白ファームのぶどう棚に取り付ける ビニールハウスを中古で譲って頂くこととなり 撤去作業をしました

前日は雨・・・当日も 作業開始の10時 ギリギリまで雨・・・・
しかし 作業時間には 雨も上がり 暑い位の 陽気に恵まれました。



間口2間半のハウス 奥行きは20m以上有ると思います



どうやってこれを解体し移動するか・・・と 腕白の皆様に声をかけさせて頂いた所 沢山の皆さんが応援に来て頂けました。



前週に 母ちゃんと 解体に使用する工具類などを確認しがてら 少し壊してきましたが 2時間で ほんの少し・・・何日掛かるのかな・・と 不安でした。



しかし 流石に 人海戦術 人の手が多いと あっという間に 壊れて行きました



作業と言うより お祭りイベントの様に 皆 ワイワイ言いながら楽しく作業
小学生の み〜ちゃんも お手伝い 



わざわざ 四日市からトラックに乗って 応援に来ていただけた アルム君のパパさん 有難うございました
お陰さまで 1日で無事 全ての解体撤去 移動が終わりました

皆様 本当に有難うございました 腕白は皆様に支えられています



お疲れ様でした 有難うございました。


posted by 腕白おやじ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2016年02月10日

夢がだんだん現実に

夢がだんだん現実になって来ました・・・

愛犬達の社会化施設としてのフィールド・・・

沢山のお友達ワンちゃんが増えて来たのですが 借地では永続的には出来ない・・
パピーから来てくれている ワンちゃんが ずっと遊べる施設にどうしてもしたい・・とずっと思っていました。

色々と悩み 試行錯誤してやっと見つけた 永続的に続けられる施設を作る方法 
そして 許認可を得て だんだん現実になってきました

旧施設は 1月末で一旦 閉園・・・・さぁ〜 引越しの準備



腕白の看板も撤去・・・・・ こら〜 誰だ 看板に乗っているのは・・



あはははは ちょろちゃん そこはダメだよ(笑)



フィールドの中も 片付け始めました 猫の手・・・犬の手も借りたい位なのですが・・・・(笑)

今年は 年頭に 今年のテーマを決めました「新たな挑戦」



新規就農 農家としての生活が始まります そして今年 2月21日 腕白ママの入籍をしました 第二の人生のスタートです。

3年後には・・・・ 腕白ファーム&フィールドの近く ハーブ園に 小さな家も作る計画です



こんなイメージに成ると良いな〜

まだまだ フィールドの引越しも済んでいないのに(笑)

これからが もっと忙しくなりそうです・・・・・
posted by 腕白おやじ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2016年02月07日

埋め立て造成進行中

昨年末から始まった 埋め立て造成工事
1月初旬から ちょっと低迷していた 埋め立ても 2月に入り 本格的に再開した

先ずは 田んぼを埋めるのは 基礎工事などから出た土 締りが良く現在の田の土と 耕作土(畑土)との間に入れて 水を遮ります。

概ね 土が入り田が埋まったら その上に 耕作土として 畑土を入れます
今回は 畑だった場所を大型トラックの駐車場に造成する場所から 耕作土(畑土)を譲り受けて 嵩上げにします。





暫く 耕作されていなかったので 雑草が生えていましたが 草を取り除くと 綺麗な畑土が見えます



随分 土が入り 広い敷地が出来てきています 
現在は 周りの畑や道路と同じ程度の高さに成っています
この上に 畑土を入れて 盛り土にします

ハーブ園予定地は 元々畑なので 土入れは必要ないのですが 



この地は 水位が高いので 50m3程度 畑土と山砂を入れました



ある程度土が入ったら 隣の田んぼとの境界に 土留め板を入れます
50mの長さなので コンクリートの杭と平板を運ぶには 大変です

そこで こんな物を購入・・・・(笑)



小型の 運搬機です ゴムキャタピラなので 造成中の柔らかな土の上でも 大丈夫・・・かな (笑)

