腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2015年08月31日

褒められたのか 良く判らない

先日 知人の紹介で 以前、お役所の農業に関係する部署にお勤めされていた方を紹介して頂き 色々と私の構想をお話ししました。

このフィールドの事から 現在考えている 腕白ファームの計画と お話ししたところ・・

「真面目ですね〜」と言われ ほっ? 何が・・・・と(笑)

正規で農地転用の申請をし 借地契約をし 展示場兼ドッグランとして営んでいる事に ちゃんとされている と言われてしまいました 普通は そうでしょ〜 (笑)

腕白ファームの計画でも あくまでも 農園が主体で ぶどう棚の下 余地を有効活用して 愛犬の社会化教室と言う 事業計画・・・・「その考え方は間違いないです」と・・

皆さんも ご存知の 北陸にある施設 「芝政」 ここは芝の苗を生産する 苗作り農家です
芝の苗を育て その芝の上で パターゴルフ場として有効利用している
「芝政」は農園事業の名称ですから これが パターゴルフ場と言う看板をあげたら アウト だそうです
現在は 色々な施設が増え 事業形態も変わり 芝政 芝政ワールド・・たったかな 観光事業にも成っているようですが

「基本的な 構想は問題はありません あとは 農家資格ですね」 それは判っているんですよ
その資格を取る方法を教えて欲しいんですが・・・

お役所勤めだったのか 直球で 「自治の運営する就農制度に参加して 研修 実務を学び他無いですね」・・ それも判ってるんですよ〜

ぶどう農園を開こうと思うのに 露地野菜や稲作の勉強は不要 何処でも良いから ぶどう苗を植えて実技を学びたいんですよ・・・

「知り合いの農家さんにお願いして 農業のお手伝いをするのが一番手っ取り早いですね」・・・・それも 判っているんだって

だから その農家さんを紹介して欲しい お願いできる農家さんを調べる方法が知りたい 後継者がいなくて誰か担い手を継がしている方とか・・・そう言う情報を・・・

・・・・・・・・「難しいですね」

それって 情報は知っているけど 言えないってことだよね・・・

まぁ〜 歯に物が挟まったかのように 歯切れが悪い 

言えない話せないんでしょうね〜 責任が持てないから

ただ よぉ〜く 判った事は やはり 新規就農には狭き門であるという事です

青年等就農制度と言う物も 実質45歳未満の農業就職者対象 若手の就農者を育てる 学校 研修 実習の形式

いわゆる 他の事業者が 色々と理由を付けて 農地を取得し 違う用途で使用する事をさせない制度なので 私の様に 他の事業から農業には 色々とハードルがあり難しいという事です
 
posted by 腕白おやじ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年08月03日

狭き門

私が現在のドッグランを もっと楽しく 来園者の方に寛いでいただける施設にしたい
施設の充実 環境を良くする・・色々と考え何か良い手立てはない物か

資金があり設備投資が可能であれば 叶う事だろうが・・・元々 そんな資産家ではない(笑)

また ドッグランと言う施設の経営は 当然ながら ある程度の広さが必要でその土地の借地料であったり 人件費であったり 意外と営業経費が掛かる 

いわゆる 事業敷地面積(販売面積)当たりの 売り上げ 対 営業経費が 異常に悪い点です

それらを利用料として転嫁すると・・・(笑) 私自身でも行かない 行きたくないです(笑)
そんな利用料金の高いラン 施設での飲食など付加的な費用も高額に 更に 人件費削減で フィールドの管理人が常駐しない そんな 無秩序のランでは 自分も愛犬も寛げない・・です。

そこで 色々と健闘して 検索して見つけたのが ぶどう園の余地でドッグランを経営している所を見つけた



そうか こう言う方法なら 可能かもと思った訳です

探すと意外と多くあります 果樹園で子供の遊び場(アスレチックなどの遊具を置く)BBQ 日帰りキャンプ場 ゴーカートがある場所もありましたね(笑)
また 広い農園の一角に 洒落たカフェをもっている所とか ワイナリー ショップ レストランとかも・・・

