腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2020年10月24日

秋の農作業と稲架掛け

濃厚接触を避けて・・農耕接触
外食の濃厚摂食を避けて・・・農耕摂食〜中

雑草との戦いも終え 農作業の楽な季節になりました (笑)
秋植え冬採り野菜や来年春採り野菜の種まきや苗植えが終わりました

冬と言えばほうれん草・・年末年始はやっぱり 餅菜(小松菜)は外せませんよね〜
来春採りは 昨年植えたキャベツが大変美味しくて 今年も植えました


秋植え野菜

秋採り野菜
今の時期は ピーマンと秋ナスですね
茄子の天ぷらに、揚げ浸しが 好きなんですよね〜
ピーマンの肉詰め・・美味しいよね
今年は 自家消費程度しか栽培しなかったけど 
来年は少し農園施設での直売も考えようかな・・

野菜の仕付けが終わると・・・・
お待ちかねの 新米刈り取りです


刈り取り前
田圃の水を抜き バインダーが入れる様に土を乾かしたいのですが・・・
台風や秋雨・・・また湿気る・・の繰り返し

よく見ると・・・何と・・・
栽培中は無かったのに・・・・・・


ウンカ被害
栽培中はEM菌活性液を十分に散布していたけど 刈り取り前で止めたからかな・・
ウンカが・・・被害が広がる前にその部分だけ刈り取り・・

田圃の土が乾いたので 昨年と同じ時期の刈り取り開始
事前に組んだ 稲架掛け台に 一絡げ毎に掛けてゆきます


稲架掛け

切り口のシート

雨除け
稲架掛けは稲の刈り取り口が上になる様に掛けてゆきます
折角 天日干しをするのに 切り口が上にあるので 雨が降ると水分が藁の中に
と言う事で 稲架掛けの上部をシートで覆い 上部に畳んで被せます
雨の日は シートを下ろしカッパ掛けにします。

稲架掛け天日干しは 概ね2週間から1ヶ月位 水分量が15%位と聞きます
お米の水分計を持っていないので 我が家は藁の乾燥具合で判断しています
10月20日刈り取りなので 来月11月の10日過ぎごろから 脱穀ですね

その後1週間籾付きでさらに乾燥させてから 籾摺り
玄米を精米して・・・新米が楽しめるのは・・・11月中旬過ぎだね
待ち遠しい〜 (笑) 


−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
腕白ファームでは 市民農園菜園利用方式、体験農園(主に地権者が栽培する農地)を設けています
農に興味の有る方は 栽培を楽しみたい方は ご相談ください

また 放置無耕作農地の 農地維持管理の依受託(小規模農地半反以内)も受託管理しています
農地の管理が出来ない 親からの相続農地で耕作予定がない方はご相談ください
但し 管理可能な農地は 腕白農園より移動徒歩30分以内 車で10分以内となります

現在 広域の農地管理が可能になる様 協力者を求めています。

N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)では
 農業体験者、農業研修会の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい

★ 申し込み方法
可能な方は 直接ご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください
審査の上 腕白ファーム会員の入会、農業体験者、研修生のお知らせを致します。

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 

posted by 腕白おやじ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188057706

この記事へのトラックバック