posted by 腕白おやじ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2016年01月16日

果樹園の排水対策 その2 浸透枡

前回は 網パイプで果樹園の外へ 余分な水を流す対策に付いて書きました

果樹園の水位調整に 掘割井戸の様なピットを設け 自然浸透枡として 
また 水位が高く浸透しない時は ポンプで汲み出し排水する対策も検討しています。

果樹園の中心部に穴を掘り ピットを作ります イメージ画



一般的な コンクリート枡と違い 外へ自然浸透する枡です 水位が高くなると 逆に周りから水が入って来て 水位が確認できる訳ですね



コンクリートの丸官でも良いのですが・・・・



300oとか450oの角枡や 丸官は比較的何処でも手に入りますが 大きな物は一般工事では使わないので なかなか難しく 探しています。

こんな感じに出来ればと考えています



管理棟や非難小屋など 屋根の雨水も 今まではそのまま自然排水でしたが 今度は農園表面に残したくないので 極力低い位置に排水し 浸透枡で地下に落としたいと思います



上半分は 一般的なプラ丸枡ですが 下部に浸透用に穴が開いています

先ずは 埋め立て造成ですが 一通り造成が終わったら 位置を決めて 穴を掘り作りたいので 資材を今のうちに集めないと・・・

建設関係土木関係の方で 大きな枡やコンクリート丸官が有りましたら 教えて下さい・・・
posted by 腕白おやじ at 01:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 奮闘記

2016年01月10日

果樹園の排水対策

ぶどうを栽培するには 水量が多過ぎては 美味しい実が出来ない・・と言うのは定説
肥えた地より 痩せた土地が良く排水性の良い土地が望ましいと良く言われます
しかし その定説は ぶどう酒 ワイン用のぶどう品種にであり ヨーロッパ・中東系の品種です

葡萄は 蔓科の植物で 根も地表に近い 20p位の場所に根を張るのですが 
美味しいワインを作る為には 水位が低く 根が地下深く水を求め伸び 低い位置から多くのミネラルを含んだ水を吸う事で 糖度が増し 酸味も強くなります。

従って 美味しいワインを造る為 水捌けの良い斜面で栽培されて来ました

腕白ファームで栽培するぶどうは 生食用のアメリカ系品種です
この品種は 地表近くで広く根を張り 十分な水分を吸収し広い棚を埋め尽くし 沢山の実を付けます

しかし どんな果実でも 花が咲き 実を付けてからは 水分を制限する事で 甘みを増すと言われています

生食用ぶどうも 同様に 春新しい芽が出て 新しい枝を伸ばす時期は 水分量が多ければ 広く伸びて行き沢山の花を咲かせます。
そのまま栽培すると 十分な水分が有る為 果実は大きく成りますが 甘みの少ない水っぽい実となります。

気候で言えば 春から雨季に十分に水分を取り 成長し花を咲かせてから 夏から収穫の秋までは 水分量が少ない方が良い事に成ります。

しかし 腕白ファームの周りは 水田が多く 地下水位が浅く 例え夏から秋に掛けて 降水量が少なくても 少し根を下へ伸ばせば 沢山の水が有る訳ですから その対策が必要となります

ではどうするか

果樹園の耕作地は 一番浅い水位より 最低1m以上 上げる必要が有ります そうです 盛り土にします。

そして 最も根を張る 地表から20〜50pの部分は 水分量が少なくなる様に 排水対策が必要になります。



図の様に 耕作土から浸透した水分は 埋め立て土に掘った 溝に落ち 暗きょを通って外に排水される構造にします



こんな感じになります



このパイプは 網目に成っていて 周りの水が落ち 流れ出るようにする物です



ネットで調べると 色々とありますが・・・





何処かに余っていないかな(笑)

今回 農園を始める事となり 意識して気付くのですが 以前何処かで見たよな・・・このパイプ 沢山放置されていたな・・・と
でも 何処だったのか 何時頃の記憶かは定かではなく 見つけられません (泣)

前回の続きになりますが 何か情報が有りましたら 教えて下さい
 
posted by 腕白おやじ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2016年01月08日

農園用の資材を探しています

農園の造成には色々な資材が必要ですね〜
何と言っても 新規就農ですから 解らない事ばかりです(笑)

果樹園にする為 既存の田から 畑にするのですが それでは水位に近すぎるので 盛り土にして 上層部に水が溜まらない様にします。

その為には まず 隣の田との境界に 土留め板を設置する必要が有ります
一般的な方法は コンクリートの杭と平板で作ります



更に 盛り土が流れないように 土止めには 木製で作りたいなと考えています



土留めに使えそうな資材を探さないと・・・なかなか良いものが見つかりません・・・何か良い物がありましたら 譲って下さい お願いします。

次には 果樹園の棚用の資材です 

棚は鋼管パイプで組む予定です 工事現場の仮設足場や養生に使われる 鋼管です
以前 見学して来た農園の様子です 鋼管で棚を組み その上にハウスを載せています



現在 指導を頂いている 農園でもやはり 鋼管で棚を組み ハウスを載せています



鋼管パイプは 沢山要ります 12m X12m の区画を12区画作ります
単純計算で 6mのパイプが 300本位必要です 中古品で十分なので 不要になったパイプ 中古品譲っていただける方見えませんか・・・