しかし それらは 元々は専業農家で農業経営者が 農業だけでは採算性が悪く色々な分野に手を広げたり 客寄せの手法であったり

既存の農家さんなので 何でも やりたい放題って感じさえします

逆に 逆の発想 カフェ経営者が 農村をイメージして果実園を事業として取り入れたい 私の様に ぶどう農園と愛犬の社会化促進の為のフィールドとして事業拡張を検討する・・・

ある意味 同じ事をするのですが 方や 農家なのでやりたい放題 方や農家ではないので 農園用地さえ借りる事も 買う事もできない

更に 農家の資格を得る為に 2年の研修、実務経験 150日以上となると 本業が出来なくなってしまう

これが 一年収穫の野菜なら まだしも 果実園の様に 苗付けをして 収穫まで3年以上必要な物には 研修、実習 資格を取って就農 収穫までに5年の歳月が必要
これでは どちらも成らず 破綻です

農業を守る 農業者を増やす政策と言っても 結果 古来の農業様式では 新しく就農する人は断念せざる負えないと思います

勿論 その背景には 社会の変化から 農業離れに加速が付き 農業経営が苦しく 農地を転用して他の用途にし貸す 売る事で 田畑が減少してしまった
更には 農家申請をして 農地を買い暫く農業をして数年で 違う目的で使用する 開発してしまうと言う 悪質なケースが多く 対応策として講じられたと言う点は 判る・・・が・・・



先にも書いたように 現在の事業と上手く兼業が可能な事業者が 農業経営に参加するには 狭き門である と私は感じた・・・

posted by 腕白おやじ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年07月16日

就農研修から収穫まで

5月6月と何も進展が無いまま7月に突入・・・

農園を始める 新規就農には 先ずは 市町村の農業委員会に農家として「農家資格」の認定を受けなくてはならない

認定を受ける為には 認定基準 農業をする為の意欲と技能を有する事を 書面で証明しなくては成らない

認定農家 学校などで 2年以上の研修 実習 若しくは それ同等の技能、経験を農業委員 生産組合が認め推薦される事 となっている

ぶどうは 苗を植え 一年苗は芽を伸ばし その地にしっかりと根を張らす事が主 その為 ばっさりと切り戻しをします これが 1年目

次の年 2年苗は 前年しっかりと根を張り 切戻しで養分を貯めた本木から 新芽が勢い良く伸び 棚に載せる作業が主となる そして翌年実を付けさせる為に 剪定を施し 枝に十分な栄養を貯めて 越冬させる 2年目

いよいよ収穫の3年苗 棚に乗った枝から 新しい芽が出て 棚に伸びてゆきます 実を付ける枝を見極め 不要な芽は切り落とし 主になる枝の先端まで養分が回るように整えます そして1回目の収穫が得られる

少なくとも ぶどう苗の植え付けから収穫までには 最低でも3年目の収穫時期8月〜9月になります 

・・・と言う事は規定通り研修を2年以上して 農家の資格を取り 農地を購入して 苗の植え付けから 収穫まで 最低でも5年掛かることになります

一年収穫の路地野菜 稲作なら 就農とその年には収穫になりますが 農園事業で考えたら その差は歴然ですよね・・・

やはり 以前にも書いたけど 農園を始める為には 苗植えをして 3年目の収穫までの間の2年間を 研修、実習期間と考えないとな〜
1年収穫の野菜なら 研修、実習2年 就農の年3年目には収穫だけど 農園では研修、実習2年それから収穫まで3年となると 未収穫期間の2年(実質未収期間4年)収穫前に破綻してしまうよ

農業委員会と言うか 大元の農林水産省は どう考えているのだろう 直接質問を送ってみるか・・・


  
 
posted by 腕白おやじ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年04月21日

農家資格

農家資格とは

農家には国家資格などは無いけど 自分の土地で野菜を育てたら 農家だ・・と言うことには成らない

農林水産省の規定によると、農家とは「経営耕地面積が10アール以上の農業を営む世帯または農産物販売金額が年間15万円以上ある世帯」

さらに「自給的農家」ではなく「販売農家」であるためには「経営耕地面積30アール以上または農産物販売金額が年間50万円以上」でなくてはならない

ところが農地法の第3条により、農地を買ったり借りたりする場合には 市町村農業委員会の許可が必要であり、
基本的にはすでに農家であるか、これから農家になること、「農家資格」の条件に合わなくては成らない

