腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2015年11月26日

腕白ファーム 施設イメージ

農地法3条の許可申請を提出して 審査、許可が下りるまでは ただ待つしかありません
でも 頭の中では もう 決まったかの様に 農園の配置というか 施設のイメージが・・・・

しかし 面積は分かっていますが 敷地の寸法が分からない・・・ 
法務局でも実測図がない・・

住宅用宅地などは 建築をする前提で 測量士さんに きちんと隣地境界を示して頂くのですが 農地の場合は意外と 曖昧が多くて 登記にも測量図が無いのが多いようですね〜造成するさいには 隣地の農家さんと確認が必要です

そんな訳で  現地の実測をして来ました その寸法を元に 登記上の面積に合わせて 図面を書いてみました。


腕白ファームA 果樹園の図面です

第1〜4の4区画 4〜6種類のぶどう農園にする予定です
第1農園 管理棟とハウスで 葡萄棚の下は 愛犬の社会化教室の場所になります
第2農園 一部ハウスになります
第3農園 自然栽培の予定です
第4農園 葡萄棚の下が駐車場になります 普通のワンボックスは大丈夫ですよ〜 常時20台止められるようになります


腕白ファームB 農園の図面です

こちらは 基本露地栽培を予定しています 露地野菜とハーブ園 道路側に沿って 垣根の様にベリー系を栽培する予定です。
そして お客様にも楽しんで頂けるように 貸農園を予定しています
入口に 大型車が停められるようにしています。

認可が下りたら 来年早々から造成の予定です、3月開園に向けて 2か月で造成しなくてはなりません 忙しくなります(笑)

先ずは ユンボで 農園Bの地所整地 果樹園Aの排水ピット用の穴掘り
井戸掘りもしなくてはなりません
隣地の田との境界には 鋼矢板を打ち込む予定です
準備が出来たら ぶどう栽培に適した 山土の搬入〜ユンボで整地します
周囲に防獣ネットを張り ぶどう棚(単管パイプ)を組みます

誰か ユンボ持ってませんか〜・・・
古材でも構いません 不要の鋼矢板探しています
中古の鋼管パイプ 不要な鋼管パイプありませんか〜
応援 お手伝い 求めています・・・・

宜しくお願いします。
posted by 腕白おやじ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168595812

この記事へのトラックバック