腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2016年06月13日

登記変更完了

農地の田から果樹園への改良が完了したので 
先日、農業振興課に工事完了届けを出し 法務局へ 土地権利者 変更登記を申請
今日 登記完了証を受理してきました。



これで土地の権利書が手元に・・・ 
売買契約の受理の時点で 権利は発生していますが 法務局で変更登記した事で名実共に権利者と成りました。

「農地法第3条第2項各号列記の不許可要件のいずれにも該当しない者」

(1)農地のすべてについて耕作の事業を行うこと、
(2)農地の取得後において必要な農作業に常時従事すること、
(3)農業経営の状況、居住地から権利を取得する農地までの距離等からみて、その農地を効率的に利用することができると認められること、
(4)農地の権利取得後の経営面積が下限面積以上(一宮市は20a 2反)となること

先日の問題とは この(1)農地のすべてについて耕作の事業を行うこと、なのですが・・

登記変更も完了 農地の改良も完了 農業事業の目的は果樹園ですからね〜 
苗が育ち 農地一面に 葡萄の枝が広がるまでは 長い目で見てもらわないとね

農家とは「10a以上の経営、または年間の農産物販売金額が15万円以上の世帯」をいいます。(農水省)

果樹が育ち 農家の条件(上文)を満たすには やはり 果樹の収穫2年後以降です
それまでは その後も 兼業農家として農業以外の事業収入がなければ 生活はして行けず 農業を継続できませんよね・・

かと言って 農業収入で生活するには 農地が10反(100a)以上必要 農地を借りるにも 果樹では無理です
勿論 農地購入費用は有りません 

農業振興課・・・とは どんな課なのかな?

既存の農家さんを支援し 継続的に農業が営めるように指導すること
農業が衰退しないように 新規就農者を支援することも大切と思うのですが・・・

個人が 新規就農 農家に成る為には 色々な方法で 農業とその他の事業を効率的に営むことと思います

農業委員会の役員さんが言った パイオニア 「他よりも早くその分野に取り掛かった人、先駆者、開拓者、草分け」 という意味です

一宮市に 果樹園が無い ぶどう農家が無い・・・・その理由は ぶどうを育てる土壌 農地が不向きだからです

既存農家さんで 農地の改良までして栽培をする人はいない 育つ 栽培できる保証は無いですからね

除草剤をまいて 農薬を使用して栽培は容易ですが 有機栽培 雑草栽培 自然栽培は難しいです

それを助けてくれるのが ワンコ達とその飼い主さんなのです

草を踏んでくれる事で 丈の高い雑草が育たない 丈の低い雑草が生息します
丈の高い雑草は それらを介し 害虫が ぶどうの苗に付いてしまいますが 下草丈の低い草なら大丈夫です

更にミミズが繁殖し 自然と土壌を綺麗にし 耕してくれます

ワン子の社会化施設の事業収入が見込める事で 収穫までの2年 更に収穫後も 兼業農家として継続して 農業が続けてゆける   

この事業計画を それに挑戦する意思を表明した事で 農業委員会の役員さんが パイオニアになって下さい そう言われたと私は感じています


【奮闘記の最新記事】
posted by 腕白おやじ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175685019

この記事へのトラックバック