腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2016年05月24日

農業経営

さて いよいよ農業経営の始まりです。

私も今まで色々な仕事 経営に携わって来ました 
家業の材木販売と建築業から離れ 独立起業をしました。 
物作りが好きで 飲食業 木工・・・・と色々と模索しました
そして 今回の 腕白ファーム&フィールドに 辿り着きました。

そもそも経営とは・・・・と考えると

経営の語源は 「経」と「営」

「経之営之=これを経しこれを営す」

 紀元前八世紀、周の国の詩人が、「祖先文王が霊台という祭壇を築いて、建国のシンボルとしたことを追想して霊台を経始し、これを経しこれを営す。
庶民これをおさめ、日ならずして成る」と謳っているらしい。
土木工事や建築を始める際、まず経と営という作業を行ったというのである。
〔詩経・大雅・霊台〕

土木工事や建築に取りかかる際に、まず杭を立て、その間に縄をピーンと張り、削る所や掘る部分、支柱の位置などの予定をつける。その作業を「経」という。
つまり、工事にかかる前の縄張りの作業である。

営もまた建物の周囲に丸い外枠をめぐらすこと。
だから、大将の幕舎の周囲に垣をめぐらしたのを「陣営」といい、外側をヘイでとり巻いた兵舎を「営舎」という。
工事の初めに、外枠に縄を張りめぐらして杭を打ち込み、全体の大きさ、規模を定める動作が営。

直線の区画を切るのを経といい、外がわをとり巻く区画をつけるのを営という。
併せて、荒地を開拓して畑をくぎるのを「経営」といい、
転じて、仕事を切り盛りするのを「経営」という・・・事のようです

ふむふむ そう言えば 昨年末 農地を見付け 購入し 周囲を土留めして 杭を打ち ネットで囲ったな〜 それが 「営」 なんだ

そして 杭を打ち 糸を張り 土を入れて造成 耕作の区切り 小屋の位置決めをしたな〜 これが 「経」なんだ・・・(笑)

農業とは 経営の原点とも言えるんだな・・と感じましたね

現代の経営とは 「経」目標(理念・経営目的)を立て 筋道(経営戦略 経営計画)を計画する事 「営」組織を作り 会社作り 社員さんを雇い 営とする

更に 経済とは 「経世済民(けいせい・さいみん)」が語源で 世の中をよく治めて人々を苦しみから救うこと。

「経」は治める、統治する 「済民」は人民を救済すること、「済」は救う、援助するの意
「経世済民」を略して「経済」となった・・とあります。

良き経営で 社会貢献する事が 「経済」になるようですね〜

私は 現代的な 経営・・・で言えば 下手な部類かな・・・ 経営者としては落第生だと思う (苦笑)

腕白ファーム&フィールドの 経営と経済とは 

経営の語源でもある これを経しこれを営す 開拓して畑をくぎり農作物を作り 「経営」といい その余地で ワンコ達の社会化を促す。 

「経世済民」民はワンコ達であり その飼い主さんかな 愛犬の悩みを軽減し 飼い主さんの悩みを少しでも少なくなる様に お手伝いをする事 「経済」

この経営、経済は 私には合っているかなと 感じる今日この頃です (笑)

 
【奮闘記の最新記事】
posted by 腕白おやじ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175413149

この記事へのトラックバック