腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2020年11月23日

人生の楽園

前回は人生の楽園って何??という記事を書きました。
私の住んでいる場所です 私にとってbestな楽園です。


山の中?

森を進むと自宅が見えます

実は、ここは 畑と果樹の林です 
外に出ると横には、用水が流れていて 用水から見た自宅です。

季節外れの向日葵

田圃の畦道

自宅に向かうと紅葉の落ち葉が

振り返るとこんな感じです





紅い絨毯

Googlemapで空から見ると

赤−自宅 黄色−田畑

山の中ではありませんよね 町の郊外、部落の一角です。

所有の果樹園は自宅から車で5分 徒歩でも10〜15分の所にあります
果樹園は 周囲が田畑に囲まれた位置にあります。

自宅から車で5〜10分以内の距離には スーパーもあり農協もあり、銀行、市役所の支社、コンビニもあります。
更に 町医者クリニックやパン屋さん、農業屋(民間の店舗)、中学、高校もあります。
10〜15分移動すれば 大きな病院や一宮市役所 岩倉市、江南、小牧も近いです。

買い物も病院、役所、銀行が近くにあるのは 安心ですよね
親兄弟の家も15分圏内 何時でも会いに行けます

郊外暮らしは良いもんですよ〜便利ですよ〜
何故・・・・田舎暮らしを 過疎の田舎を求めるのでしょう・・・

理由は一つ

新規就農、農家になる為の条件が、あまりにも違うことです

過疎の村では 空き家や放置無耕作農地の活用や 高齢者農家の担い手を求めているから 就農条件がずいぶん緩和されています。
必然と農地も中古家屋も安価です

一宮市では 新規就農は本当に難しい 暖簾分けでもなかなか許可が出ません
一部の農業専用地域を除き 調整区域内の農地(農地転用可能)は比較的高額で売買されています

この差は 莫大な差とも言えます
初期投資資金予算でも 過疎の田舎と比べると 3〜5倍
新規就農に関しては 更に困難ですから

市民が、他府県の市町村に流れている・・取られている・・と言う事です。

これで良いのでしょうか・・・

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
腕白ファームでは 市民農園菜園利用方式、体験農園(主に地権者が栽培する農地)を設けています
農に興味の有る方は 栽培を楽しみたい方は ご相談ください

また 放置無耕作農地の 農地維持管理の依受託(小規模農地半反以内)も受託管理しています
農地の管理が出来ない 親からの相続農地で耕作予定がない方はご相談ください
但し 管理可能な農地は 腕白農園より移動徒歩30分以内 車で10分以内となります

現在 広域の農地管理が可能になる様 協力者を求めています。

N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)では
 農業体験者、農業研修会の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい

★ 申し込み方法
可能な方は 直接ご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください
審査の上 腕白ファーム会員の入会、農業体験者、研修生のお知らせを致します。

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 

posted by 腕白おやじ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188151257

この記事へのトラックバック