腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2022年08月25日

自然栽培とEM菌液

昨日「沈黙の春60年後の現実シンポジュウム」の打ち合わせに呼ばれ 参加してきました。
龍の瞳社長 今井様 シンポジュームを纏めるプロデューサー的な方、進行をされるMCの方
トークセッションに参加される 蛍を守る会の方、養蜂をされている方、コシヒカリお米栽培の農家さん、子育て支援学校給食などの活動される団体の方・・・・
皆さん 農薬や除草剤の危険・・環境破壊に付いて 熱く語られていました・・
化農薬・化肥料・除草剤を戦後の頃から・・・既に50年散布し続けている その影響は大きい・・・

打ち合わせを終え・・・自宅に戻り 何時ものルーティーン 田圃の見回り 田圃の水管理を
我が家の田圃を望むと・・・何だかホッとする 癒される感じ

草が生えてない・・・

何処にも生えてない・・・笑
昨年の秋刈取りと同時に ヘアリーベッチの種を蒔き
春に鋤き込み 代掻きをして田植え・・・勿論 肥料も農薬も使っていません
唯一使用しているのは EM菌液(有用微生物群 英: effective microorganisms、EM)のみを使用しています

無農薬無肥料で栽培した玄米を 醗酵させて作る液です 作物の乳酸菌?ヤクルトみたいなものかな 
田圃に大量に投入するEM菌活性液は 我が家のお米のとぎ汁を タンクに貯めて置き 菌の繁殖の餌 砂糖を入れて培養〜 今の時期なら1週間もあれば う〜ん 乳酸菌の臭い・・になります

中干しが終わった後は、幼穂形成期頃まで「間断かん 水」を行い、根に水分と酸素を十分に補給し、稲体の活力維持に努めます
ため水は厳禁! 間断かん水の目安:1 日湛水、2〜3 日落水。 湛水時はヒタヒタ水です。
この入水時に EM菌液を入れます。

一般的な農家さんは・・・粗 貯め水栽培の様です 田圃には肥料や除草剤を入れているので 間断冠水で水を落とす事は 肥料も除草剤も捨てる事に成ります。
この時期の除草剤は 顆粒で水に溶けるタイプ 水を抜くと 雑草が生えてしまうから・・・貯め水


真菰も

うるち米も

餅米も
田圃には草も無く すくすく育っています
今年は 天候不順で中干しが遅れ 株分れが若干大きい・・それに 気温が高く少し枯れ葉が有る・・・大丈夫でしょう・・笑

農薬や除草剤を使用していないので 田圃の中には多種多様の生き物が・・・虫 小魚 甲殻類・・・

今の時期は シオカラトンボかな 
収穫頃に オニヤンマが多数田圃の上を飛び交う光景を見るのが楽しみです
勿論 稲架掛け天日干しのお米も楽しみですけどね・・・


−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 

posted by 腕白おやじ at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189766009

この記事へのトラックバック