腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2022年11月01日

稲架掛け雨合羽と秋の農作業

稲刈りも終わり 稲架掛け天日干し・・・約3週間・・・今年は 秋の雨が無く 良い感じに乾燥しています。
しかし 脱穀前1週間の時期に・・・・台風の影響?で 雨の予報が出ました・・・・急遽 稲架掛け雨避け雨合羽を被せました。

自宅前の田圃

農園横の田圃
自宅前は特に問題は無いのだけど・・・・農園の横田圃は・・・・・
稲架掛けの後ろに 稲架掛けより高い雑草が・・・目立ちますね〜

稲架掛けの横

はんにょ干しの横
凄い雑草ですね〜笑 笑い事じゃ無いです!
元々 この農園横の田圃は種田で 一面が雑草まみれ・・・酷い状態でした
毎年 この放置無耕作田圃の雑草には悩まされ 無農薬栽培の果樹(葡萄)が偏西風で飛んでくる 雑草の種花粉・・・それらに乗って虫までも・・・
果樹は病気に成ったり 虫の餌食に成ったり 毎年全滅状態でした・・・・
農業振興課に幾度と苦情を申し立て 草刈を依頼してもらいましたが・・・種田は約50坪位で40軒以上の地権者・・・一向に改善されない・・・・いっそ野焼きしてやろうかと思う位でした。

農業振興課から手紙が届いたと 農園横の地権者で、たまたま知り合いが方が居て 相談に乗って頂き 両隣の地権者に声を掛けて頂き 3軒約140坪の種田の管理受託が得られ 田圃の再生と成った経緯が有ります。
農園横だけでも再生出来 若干被害は減少しましたが・・・その他の地権者からは 何の声も無く・・・・相変わらず草茫々・・・・もう少し広い範囲で管理出来れば 果樹の被害が更に減少するのですが・・・

無理な事は無理せず・・・自己防衛〜 刈取りは秋・・周囲から雑草の種が飛来します、そのまま放置すれば来年も草茫々の田圃に成ります・・・
青年の稲作は、秋の耕転から始まる・・・・とも言われています

秋の耕転
更に 除草効果 雑草抑制が有るとされる ヘアリーベッチの種を田圃一面 畦にもまきます。
冬の間は雑草は余り生えません・・・来春に芽生えるのですが ヘアリーベッチは秋に芽を出し 越冬して春先には田圃一面を被います。
田圃に振り落ちた雑草の種が芽吹いた頃には 一面を被い雑草の生長を抑制します 田植え前にヘアリーベッチを漉き込む事で 緑肥となり 根菌は稲の栄養となり 雑草の抑制にも成ります。

さて 秋の収穫・・・・

薩摩芋

その他の収穫物
今年の薩摩芋は例年の半分位に抑えました 収穫後2ヶ月が一番美味しいのですが・・・越冬が難しく 毎年幾つか腐らせてしまうので・・・収穫量を抑えました。
12月〜1月に 食したり 焼き芋など加工をして保管をすれば 芋のまま越冬させる必要が無いので 加工や保存場所(冷蔵・冷凍)のキャパの範囲にしました。  



−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
posted by 腕白おやじ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189901015

この記事へのトラックバック