腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2017年08月21日

6次産業化

腕白ファーム&フィールドは 6次産業に挑戦中です。

よく耳にするのは 一次産業 生産 二次産業 加工 三次産業 販売 ですよね

そして ITや情報、アイデアなどの産業を 四次産業と言います
更に 一次産業〜四次産業の融合 自由な組み合わせで行う事業を 五次産業と言うそうです

では六次産業とは 五次産業の次と言う意味と 一次から三次産業を一環で行う事から 1+2+3で六次産業と言うそうです

これは 農林水産省が推奨する 新しい農業のあり方であったり 農業の活性化 次世代後継者育成 担い手 新規就農者を考えて作られた 産業ともいえます。

年々 農業従事者(農家・酪農家・漁師など)は減り 必然と農地も減る傾向にあります
農業者の子供が 後を継がない 後継者不足です

また 新規就農には かなり高いハードルがある事 例え就農しても小規模農業での収穫収入では生活が困難です

例えば 親が営む酪農 を次世代が継ぐ方法として 
小規模酪農を逆手に取り 飼育数が少ない分 乳牛の手厚い育成で良質の牛乳の生産する
その生産物を原材料とし加工し スイーツを作り 販売する 
因みにこの一例の酪農家は 牛35頭で 年商2億だそうです 凄げ〜
一次から三次までを一貫して行う事で売上を上げる これが六次産業と言う事です。

腕白ファーム&フィールドは 現在 農園の余地を活用し 愛犬の社会化施設を併設し営んでいます
従って 現在は 果樹園である一次産業と ペット関連サービス業の四次産業の融合で 五次産業化に成ると思います。

現在 育成中の果樹は 来年第一回目の収穫を予定していますが 苗木に対しての初年度の収穫率は良くて50%位です
腕白ファームは新規就農で 初心者の果樹経営ですからね 更に収穫率は落ちると思います
目標は苗を植えてから5年目の秋(3回目の収穫)時期には 収穫率80%以上を目指しています

しかし それでも 作付面積で考えると 農業収入としては 生活レベルには到底及びません
農地1坪当たりの生産性を上げる為には 生産 加工 販売 そして 他業種を組み合わせて 1産業を1とするなら 組み合わせて4倍5倍を目指さないと 小規模農業で生計を立てるのは容易ではありません

腕白ファーム&フィールドの 六次産業化事業計画として
1.産地直売 葡萄を主とした果樹栽培生産と直売(1+3次)
2.サービス業 収穫時期には葡萄刈り 収穫時期以外は 愛犬の社会化施設ドッグランの運営 (4次)
3.加工食品の販売 収穫果樹や農作物を原料に 食品の加工販売  (2+3次)

3.の加工食品は 
 @ 果樹からスイーツの加工販売(人用)
 A 愛犬の手作りご飯、おやつの加工販売(愛犬用)
などを計画しています 
わんちゃんご飯は 自家農園で無農薬栽培した材料から作るので 人が口にしても全く害はありません

わんちゃんご飯「わんぱっくん wowpakun 」のサンプルです


ハンバーグ ごはん 小カブとほうれん草


チキンと野菜エボニーソース と添え野菜


牛ステーキとパスタ 添え野菜


肉団子とマカロニ 野菜ご飯

野菜類は粗 農園と収穫した無農薬野菜です
パスタ、お肉は 飲食店用の業務食材業者より仕入れています

現在は イベント開催時に 予約制にて販売しております
また 愛犬の誕生日など用に ご予約を頂ければお作り致します


 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ


 

   
posted by 腕白おやじ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180722576

この記事へのトラックバック