腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2022年09月23日

四季に渡る栽培知識と栽培実務経験

前回の記事 経験から 郊外移住&新規就農の方法に付いて 書きました

新規就農には 
1.先ず 地元の市役所内農業振興課に 新規就農の意思表示をします 相談ですね。
農家になるには 耕作する農地の取得が必要ですが 農地は農業資格者でないと 借りることも買う事も出来ません
2.農地を購入する「農地法3条の届け出」と 農業者資格を取得申請が必要になります。
様式は 農業振興課で頂けます 書類の中には 農業計画(どんな作物を作り農業を始めるかの計画)と営農計画(農業をこの先も永続的に続けて行く計画) 購入する農地の地図 その他必要なものになります。
3.この申請書を基に 地元農業委員会の面談に進みます
承認が得られると 農地法3条農地購入の許可を 知事に届け承認されて 初めて農業者となります。
これは 私が申請、受理、認可の書類です

農業委員会の承認の条件とは、
@農業計画(何を栽培し農業を始めるか) 
A営農計画(継続してゆくため方策や拡張等の計画) 
B四季にわたる栽培知識と栽培実務経験から 継続的に農業が続けられるかの根拠の確認 
C推薦 Bの知識や経験の証人 経験先や卒業した学校 特例として有識者の推薦も含まれます 
D意欲本気度 A〜Bの信憑性の確認 
となります。

昨今では @の農業計画やAの営農計画は ネットなどで色々と調べられ 机上でも計画は容易に立てられますが・・・
Bの四季にわたる栽培知識と栽培実務経験は 実務なので 地元自治が指導する農業塾(2年) 農業学校を卒業する・農業法人又は認定農家等で 数年の就労実務経験が一般的です。
高校や大学の進学から農業学校ら進学 転職し農業者を目指す為の修行 元々親が農家で定年退職後の仕事として学ぶ方には 良いのですが・・・
そもそも この栽培知識と栽培実務経験とは 標準的な作物 稲・麦・露地野菜全般を 一年を通じ 春植え夏採り 秋植え冬採り 翌春採など 栽培には多様で季節がありますから その知識と栽培実務となると 通年を渡ると 少なくとも2年を要します。

現在 職業を有する「お勤め」や「個人事業」を続けながらは・・・塾や学校も 就労経験は ほぼ無理ですよね
「栽培知識」と「栽培実務経験」ここが 一番の問題点になります さてどうする・・・

方法は2つあります 
1.農業栽培品目を特化 1〜2品種に絞り 他には無い栽培法と販売方法 いわゆるビジネスで言う ブルーオーシャン戦略ですね 上手くやれば未経験就農も可能です、年齢的に時間が無い方にお勧めの方法です。
2.現在の仕事と併用して農業知識や実務経験を養う方法 時間は必要ですから 30代や若い方にお勧めです。

私は 時間を費やす事が出来ないので 選んだは1の方法です。
約20aの農地を 造成しブドウ栽培に適した丘陵地を作り 栽培をする
収穫までの期間また 収穫可能後も 工作時間外に栽培棚の下 余地を活用し愛犬の社会科施設を営む事で 農業収入を補う
観光農園 愛犬の社会科施設を営む事で 栽培品の購入顧客を確保が可能
小規模ブドウ栽培には 農業機器(トラクター等)は不要で資金的に継続が可能
順次 農地の購入は資金的に負荷があるので 休耕地無耕作農地の管理受託をし 耕作規模を拡張する・・など でした。

同様な様式で 新規就農を果たし 現在も継続し農業をされている方も多くいます
 ブルーベリーの観光農園事業 水耕栽培によるトマト栽培農家 菌床栽培のしいたけ・・・等々
一種特化 斬新な栽培法 同一地域に競業他社が居ない 更に販売法が既に確立されている事が条件です。
幾ら 特化同類競合が居なくても 販売先が不明では 説得力に欠けます
更に 農業委員会の役員 面談員全員を納得させられる、根拠と熱意が必要です。

もう一つの方法は
将来 新規就農し郊外暮らしを夢見る人は 少なくとも5年 10年の計画を立て 私の農園で知識や実務経験を積む方法です。
過去記事 郊外移住&新規就農の方法でも書きましたが 若い頃は街中で子育てをし 子供が高校生に進学する頃に 新規就農郊外暮らしを計画すれば 準備期間を5〜10年できます。
腕白農園は就農6年 未だ経験はは少ないのですが 所有農地750坪と受託管理農地約840坪 約5反の農地で耕作し 収穫物の販売もしている農業者です
経営耕地面積30アール以上 または農産物販売金額が年間50万円以上であれば、ある程度の定義に該当しますと定められていますので 腕白農園で知識や実務経験を積む事は可能です。

最初は 1〜3畝 家庭菜園の延長程度から 耕作地の一部を指導の下任せられたり ある程度経験が積め意欲が増したら 小規模農地(100坪程度)を担当するなど 
徐々に 今の生活や その他の要因を考慮して 今までパートをしていた時間、給与分を自家栽培で賄う事で 実務経験を積む事も可能です。 
農業従事者とは 満16歳以上で1年間に農業に従事した者をいう と定めが在るので該当します。 

また 農家の定義には 「経営耕地面積が10アール以上の農業を営む世帯 または農産物販売金額が年間15万円以上の世帯」とありますので 腕白農園で管理受託する農地一反(10a)を 担当し耕作経験を積む事で B四季にわたる栽培知識と栽培実務経験から 継続的に農業が続けられるかの根拠になります。
条件によれば 移住候補地の近隣農地(将来購入予定農地)を 農業者の腕白が借りたり 管理受託し耕作をすることも可能です。

これで @〜CまではOK あとは 本気度をしっかり伝えられれば 就農許可は得られると思います。


新規就農 郊外移住しての自己評価 
新規就農と郊外暮らしの問題点
経験から 郊外移住&新規就農の方法
郊外暮らしと兼業農家のお奨め

posted by 腕白おやじ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189827926

この記事へのトラックバック