農家資格」とは市町村農業委員会によって「農地基本台帳」に登録され、一定規模以上を耕作していることです。

新規就農するときは、まず市町村農業委員会に「認定申請書」や「営農計画書」などを提出し、許可されると「農家資格」が得られるので、農地を買ったり借りたりできるようになる訳です。

認定申請をするには 認定基準 農業経営に対する意欲と技能を備えた者 それは以下どれかを 書面で証明できる者とあります

@ 認定農業者 農業経営士 市町村の定める農業経営基盤の促進に適した農家で2年以上 年間150日以上の農業経験を受けた者
A 農業学校などの専修課程を修了した者
B 青年等就農計画制度で認定を受けた者 認定就農者
C 上記同等以上の知識及び技能を有すると認められ、地域の農業委員又は生産組合長の推薦を受けた者

@はいわゆる 条件に合う農家さんで 農業の実務経験を2年以上積むと言うことですね
Aはそのまま学校卒業なので・・・無理です(笑)
Bは 基本は青年就農ですが(笑)65歳までは可能のようなので 一応〜就農計画書を書き始めました

このCと言うのが 曖昧ですよね〜 
同等以上の知識及び技能を有すると認められ 地域の農業委員又は生産組合長の推薦が得られれば良い訳ですよね・・

実際に 農園を作り 耕作物を育て 収穫の実績を作り 農業委員会の方が 経営出来ると認めて推薦して頂ければ OK・・??と言う事??

極端な考えですが 現在 休畑地を手入れすると言う条件で 無償(農地を借用契約で借りられるのは農家だけ)で借りて 苗を植え収穫実績を作れば良いと言う事ですよね

要するに 農家さんの畑を 草茫々で放置させないように 農家さんから管理すると言う条件で使わせてもらい 農作業をする お手伝いをして 実収穫を作り 実績とすると言う事と解釈できませんか・・

但し 資格が取れた暁には その農地を 正式に農家として 借りるか 購入する事が可能でなければ 折角作った農園ごと返さなくては成らないので ちゃんと条件付で使わせてもらう事になりますが・・

そんな 良い条件で 使わせてくれる 農家さんなんて在るのかって話ですよね(笑)

まだまだ 考える余地ありですね
posted by 腕白おやじ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年04月08日

イメージだけ先行中〜

なかなか思うようには行かないものですね・・・

イメージばかり先行してしまう



ぶどう園の下でパーティーとかイベントが出来たら楽しいと思いませんか



愛犬と遊びながら 果実園のテラスで 小洒落に ワッフルと珈琲 何て最高ですよね
腕白ママの手作りワッフルは 意外と評判が良いのです



このワッフルを作る為に 結構〜研究したんですよ 醗酵生地を十分に膨らませて焼く このタイプにたどり着くまでに 何品 お試しを作り食べたか・・・(笑)



この まったりとした空間が良いんですよ



ワンちゃんは 飼い主さんが 如何にリラックスしているか 楽しんでいるかで 愛犬も リラックスし楽しめるものなのです

いわゆる 一般的に言う ドッグランは 放牧場と同じで 料金を払い ランで走り回るだけ・・・

その空間は 無秩序であり 先に来たワンちゃんが陣取り 後から来たワンちゃんを追い払う

更に 飼い主さん同士の交流もありません(勿論 お友達ときた場合は別ですが)ので 愛犬からすれば あの飼い主は 父ちゃんや母ちゃんの知らない人 その犬はどんな犬か判らない・・と 警戒モードになります

飼い主さんも 愛犬も 緊張してピリピリ・・・・

そこへ 他のワンちゃんが近づき 飼い主さんが 不安を感じると 愛犬は 吠えて追い払おうとします
最悪のケースは 絡み合い 怪我をする事もあります・・・

気分転換 運動 リフレッシュのつもりで訪れた ドッグランが・・・緊張と警戒心 自己防衛のため 疲れて帰る事に成りかねないのです・・

愛犬が楽しむ為には 飼い主さんが 安心して リラックスできる場所でなくては成りません・・

何とか 良い方法は無いのかな・・・・
posted by 腕白おやじ at 20:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年03月25日