そうそう 工事するのに電気が必要で 仮設電気を引き込もうと思うのですが・・
これにも 専用の引き込みポールが必要です





専用のポールじゃなくても 引き込みの荷に耐えられる強度が有れば 何でも良いのですが・・
古鉄屋さんを数件回ってみたけど 良い物が見つからず・・ 何か代用できるもの無いかな・・・

次はハウスです まだ先で良いのですが 今のうちから探しておかないとね〜 

収穫時期を調整することや 生育を良くする 収穫前の雨避けに必要です

朗報です・・・2棟 知り合いから中古のハウスを譲って頂くことが出来ました









まだまだ そんなに古く無いようです 錆も少なくて 十分に使えそうです



ただ 間口4.5m 奥行き20m 位だそうで2棟・・・これをバラして 移動すると成ると・・・・
軽トラでは乗らないよね(笑) 1人で解体するとなると 何日掛かるのか(笑)
誰か〜 手伝って下さい(笑)

まだまだ 探す物 やる事 多過ぎて・・・目が回ります(笑)

農園で使えそうな物 何か有りましたら ご連絡下さい 宜しくお願いします。


posted by 腕白おやじ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2016年01月06日

腕白ファーム造成開始

農地法3条の許可が 昨年12月22日に下り 
土地の持ち主様と 農地売買の最終決裁も 12月29日に完了
土地の所有権移転登記は 今年1月21日以降に行う予定ですが 事実上譲渡関係は完了しているので 早々に 果樹園への造成を開始しました。

小型のユンボも既に借りて待機中〜 今か今かと待っています(笑)



年末の仕事納め前 土が出ました・・・なかなか良い土です 早々に搬入〜



ユンボが小さい・・・・(笑)

でも 年末 ギリギリまでに1/3位 土が入りました



腕白ファームは 果樹園とハーブ園の2か所になります



ハーブ園は この台形の150坪に ハーブとベリー系 露地野菜(芋類を中心)に栽培をします


果樹園は 約600坪弱に 生食用ぶどうを中心に栽培を予定しています



ぶどう棚の下は 駐車場と愛犬の社会化施設 腕白フィールドになります。

今年の2月末頃 ぶどうの苗木を植えますが 苗を植えてから3年目の 2018年の秋が最初の収穫時期となります。

今年の夏は 1年苗木 先ずは棚までの主となる枝を2本2系統伸ばし 剪定します
そして 翌年は棚上げをし 2系統から 各4系統を作り その他は選定します
3年目の春に 棚上げをし作った流れに 新しい芽が出 実を着ける予定です。

収穫までまだまだ長いですね〜 上手く成長してくれると良いのですが・・・・

先の事なので 先ずは 果樹園の造成 棚の区画作りからですね・・・  
posted by 腕白おやじ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2016年01月02日

キウイ棚 と 農園のゲート

先日UPした画像 先週までの様子です



果樹の苗木 周りもこんな感じでした
未だまだ 棚上に上げるまででは無いのですが ここはキウイの栽培場ですよ〜としなくてはね



と言う事で 看板の続きとして 棚も組んでみました



将来的には幅12メーター 長さ18メーターを計画していますが 先ずは半分の幅で組んでみました



キウイ栽培フィールドの表示板もつけました



スチールのパイプで棚を組んだのですが やはり パッとしないな・・・・



スチールのパイプに伐採した丸太を括り付けてみました



施設の入り口 ゲートにも太目の丸太を建て 表示板も地味に付けてみました(笑)




果樹園とわかる様に 色々と作りましたが・・・・・実際の苗は・・・こんな感じ



まだまだ 苗木です 子供に大人のシャツを着せる・・赤ん坊かな みたいですよね(笑)

この梅雨で お陰さまで 随分伸びたけどね〜
棚を作ると 苗木も手を伸ばしてくれるかな(笑)



今年の12月には 切戻しの剪定をする予定ですが 何処まで伸びてくれるかな・・・
posted by 腕白おやじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2016年01月01日

新年のご挨拶



新年あけましておめでとうございます。

昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

腕白ファーム&フィールド開業に向け  社員犬一同 務めさせて頂きます

本年も 何卒宜しく願い申し上げます。

平成28年 元旦
posted by 腕白おやじ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記