腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2022年04月29日

春の田畑と蓮華草

前回は「春の果樹園は花盛り」・・と言う記事を書きました。
田畑も花盛りです・・・取り分け田圃は一面の蓮華草です。

蓮華草

蓮華畑
最近は本当に見なくなりましたね〜
たまに見かける田圃の蓮華も自生?と言う感じです。
腕白農園では毎年 収穫後に100坪辺り2sの種をまきます
昨年はヘアリーベッチでした 蓮華草とどちらが良いか試しています。

現在の慣例農法では 稲刈り後に藁と稲の株を返し翌年に迎えます
春先に 耕転をし 元肥料をすき込んで水張り代掻き そして田植え
その後 除草剤や防虫剤の散布をして 稲を育てます。

腕白農園は・・・稲刈り後に蓮華草の種を蒔くだけ・・・
春、蓮華を楽しみ 田植え2週間前頃 蓮華草をそのまますき込み耕転、
蓮華草が腐敗する頃水を張り 代掻きをして 田植えをします。
蓮華草の根に付く根菌が窒素 蓮華草は緑肥になります 元肥料は不要です

田植え後も 除草剤や防虫剤も一切散布しません
ジャンボタニシちゃんが雑草を食べてくれます
水が淀まない様にEM菌液を投入 小魚や海老、おたまじゃくしが害虫を食べてくれます 除草剤も防虫農薬も不要です。
 
田圃以外の畑も元肥料、除草剤も害虫駆除農薬も一切使用しません
藁や籾殻、落ち葉で作った培養土 糠や籾殻のぼかし、EM菌液の散布のもです
畑は草茫々・・・笑

草茫々の畑

玉葱

じゃが芋

じゃが芋の芽かき

土寄せ
苗周りの草を根を残し根上だけを刈り取り畦間や 畦の上に
土寄せの時に一緒に草も土の中へすき込みます。

雑草は嫌われていますが 腕白農園では雑草は コンパニオンプランツ 緑肥と捕らえています
雑草を刈り取り 畝間や畝の上に放置すると 地面と面している部分に菌糸が生え雑草が堆肥化します 
スギナは最も嫌われている雑草ですが スギナの地上部にはアルカリ性ミネラルであるカルシウム、マグネシウムが豊富に含まれています
日本の雨は酸性雨と言われ 土上は賛成に傾く傾向にありますが スギナが生え地に帰る事で中和されるわけですね
その地で生えたものは その地に戻す が原則と考えています
自然農は自然のまま 耕さず、草と共に農作物と共存させる農法 
私の推奨するのは 自然栽培法 適度に地を耕し 草も適度に刈り土に返す 自然な栽培を人が手伝う 農法です。



−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 

posted by 腕白おやじ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189501784

この記事へのトラックバック