農家に成る為には

色々と調べてみたのですが・・・・難しい

農家になるためには、農地があり、農作物を作る技術力さえあれば、誰でもすぐに農家として働き始めることができます。

ちょっと待て 農地があれば・・・農家しか農地は買えない 借りられない と言う事は 誰にでもでは無く 農家に生まれた人なら と言うことじゃないか ・・・・ムカつくこの表現

ではどうする 農業を仕事にしたいという人は、農業高校や農業大学校や民間の専門学校の農業コースに進学して農業のノウハウを学ぶ 学習の期間は平均的には2〜3年ほど・・・

おいおい その間はどうやって食べて行くんだ フィールドはどうなるんだ 無理じゃないか

そもそも 農園を始めるにあたって と言うことで考え始めたこと

路地野菜や 稲作には興味は無いし 折角今までやって来た ワンちゃんの仕事を止めてでは意味が無い

皆さんに楽しんで頂ける 楽しい 腕白ファーム の計画です 何か他に方法は無いのだろうか・・

農家になるには 一宮市 愛知県の農業委員会の許可が必要 この許可があり 一宮市の農業振興課で 農地の売買申請が可能

元々 この許可とは 安易に農業を始め 収穫が出来なかった 採算が会わなかったと 廃業するとその地を元の状態に戻せないので 「農地の保全や農作業が継続に出来る」と判断できる人に 許可を出すもの

と言う事は 「農地の保全や農作業が継続に出来る」と認めさせられれば 良い訳ですよね

実績を示すしか方法は無いですね・・・・ 良い方法は無いものか・・・
posted by 腕白おやじ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年03月09日

農園を作るには

フィールドをもっと楽しく 皆さんが寛げる施設を・・と考え
腕白ファーム計画等と 思い立ったは良いのですが・・・
調べてみると 幾つも問題が発生〜

まず 農園とフィールドを一つの事業として経営する事は 非常に難しい事がわかった

それは 農園を作る事は 基本 農家さんでないと出来ない

何故なら 農地を借りるにも 買うにも 農家さんしか出来ない そうです農家じゃないと 農園が出来ないのです・・・なんてこった・・・

勿論 雑地として借りるなり 買うことは可能ですが・・・その地は農地ではないのです

農地と雑地では 色々な面で随分異なる 例えば 購入価格 坪単価が全く違う 更に 農地と雑地の場合では 土地の固定資産税が・・・物凄く違います 

雑地で農園をやると言う事は 土地を持っている人が遊ばせておくくらいなら・・と言う 道楽の域かも(笑)

では どうすれば 農地を借りたり購入することが出来るのか

先に書いた通り 農家さんじゃないとダメなんですね・・・(泣) 挫折感で凹みますね〜

よぉ〜し 農家に成ってやる・・・

と 思っても また これが簡単には成れないのですね〜(泣) 更に挫折感

農家に成る為にはどうすれば良いのか もう一度 一から調べなおしですね・・・


 
posted by 腕白おやじ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年02月17日

ブログ名の変更 

ドッグフィールド腕白をもっと楽しく 
もっと皆さんに楽しんで頂ける施設にするには・・・と 考え考えてきました。

現在の施設使用料は 開業時に 愛知県及び近郊のドッグラン利用料の平均価格を一般利用料と定めました
そして フィールドの会員 利用者の皆さんで楽しくご利用頂ける方には 出来る限り安価にと設定しました
お蔭様で 利用者の方も増え 楽しい施設と成りました・・・

しかし問題が 駐車場の狭さ・・・フィールドの狭さ・・・フィールドだけでは もっと楽しめる場所に・・

何か良い策はないかな・・・

わんこ達も楽しく 飼い主さんも楽しめる場所 そして 若しもの時 愛犬と同伴避難の場所として 

「腕白ファーム」 楽しく遊んで 美味しいおやつ って最高だよね

楽しい農園と腕白児童館の融合 「腕白ファーム」計画

これから 腕白ファームの実現に向けて 色々と奮闘する事を記事にしてゆきます


posted by 腕白おやじ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年02月09日

良いアイデアかも

腕白フィールドを 災害時 愛犬と同伴避難所として 活用できるようにするには・・・
と言う点で 色々と考えていました

やはり 借地での計画には 無理が在ります 継続して永続的に続けられないと 意味が無い

土地購入には莫大な資金が必要・・・・そんな資金は無い

フィールドを広くするにも 勿論 そんな資金も無い・・

日曜祝日はお蔭様で 賑わう施設に成りましたが 平日はどうしても利用者数は少ない

色々と悩み 行き詰っていた時の事です

日本全国には 色々なドッグランが在ります 参考に成ればと 他の施設をWebで検索し 見ているのですが・・・

目に飛び込んできたのが・・・・ぶどう農園の棚の下や 果樹園の余地が ドッグランとして有効活用されている施設を見つけました

ごれだ・・・・と 思わず 手をたたきました(笑)









