腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2021年01月18日

苗育成ハウス 温室

昨年末から制作していた 苗栽培用の温室が完成しました

育苗ハウス外観

詳細(以下に説明)

昨年まで種を畑に直まきして来ましたが 気候に左右され発芽が遅れたり、生育不順に成ったり なかなか思う様に育ちません
トンネルや寒冷紗、藁マルチ(保温保湿)など色々と試みましたが・・やはり 市販の苗には敵いません
同額の費用で換算すると 苗2〜3個で 種袋1袋相当(種15〜30粒)と考えると 自身で苗を育てることはコスト削減になります。
と言う事で さくねんまつに苗育成用のハウスを製作しました。  

外部水場(散水や農機具洗浄場)

ハウス内流し台

育苗ポット

培養土桶とEM菌ボカシ桶

保温用二重張シート

温度センサー(気温10度いかになるとスイッチON)

天気の日には、室内温度が25〜30度弱まで上がり 日没後も5〜10度を保てています
苗の育成はこれで上手く行く筈です・・(笑)

温度センサーとコンセントを設けたので 温室ヒーターを設置すれば 室温を最低5〜15度を保てるはずなので 2月中旬から苗作りができます。
冬でも室温を10度を保てれば 熱帯果樹のポット栽培も可能かな・・・電気代はかかるけどね  (笑)
アボガド、グアバー、マンゴーを育ててみたいと思っています。

ハウスの政策に合わせ 培養土の培養桶も設置しました
庭木の剪定後 選定枝を粉砕し発酵させて作ろうと思います
と言う事で・・・ガーデンシュレッダーを購入〜(笑)
名称が「バリバリダー」・・笑えますよね


ガーデンシュレッダー
直径3センチ迄の枝は 容易にチップにしてくれます。
ただ数本単位で投入なので 時間はかかりますね〜
農業機械のエンジン式粉砕機なら ガンガン砕いてくれるだろうけど・・・高額なのでね〜(笑)
先ずは 園芸用の小型で初めて見ました

腕白農園は日々進化していますよ〜・・・(笑)

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
腕白ファームでは 市民農園菜園利用方式、体験農園(主に地権者が栽培する農地)を設けています
農に興味の有る方は 栽培を楽しみたい方は ご相談ください

また 放置無耕作農地の 農地維持管理の依受託(小規模農地半反以内)も受託管理しています
農地の管理が出来ない 親からの相続農地で耕作予定がない方はご相談ください
但し 管理可能な農地は 腕白農園より移動徒歩30分以内 車で10分以内となります

現在 広域の農地管理が可能になる様 協力者を求めています。

N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)では
 農業体験者、農業研修会の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい

★ 申し込み方法
可能な方は 直接ご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください
審査の上 腕白ファーム会員の入会、農業体験者、研修生のお知らせを致します。

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 

posted by 腕白おやじ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188313006

この記事へのトラックバック