腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2022年11月25日

そろそろ農業所得を考えないとね〜さて、どうする?

2015年の年末に新規就農 翌年2016年春から果樹園を造成し苗を植え 育成から6年
葡萄は 未だに集荷に至らない・・・栽培地を一寸過酷に作り過ぎたかな・・・育ちが遅い
林檎・梨・桃・無花果はそれなりに育ち 収穫量も自家消費では消費出来ない程に成って来た

フェイジョア

キウイ
路地野菜も 管理受託の田畑も増え 稲(愛知のかおり・餅米)も約5俵超の収穫に成って来た
路地野菜も じゃが芋・薩摩芋・南瓜・大豆・黒豆なども 消費量を超える収穫に成った

黒豆

南瓜
以前から 農園利用者様に収穫野菜や果物の販売はしていたが 少量で農業所得とは言えない程度
収穫野菜や果物を使用しての加工品(焼きケーキ)は比較的売り上げには成っているけど・・・大した量ではない。

腕白マルシェ

施設内販売所

加工食品や果物
元々の計画が 年金受給者に成った時 年金で十分な生活(年金+自家消費)が出来る様に 計画して来た事だから 農業所得を主に置いていなかったからな〜
副業(以前の生業はDIY支援や木工)も縮小・・遊べる農園(愛犬の施設)のお客層も様代わりして来ているし 施設自体も老朽化して来ている・・・

農業を始めた訳だから 消費農家で終わるのはね・・・副業(遊べる農園・シェア畑)で少量の販売、利用料で生計を立てるのではね〜 やはり違う
そろそろ 本気で農業所得を考える時期に来た様に思う・・・さてどうする?・・?・・

Facebook等のグループでのネット販売は少しだが増えて来ている 
確かに 昨今は無農薬・無肥料栽培の安心で安全な野菜や果物に興味の有る方は増えているか・・・

いわゆる市場では 作物の品質管理面から 完全な無農薬や無肥料栽培品の流通は困難・・・・
農協指導の栽培法(減農薬など)や有機認定品は 農協や農林水産省のお墨付きで 市場に出ている
従って 有る程度の耕作面積や収穫量を持つ生産農家・認定農家は 無肥料・無農薬と掲げられるが・・・
小規模農業や就農者には 市場流通は無理で ネット販売や色々な所で開催されれる「〇〇マルシェ」に出展と言う方法になる
飲食店で言えば 保健所の営業許可(行政認定)を持つ店舗=市場商品と 露天商(購入者責任)=ネット販売やマルシェ出店 と似た様な物・・・

腕白農園も いわゆる露天商・・・基本購入者責任・・・だから 販売商品に対し信頼されるか・・・販売者が信頼を得られるか・・・と言うことに成る・・・・信頼度は?   ・・・笑

先ずは 農園ホームページでの告知 案内からだ・・・・しかし ホームページの閲覧者 訪問者は限定される・・・
ツイッターインスタグラムは 不特定の方に見て頂けるが・・・訴える力が無いと フォロアーは増えない 見てもらえない・・・
最近 多くの店舗でも取り入れている 公式@LINE も来店者の囲い込み リピーターには効果は有るが 新規訪問者は少ない
収穫野菜や果物の情報発信に特化した インスタも始めたが・・・・フォロアーは少ない・・・

世の中NSN(Social Networking Service)が支流に成っているが・・・これが なかなかのもの・・・
使いこなすのは 難しい・・・・さて どうする・・・?

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
posted by 腕白おやじ at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189949894

この記事へのトラックバック