このアイデア いける・・・

土地を全てに有効に利用しての事業 ぶどう棚の下の空いている空間を ワンちゃんの遊び場として活用
逆に フィールドで空いている空間に 果実を育てる・・・なかなか良いアイデアではないか これは調べる価値ありです
posted by 腕白おやじ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年01月19日

腕白避難所計画

今年のテーマ「平常時の準備」を考えて 
私達家族と フィールドご利用の愛犬家仲間の 安心して避難出来る場所として 腕白フィールドを災害時の避難所に成るように 手を加えようと思います

先ずは 施設の配置見直しから

1.駐車場が狭く もう少しでも 車が停められるように拡張する 

勿論 災害時 車の移動は難しいでしょう 自転車やバイク ワンちゃんカートでの移動に成ると思いますが ある程度 状況が掴め 支援物資の受け入れや その他色々な事が想定されるので やはり 駐車場をもう少し広くする事は 必要と感じます

2.避難小屋の増設

現在の施設では ワンちゃんの生活には 十分な広さが在ると思いますが 避難生活と成ると・・・そうです 飼い主さん 人が寝られる場所が必要です 避難小屋を作らないとダメですね

3.非難用品の備蓄

愛犬のフードや 敷物 首輪やリードの備蓄は以前からしてあります 発電機も既に準備はしてありますが・・ 人の食料も当然必要と成ります
更に 毛布 敷物 も備蓄が必要ですね

まだまだ 検討する部分は沢山あります 順次考えて計画を立ててゆこうと思います

現在のフィールドは 約250坪 借地です

この計画を考えて 疑問や不安を感じる事が在ります

折角作った施設 災害時には 愛犬同伴避難所としての機能をかんがえると 継続的に 永続的に施設を続けられる環境が必要ではと思うのです

しかし 農地転用し 雑地として借りている土地 当然 家賃も安くは在りません 何時 地主さんとの賃貸契約において 相違がおき この場を出る事に成るかもしれません

と言っても この広さの地を 購入する資金に余裕は在りません 何か良い手立てはない物だろうか・・・

posted by 腕白おやじ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年01月05日

2015年 今年の指針

2015年 今年のテーマは「平常時の準備」としました

何時起きても不思議ではない 東南海 南海地震 若しもの時どうする?

我が家には 愛犬が5匹います 愛犬を連れて一緒に避難ができるのだろうか

昨年 一宮市の危機管理センターに訪問し 一宮市の対応を伺ったけれど・・・残念なことに 特に何も準備はされていない
基本的には 避難所でペット不可・・と言うわけではなく 台帳に愛犬の名前、犬種を明記して 避難所には入れる
しかし 体育館などの建物の中には 入ることは出来ず 雨が当たらない場所の外部に係留 との事でした
う・・・・きっと 係留された 犬達が 吠えて吠えて 煩くて 場合によっては 隣のわんこと喧嘩に成ったりと 間違いなく 問題が発生するだろう・・

大切な家族を守る 若しもの時 避難できる場所を この平常時に考え準備しておくことは大切と感じました

今年のテーマ「平常時の準備」としました

私個人 そして 現在の仕事においても 色々な部分で 若しもの時の為の準備を考える一年とすると決めました

人は 取りあえず 近隣の公の施設 小学校などが避難所に成りますが 愛犬は・・・

幸い 私は 現在「ドッグフィールド腕白」と言う 施設を運営しています この場所が私達や愛犬の避難場所として利用できると考えました

そして 同じ様に 施設を利用して頂いている 愛犬仲間の方にも 避難所として利用して頂ければと考えました。
posted by 腕白おやじ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記