腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2020年02月07日

市民農園「農園利用方式」腕白NOOMIN

腕白ファームでは現在 農業体験(リンレーション)用に農地の一部を「農園利用方式」にて貸し出しています。

「農園利用方式」とは 農園での主たる農業経営は腕白ファームが行い 農地の一部を腕白ファーム会員の方に農園で農作業を行って頂くものです。
この「農園利用方式」では、農地の利用について利用者様と賃借権などの権利を設定するものではありませんので、農地法などの規制を受ける事はありません。
またこれは、法律によって開設されるものでありませんので、開設に当たって行政庁の許可を受けたり、届出を行うといった特別な手続は必要の無い様式です。
但し、利用者様と腕白農園相互間で「農園利用契約」をお願いしております。


腕白ファーム

腕白ファーム 果樹園

腕白ファーム NOOOMIN 

腕白ファーム「農園利用方式市民農園」NOOMIN ご利用者条件は 腕白ファーム会員様限定となります。
ご利用期間は お申し込み時に希望の耕作面積等ご相談の上 農地の空き状況から 耕作面積、開始日を決定し 開始日より1年間となります 
継続を希望される場合は 更新月の3か月前(現耕作物収穫前)にお伝えください。
ご利用料金には 耕作面積使用料と年2回程度農地全面の耕しや草刈りなど維持経費(使用面積割)相当となりますので 希望面積当たりでご案内いたします。
市民農園「農園利用方式」腕白NOOMIN利用申し込みは ご来園頂き農園の運営趣旨をご理解の上 腕白ファーム会員申し込み入会にて 腕白NOOMIN利用申し込みをお願いいたします。

腕白ファームの農園経営理念
理念/「想像から創造」
是/ 開物成務 初志貫徹 独立独歩
あれがしたい、これがしたい・・と言う思い描く想像を、具体的に創り造り出す事が自身の政務であり やると決めたら諦めず貫く事 誰にも頼らず自身でやり遂げると言う事です。

まっ硬く難しく考える必要は有りません
スーパーで買う野菜 自分で作ってみたいな〜実際に作ってみよう〜・・「想像から創造」
美味しい物 安心で安全な野菜を作るぞ〜・・・「開物政務」
失敗しても最後までやるぞ〜収穫できるまで・・「初志貫徹」
人に頼らず コツコツと野菜を育てるぞ〜・・・「独立独歩」
こんなノリで構いません ただ植物も生き物です 心を込めて育てて下さいね それがお約束です

最初は 家庭菜園の一寸大きい農業体験であり 生活のリクレーションからでも良いと思います
無農薬、有機栽培の耕作した作物は 本当に美味しいです そして 安心安全です
趣味の農園 園芸 菜園からで良いと思います

自身、家族が食べる分位 自給自足・・とまでは言わ無くても その位は作ってみたい・・
少しづつ 耕作面積を増やし色々な物を作ってみるも良しですね

農業も満更じゃないね〜面白い 天職かも・・・って思うかも・・(笑)

農家に成ってみたいな〜
定年退職後の第2の人生 セカンドライフは農家も良いな〜
いっそ転職して農業も良いな〜

農家 農業を目指すなら 新規就農までお世話しますよ

腕白農園の周りにも、高齢で農作業が出来ないから・・
親や祖父が農業者で農地の相続はしたけど農業継承の意思は無い・・
など無耕作農地 放置農地は 沢山あります

腕白農園でも そう言う農家さんから 放置農地の管理を委託され 代行管理をしている農地もあります


管理委託農地 

将来 本気で農家を目指すのなら 実際に農業実績を積み 新規就農申請し農業委員会の認証を受け 農家の仲間入りさせて頂きます 
そして 無耕作農地や放置農地を 農地法3条 農地購入又は農地賃借し 農家に成る事も夢では有りません 
夢は大きく・・・想像から創造ですね


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

 
posted by 腕白おやじ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187132833

この記事へのトラックバック