腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2021年01月16日

今年の抱負

2021年 新規就農(2015.12許可)から5年 6年目に入りました
55歳で早期退職 第二の人生を始め 少しは農業者らしくなったかな・・

今年の抱負は・・
以前から考えている 農業6次化(生産+加工+販売)+α(愛犬の施設サービス業)をより充実させたいと思っています。
就農を決めた年に作った ビジョンマップ 何処まで現実になったかな

農家農業者・プチ移住・果樹園・ブドウ栽培・愛犬の施設・和生シーザーミラン・愛犬同行避難施設・愛犬と暮らす・再婚・楽園・・・気ままな暮らし・・(笑)



プチ移住も果たし 農園の近くに新居も構えた
イメージ的には概ね現実したと思う
あとは、農業を毎年進化させて行く事ですね

6年前 この計画を建てた時 本業のDIY支援事業を副業に農業者を主たる生業にすると決め 
18年間参加してきた 経営者研修塾(青経塾)を退塾しました。
農業も列記とした経営ですが、自身の中で従来の経営を縮小する 小規模でも企業経営を辞める(副業)事から退塾を決意しました。

でも18年間学んだ 原理原則 本質に付いては 以前より考えるようになりましたね
農業生産は物作りでも 自然相手という点 栽培には1年と言う周期があり 途中で変更出来ません
生産途中で失敗したからと、作り直しも効かない、栽培法変更もできない・・
失敗したら 来シーズンまで待つしか無い・・・

土作り、種植え時期、追い肥、世話・・もそのシーズンの季節、気温、雨量でも条件が変わる
先人の知恵で 品種に適合する環境 土や気温、栽培法は在るけど・・
この地(腕白農園)で全てが条件が合う訳でもない 常識が通用する訳でもない
土を作り栽培してみて 何年もかけて 少しづつ変化させ 条件に合わせて行くしか無い
原理原則、本質を見極める事 
小手先では・・一応育つけど 美味しい作物の栽培は出来ないからだ
日々精進ですね・・

でもね 無農薬、有機栽培、EM菌栽培で 自然栽培(無耕作)と現代栽培(耕作)の中間位の栽培法で作った 野菜、お米、果樹は本当に美味しい
今まで 普通にスーパーで購入していた野菜やお米とは 物が違う?違うもの?と、思う位 違うのは確かだ  

もうここ数年 外食も殆どしない 一部の野菜は今も購入しているけど・・・ほんの数品(収穫季節外品種)だけ・・・

今年の抱負 農業6次化の充実・・ 
無農薬、有機栽培、EM菌栽培で育てた 美味しい野菜
そのまま直販も継続しますが 更に美味しくなる加工をして食べて頂く事、





加工と販売を充実させて行きます。


−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
腕白ファームでは 市民農園菜園利用方式、体験農園(主に地権者が栽培する農地)を設けています
農に興味の有る方は 栽培を楽しみたい方は ご相談ください

また 放置無耕作農地の 農地維持管理の依受託(小規模農地半反以内)も受託管理しています
農地の管理が出来ない 親からの相続農地で耕作予定がない方はご相談ください
但し 管理可能な農地は 腕白農園より移動徒歩30分以内 車で10分以内となります

現在 広域の農地管理が可能になる様 協力者を求めています。

N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)では
 農業体験者、農業研修会の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい

★ 申し込み方法
可能な方は 直接ご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください
審査の上 腕白ファーム会員の入会、農業体験者、研修生のお知らせを致します。

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 

posted by 腕白おやじ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188313064

この記事へのトラックバック