腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2017年03月25日

葡萄園の温室設備 Vol-2

昨年末 葡萄園の温室設備 と言う記事を11月中ほどにUPし その後の記事が止まっていますね(笑)

その後どうなった・・・・

実は 昨年末に完成しているんです お作成りましたが ご報告させて頂きます。

昨年は 耐火煉瓦の購入と設置場所まででしたね


設置場所に 方枠を組み 鉄筋を敷いてベース作りです



コンクリートを流し 基礎が完成です



薪置き場スペース用にブロック二段積みをします




燃焼室底 スラブ打ちです この時点では 一般的なコンクリートです



コンクリートの上に 耐火煉瓦を敷き詰め 底板とします
いよいよ耐火煉瓦で積み上げてゆきます 先ずは 燃焼室です



次に 窯底のスラブ 耐火コンクリートでスラブを打ち 
窯底は耐火煉瓦を敷き詰めます



いよいよドームの連が積みです 先ずは木枠を組みます



木枠の上に 煉瓦を並べ 位置決めをします



1丁づづ積んでゆくと 後で辻褄があわなくなると困るので 楔をかませて 全て積み上げてゆきます



やや柔らかく練った 耐火コンクリートを 煉瓦の間に流し込みます



耐火コンクリートが乾いたら 隙間を耐火モルタルで補修



煉瓦積みの完成です

ドームの木製型枠に火を付けて燃やします 



そして 耐火モルタルの硬化には焼入れが必要なので 更に薪を足し 温度を上げて行きます
焼入れが完了し 耐火モルタルが痩せて隙間のあいた部分に 更に耐火モルタルを流しいれて 再焼入れ

窯の温度も上がったのでなので ピザなどを入れてみました(笑)



う〜ん 良い感じに焼けましたよ (笑)
・・ピサ゜窯では有りませんよ 葡萄ハウスの熱源と成る 暖炉ですよ お間違いのないように

 

皆さんで 完成祝いです 勿論 火が勿体無いので ついでに ピザも焼きましたが(笑)

        
【奮闘記の最新記事】
posted by 腕白おやじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179165953

この記事へのトラックバック