腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2021年01月01日

2021.1.1 謹賀新年


新春のお喜びを申し上げます

皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。
昨年は何かとお世話になりまして、大変ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年を振り返り

7月の長雨で、農園のメインでもある 葡萄は全滅・・・泣
梨、林檎は全くダメでした・・桃も少なかったです
対し 無花果は沢山採れました

稲作は・・長雨で中干しが2週間・・20日近く遅れた稲・・
株数(1株20本)が大きくなり過ぎ(20本以上) 心配しましたが・・・
不思議と一応に粒になりました。
(普通は株が大きくなり過ぎると、全ての穂に栄養が行き渡らず空穂が出来るらしいです)

無農薬、有機栽培 自然濃に近い栽培では 一株あたりの稲穂の数は少ないのですが・・ 
(JA推奨農薬肥料栽培は1反当り12〜14俵に対し 無農薬、肥料栽培は10表、自然栽培では7〜8俵と言われているようです)
何時もより大きい株ですが、少ない稲穂なので 実が入り 空穂が出来無かった様ですね
更に 世間ではウンカ被害が多かったようですが EM菌栽培のお陰か ウンカ被害も無く 稲は豊作でした。

豊作を感謝し 昨年末に稲藁で新年用の「しめ縄」を編んでみました。

・・新年も農耕接触中〜

農園に飾ってみました

毎年 来年の豊作を願い その年の稲藁でしめ縄を作ろうと思います。

昨年から今年にわたっての作業は
苗作り用と南国フルーツ栽培用の温室製作です

種の直播きより やはり苗を購入して 畑に移植した方が育ちが断然違います
有機栽培を目指すなら・・と言う事で 今年から自分で苗つくりをと考えています。
温度管理をして苗ポットで苗を育てる為の 温室の作成です

農作業の減った11月着手

屋根、外壁までは完成 扉は間に合わず・・

新年から 休眠中の果樹の剪定、株分け挿し木苗作りと平行して 温室の内装工事や扉作りを始めます
2月末・・霜が降りなくなった頃には 春野菜の苗を栽培します
その後は 夏野菜・・特に西瓜の苗は沢山作るよ〜笑

今年も宜しくお願い致します。

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
腕白ファームでは 市民農園菜園利用方式、体験農園(主に地権者が栽培する農地)を設けています
農に興味の有る方は 栽培を楽しみたい方は ご相談ください

また 放置無耕作農地の 農地維持管理の依受託(小規模農地半反以内)も受託管理しています
農地の管理が出来ない 親からの相続農地で耕作予定がない方はご相談ください
但し 管理可能な農地は 腕白農園より移動徒歩30分以内 車で10分以内となります

現在 広域の農地管理が可能になる様 協力者を求めています。

N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)では
 農業体験者、農業研修会の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい

★ 申し込み方法
可能な方は 直接ご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください
審査の上 腕白ファーム会員の入会、農業体験者、研修生のお知らせを致します。

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 

posted by 腕白おやじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188267552

この記事へのトラックバック