腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2021年09月15日

秋の農作業・・仕込み

今年はよく雨が降りましたね〜
お陰様と 白無花果が沢山採れました
まだ 粒は沢山付いているけど・・もう熟しては来ないかな・・今シーズンはお終いですね

白無花果
株が随分大きくなって 上段が採りにくく成って来たので 思い切ってがっり剪定ですね
昨年の剪定した枝を挿した苗木も 数本値付いたので 今年も剪定枝を数本挿そうと思います。

秋植え(蒔き)・・冬採れ、春採れ野菜も準備中です
私の畑は いわゆる昭和初期(1947年に農協法が制定される前)の栽培方法をしています

農協は終戦(1945年)後 復興の目玉政策ともいえる
戦争で放置された農業を立て直し、食の安定性を目指す為に、農薬や肥料を効果的に使用し 収穫量を増やす為の政策ともいえる
勿論 復興高度成長期に農家を守る、支援すると言う志でもあったけどね・・・
しかし・・・農薬や化学肥料の基準は・・色々と改正され安全には成って来てはいるけど・・
諸外国では使用禁止の薬剤が未だに使用されているのも事実ですね

腕白農園では新規就農時は、なにせ素人・・初心者だったから 単純に有機栽培を心掛けた・・
しかし 有機農法にも色々と落とし穴がある・・
自然農法も一部で流行って来てはいるが 雑草との共生・・収穫量は随分落ちる
と言う事で、腕白農園は無農薬、無肥料の昭和初期の 昔ながらの栽培方法を模索してきた

昔ながらの栽培方法
先人の知恵は凄い・・
雑草との共生は野菜栽培の耕作地が限られる・・雑草を根と茎の境で刈り取り 土に戻す=緑肥
ビニールのマルチを 藁で代用・・栽培中に腐り培養肥料になる
その地で育った植物をそのままその地に返す 自然の循環 サイクルですね

雑草や藁を耕作地に置くと 土に面した部分に菌糸が発生 自然の培養肥料になる
米糠や藁には天然の酵母がいる 先人はそれらを有効に活用して栽培していた訳ですね

自然酵母の中の 発酵玄米アミノ酸酵母菌は植物栽培に最適な善玉菌
有効な酵母菌は沢山あり それら有用微生物群(effective microorganisms、EM)EM菌と言う
米糠のぼかし肥料 発芽玄米の培養 米のとぎ汁で作るEM菌活性液は万能な 農薬であり肥料となる

EM菌培養中
我が家では定期的にこのEM菌を培養して作っています
発酵培養に適した温度は・・・お風呂のお湯が最適・・・(笑)




−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
腕白ファームでは 市民農園菜園利用方式、体験農園(主に腕白農園が耕作する農地で指導を受けながら栽培する市民農園)を設けています
農に興味の有る方は 栽培を楽しみたい方は ご相談ください





また 放置無耕作農地の 農地維持管理の依受託(小規模農地半反以内)も受託管理しています
農地の管理が出来ない 親からの相続農地で耕作予定がない方はご相談ください
但し 管理可能な農地は 腕白農園より移動徒歩30分以内 車で10分以内となります

現在 広域の農地管理が可能になる様 協力者を求めています。

N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)では
 農業体験者、農業研修会の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい

★ 申し込み方法
可能な方は 直接ご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください
審査の上 腕白ファーム会員の入会、農業体験者、研修生のお知らせを致します。

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 

posted by 腕白おやじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188990991

この記事へのトラックバック