腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2016年06月05日

現在の腕白ファームを見てみよう〜

前回の記事で問題発生〜でも 乗り切るぞ・・と書きました。
実際 現在の腕白ファームを見てみようと思います。

先ずは前面道路から 腕白ファームを一望した様子です。



う・・・ん 確かにこの位置から見たら ここは何? 農場?と思うかもね
では 敷地内に入りもう少し近づいてみます。



左側には キウイの苗木と余地にはブロッコリー トマト 苺 が少しだけ栽培されています



中心には キウイの苗木 同じく余地に 路地野菜が栽培されています。
果樹も路地野菜もやはり 土が大切です 色々な土を作り 試験栽培をしています。



右側には 葡萄の3年目の苗(今まで試験栽培をしていた木です)



更に近づくと ベリーの苗木 葡萄の苗木(紅三尺)です

腕白ファームのゲートを入ると・・



ファームのシンボル樹 裏白モミの木です
更に置くに進むと 区画のゲートが有ります



農園には 緑系(サインマスカット) 黒(紫)系(大粒ピオーネ) 赤系(ベニパラオー) に分けて苗木が植えられています



農園の西側には 風除けを兼ねて オリーブ 月桂樹 アーモンド 桃 などの苗木が植えられています



そして ここは 直苗を栽培している苗床です



本来 水捌けの良い地で育てる葡萄 少ない水でも育つ様に苗木は 接木苗が普通です。
接木苗は根が強い為 水分量の多い地では 大きく育ち過ぎる(木が暴れる)場合が有ります。

一宮市この周辺に 葡萄園が無いのは あまり葡萄の栽培に適した土地ではないからです

腕白ファームでは 既存の農地(畑地)を土壌改良し盛り土にして 水から苗木を離しています
農園中央にピットを堀 絶えず水位を確認しています。

修行先の農園の方に教わったのは 接木では無く 直苗は根が弱い為 水分の多い地でも育つとの事で 剪定枝を 苗床に挿し育て 試験苗を育てています



では 葡萄苗木の成長を見てみます



造成 土作りに手惑い 若干 植え付け時期が遅れたので やや成長が遅れています



元木からは 普通2〜3枝が出ます 
家庭菜園 鉢栽培では そのまま伸ばし くるくる吊るを巻き付けて育てます
また 地植えの場合でも 2〜3枝を低い棚で育てる事が多いのですが 



農園では 高い棚に乗せる為 1年目は1本の枝に絞り 他の芽は全て欠いて行きます



太く丈夫な枝を2m程度伸ばします 現在は概ね 0.6〜1m程度です
これからの季節 沢山の水分を吸収しどんどん伸びて行くはずです。

最後に これは何かわかりますか?
苗木に付いている 札



これは 種苗法の登録品種を表示する札です。

葡萄は 色々な先人達が品種改良を重ね 日本の風土に合う苗木を作りました
腕白ファームでは その苗木を購入して栽培するので 開発者、管理者の許可(種苗木法登録品種保証票)を得た苗木を植えています。

種苗法登録品種について

許可を得ていない苗木を用いて果実を生産、販売すると生産者も10年以下の懲役 または1000万円以下の罰金が課せられます。(種苗法改正 平成19年2月)
登録品種の穂木を他人から譲り受けて苗木の育成または高接ぎを行い 栽培して収穫した果実を販売する事は出来ません

・・・・う〜ん 農業者らしくなってきたかな(笑)
【奮闘記の最新記事】
posted by 腕白おやじ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175576579

この記事へのトラックバック