腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2021年07月05日

水田の除草作業

今回は 腕白農園(腕白ファーム)奮闘記の記事です。

6月初旬に田植えが終わり そろそろ中干しの時期です
さて この道具をご存知ですか

正面

側面と裏面

答えは 下の画像です 判りますか

随分古い画像ですね

使用している道具
そうです 田圃の「水草駆除機」です
最近の水田は、農薬(防虫、防草)をまき 肥料を入れて栽培されている農家さんが多いですから この様な「水田除草機」を使う農家さんが少なくなったので、見かけなくなりましたね

何故か・・・それは お米は地元の農協サイロに集約され 人工乾燥し 玄米で市場に出されます
栽培の統一性(出来)を図る為に 農協が農薬や肥料を指定しています
言い方を変えれば 指定の農薬、肥料を使用しないと 農協に受け付けてもらえ無いと言う事ですね

腕白農園では、果樹も路地野菜も稲も 無農薬、有機肥料(市販の物は殆ど使いません)EM菌液、ぼかし、緑肥のみで栽培しています
従って 田畑は草・・草・・草・・です・・・笑

勿論 腕白農園以外にも 無農薬や減農薬で栽培されている方もみえるので 農業道具として今でも「水田除草機」は販売されています

市販の水田除草機 市場価格\18,500
年に1〜3回程度しか使わないから この価格ではね
生産農家さんで広い田圃を持っている方は トラクターや管理機を使ったり 上の様な物を使用しているようです

と言う事で 貧乏な腕白農園では「水田除草機」は昔の様に 手作りです・・・笑

稲を挟んで 水田内を押して歩きます・・結構〜重労働です

1回押した感じ

左側は使用前 右は使用後

初めての体験なのですが 意外と除草されていますね〜1回ではダメですね 2〜3回押せば かなり除草できそうです。

腕白ファームでは 120坪程度の水田が2箇所あります
3年前から栽培している田圃も 20年近く放置無耕作田でしたが 前年の秋に開墾し、耕運 蓮華草の種をまき 翌年に鋤きこみ 田植えをしました
毎年 蓮華草やヘアリーベッチを植えているので 水草は殆どありません
しかし 新たな田圃は 春先に開墾、耕運してそのまま田植えをしたので 雑草が・・酷いです
耕作地農地は土作りから・・と言いますが 改めて実感ですね
今年秋の収穫後 蓮華草の種をまいて土つくりをします。

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
腕白ファームでは 市民農園菜園利用方式、体験農園(主に腕白農園が耕作する農地で指導を受けながら栽培する市民農園)を設けています
農に興味の有る方は 栽培を楽しみたい方は ご相談ください





また 放置無耕作農地の 農地維持管理の依受託(小規模農地半反以内)も受託管理しています
農地の管理が出来ない 親からの相続農地で耕作予定がない方はご相談ください
但し 管理可能な農地は 腕白農園より移動徒歩30分以内 車で10分以内となります

現在 広域の農地管理が可能になる様 協力者を求めています。

N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)では
 農業体験者、農業研修会の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい

★ 申し込み方法
可能な方は 直接ご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください
審査の上 腕白ファーム会員の入会、農業体験者、研修生のお知らせを致します。

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 

posted by 腕白おやじ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188817730

この記事へのトラックバック