腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2018年12月29日

セカンドライフ「第二の人生」

最近 良く耳なする言葉 セカンドライフ

一般的には 定年後の第二の人生の事を言うらしいが・・・ 
最近では 定年前に田舎に移住したり 早期退職して新たな商いを始めたり とか色々と有るようだ 

今朝 テレビでセカンドライフを紹介していたのは 早期退職し 小山を2千万円で購入し ログハウスを建て プチペンション経営をしていると言う内容でした。

都会を離れ 田舎も良いけど 住み慣れた土地 親兄弟や友人からも離れる事に成るのは寂しい気もするな〜

そう言う私も ある意味セカンドライフを始めた一人です。 

私は、40歳で家業から離れ独立起業しました 
そして15年目55歳の時 10年後の65歳(一般的に言う定年年齢)を過ぎても 今の仕事を続けていられるのか・・・
定年年齢後の人生について色々と考えました

生まれた同じ街に住み続けたい、親兄弟から離れるのも嫌だな〜
世間から閉ざされた山奥や田舎も嫌だな〜
愛犬達と楽しく過ごしたいな のんびりしたいな〜 好きな事(物作り)をしたいな〜

そして辿り着いたのが 今の生活でした

以前住んでいた場所から少し離れたけど 何時でも 親族や友人に会える距離
時には都会(名古屋や岐阜だけど)にも行ける ショッピングモールにも 大好きなホームセンターにも(笑)

でも・・・今日の様に 雪が降ると・・・

 

ここは何処・・・山奥??

いやいや 振り返ると 自宅が(笑)

 

実際 自宅も雪に埋もれているけど・・・(笑)



 

まっ田舎と言えば田舎だけどね〜(笑)
でも 生まれた町の隅っこですが 同じ町に住んでいます・・(笑)

少し離れただけなのに 広い屋敷と庭 庭の景色も良い感じです 




 

結構 難関でしたが 2015年12月22日許可を得て 農家に成りました


 

新規就農 葡萄を主に栽培する農家です。
セカンドライフを満喫しています。

夫婦2人と愛犬が食べてゆけるだけの稼ぎですが 
愛犬達は広い農園(フィールド)で楽しく走り回っています
毎日 美味しい野菜 果物が食べられ 幸せです

セカンドライフ 色々とありますが 地元で農家も捨てたものではないですよ
ご近所の方には 若干 もの珍しくも見られますが(笑)

確かに 自宅、農園の周辺にも 放置された農地や 一部だけに申し訳程度に栽培をしている畑 委託で稲作している所など 沢山有ります。

セカンドライフに小規模農業をする事は大変に良い事と思うのですが・・・
新規収納は狭き門 なかなか難しいですからね
過疎の田舎では 空き家に成った家 田畑を優遇し 移住を呼びかけている所も有ります

しかし 街中の農業地では 農地を守る為(農地転用)に 新規就農には多くの障害があります
守るだけでは 衰退しか有りません 
他府県に移住してゆけは その町の人口も減る 市の税収も減る 良い事は何一つも有りません

もっと 行政が新規就農に対し積極的に取り組めば セカンドライフとして取り組めば
人口も減らない 税収も減らない 放置農地も減る 無駄な転用も減る 農地が活かされると思うのですが  
農業委員会の役員さんに言われた言葉 忘れないです 「Pioneer」に成って下さい
新しい農業 セカンドライフとしての農業を 私は 皆さんに呼びかけて行きます

農業は楽しいですよ



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

 
 


posted by 腕白おやじ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185283701

この記事へのトラックバック