腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2018年10月05日

真面目にやっていれば報われる

6月に 愛知県大口町の農地購入に付いて 愚痴りましたよね〜
新規就農で 狭い農地で食べて行く術として 色々な事をやっている事から
純粋な農家として見られず 農地の購入を大口町に購入を拒まれた

農業振興課は 本当に農業振興を目指しているのか・・・単なる保守ではないか
現状を守る事は 成長では無く 衰退の一途だと これは経営の基本です
責める農業経営こそが 振興につながると私は思います。

先日も農協の課長さんともお話しをしましたが 新規就農は狭き門と言っていました
農家さんで 後継者不足や 親から譲り受けた農地だけど お勤めや農業をする気が無く 休耕地は沢山あります。

新しい農業や 農業6次産業化を計画する人に対し もっと聞く耳を持つべきでしょうね そうしないと将来の農業は衰退して行くばかりだと思います。

新人農家として真面目にやっていれば ちゃんと報われるんですよね
自宅のまん前の休耕地を 子守して欲しいと依頼が来ました



 


左上が自宅です 赤く囲った部分の農地です 全て合わせると 随分広い農地です
2ヶ所あるのですが 今回は左の部分 約400坪 畑100坪越え 田280坪位です







 

こちらは畑で 現在 果樹が植わっています  




 

一度に全部は ちょっと無謀と思い この農地は将来的に やれそうなら管理させて頂くつもりです。

上の写真は Google Map ですが現在の写真は・・・草ボウボウ (笑)




 

先ずは 畑の部分のみ草刈をして 根切りをしました




 

長い間 放置されていた畑なので 作物が育つか 少しだけお試しで秋野菜を植えてみます




 

何せ 自宅の庭先なので 手入れは容易 庭から直ぐ出られるように 扉を付けました (笑)

今後は 残りの田の草刈 根切り 掘り返し 地が浅ければ漉き取りも必要に成ります
更に 水田としての水路の確保 やる事は山盛りです

田植えは 来年の5月中旬ですが・・・本来は田の為には 借り入れ時期に合わせて 蓮華の種をまき越冬させるのが望ましいのですが・・・

ユンボの運転は 花ノ木の農地を作ったとき以来 3年ぶりになりそう (笑)

上手く水田が作れたら 来年の春には うるち米 と 餅米を植える予定です


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ


 

   
posted by 腕白おやじ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184605659

この記事へのトラックバック