腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2020年03月01日

N.A.W 腕白農業研修会 Vol-1

N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop) では 今後農業や菜園耕作に付いて色々なお話をして行こうと思います。
Vol-1 第一回目は 農家に成るにはどの位の費用が必要? に触れてみたいと思います。

腕白農園(腕白ファーム)の所在地 一宮市 愛知県では 就農者農家に成るには 
1.耕作地(自身所有・賃借農地)が20a 2反600坪以上が必要です
2.その耕作地で年間150日以上の耕作が可能である事(主に農業従事者である事)
3.耕作に関する知識、経験が認められる(農業委員会/地元の農家代表が農業者農家仲間として認める)
農地法3条の届け出と農家資格の取得です

従って 農地の所有面で言えば 少なくとも 既定の20aの半分位は購入する費用が必要となります
更に これらの20aの農地を耕作するに必要な農機具を保持しなくてはならないので その費用が必要になります。

では 農地はどの位の予算(購入坪単価)になるか・・・・
市街化調整区域内の農地の地域でずいぶん異なります 
➀農業振興地域内の農用地区域(青地)
➁農業振興地域内で農用地区域でない地域(白地)
➂農業振興地域外の土地、青地でも白地でも無い場所
そもそも 農業振興地域とは農用地区域内では、農地転用や開発行為が制限され、農業用途以外への転換が原則として禁止されている場所を言います。 
白地は農業振興地域内の除外が受けられる土地 青地は厳しく制限された土地

解りやすく言えば・・
一つの市で 街の中心部は 商業地域 その周りは商業と住宅が共存し準商業地域で 市街化区域に成ります。
中心から離れた周囲は 市街化調整区域になり 住宅専用地域や 農業と住宅が混在する農業振興地域(白地)となります
その農業振興地域内にも 農業専用地域(青地)も在るわけですね

地価と考えれば 街中は高額となり 外へ行く程に安価になります 更に農地転用が厳しい農業専用地域は 更に安価になります。

よって 農地の在る場所で随分事成る訳ですよね 青地の田畑は 基本農家間での売買しか出来ないので 安価ですから 就農には青地がお勧めですね 相場も坪5000〜40,000位
因みに 白地は農地転用が可能なので 宅地や雑種地の評価になるので 農地でも高額になります。

と言う事で 市街地の青地で 1反10a 300坪を 30,000で購入すれば 9,000,000円
残り1反10a 300坪を借りると 予算は9,000,000円

2反20a 600坪を耕作するには 人力だけでは無理ですよね
トラクターが必要になるし 細かい作業に管理機 農具(鍬やフレーキーなど)や農資材(ネットや支持棒)など資材費
中古の農機械と農具 農資材などで 1,000,000円位 

農地と機材で10,000,000円位は必要になります

腕白農園では 果樹園なので トラクターは不要ですが 葡萄棚やその他の施設で やはり 1,000,000円は必要でした

考え方次第ですが 住宅用の宅地を購入する事を考えると 予算9,000,000円
安価な物件でも 坪/150,000円 60坪 街中では 20〜300,000円 40〜30坪 と考えたら 農地だと 300坪 そり広さは歴然 地主さんですよ・・(笑)

最近の相場で 一戸建ての住宅を土地建物で購入すると 概ね 30,000,000〜40,000,000円
ローンを組むと65歳くらいまで返済になりますよね 
一戸建て住宅の1/3で 地主も夢ではないのです・・・(笑)

では建物は・・・
農家は農地の中に自身の家(他に持ち家が無い場合)を建てる為の農地転用は許されています
但し 購入した農地は最低でも3年きっちり耕作をしなくてはなりません 転用や売却はそれ以降になります

農地転用が緩い白地を少し無理をして 購入しておけば 比較的容易に農地転用 自宅を建てる事も可能ですね
建物自体(上物)は10,000,000円もあれば 立派な家が建てられますから

総予算 20,〜25,000,000円の金額で 農家に成り農地と自宅を造る事も可能と言う事になります
市街地の建売一戸建てより 安価な予算で 300坪以上の農地と農家の家が持てる事になります。

因みに 腕白農園では・・ 
農地750坪 築19年の中古住宅土地付き150坪 900坪を所有しています
農地 自宅 施設の設備など 総費用は 33,〜35,000,000円(3千3百万円)でした

費用捻出方法は 前自宅を売却したお金と、所持金で何とか賄え 借金は0円です
定年退職年金受給年齢の65歳の10年前、55歳で早期退職し就農した事になります

現在は 農業収益と個人事業収益(農業の為に縮小)で生計を立てています
65歳以降は 年金受給者 夫婦二人分を合わせれば のんびり暮らせます・・・楽園天国〜

だいたいこんな感じの 予算です。

次回は 就農までの道筋 何年必要かなどを大まかにお話ししますね。   

【お知らせ〜】

そろそろ果樹の苗木を植樹する時期になります 路地野菜の種まき、苗植え時期も近付いて来ています。
N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)では
 農業体験者、農業研修会の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい

★ 申し込み方法
可能な方は 直接ご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください
審査の上 腕白ファーム会員の入会、農業体験者、研修生のお知らせを致します。

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

 
posted by 腕白おやじ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187217727

この記事へのトラックバック