腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2015年11月13日

元気玉

暗礁に乗り上げたと 全国新規就農相談センターに 相談問い合わせをしていた事を忘れていましたが 一昨日 返答が届きました。

「この件につきまして、内部で検討したところ、一度、一宮市農業委員会に確認した上で回答することになりまして、同市農業委員会に連絡を入れたところ、「すでに就農に向けて相談対応をしている」との回答を受けました。
 すでに長橋様の希望する方向に物事が進んでいるということなので、今後のブドウ園経営のスタートとご発展をお祈りします。以上 11月12日 全国新規就農相談センター

これって 申請に対し前向きに対処して頂けると 取っても良いですよね〜

今年は 年頭に「平常時の準備」と今年のテーマを定め 若し 地震や災害が起きた時は勿論ですが 腕白フィールドの将来 更には 若し私に何か起きた時 この先の家族のこと・・・と色々と想定して 考えた年でした。

災害時の愛犬同伴避難に付いての 呼びかけ 啓蒙活動 避難小屋の建築は 

 
                         
中日新聞に掲載され CBCラジオで電波に 更には NHK名古屋放送局で取材 ほっとイブニングで「災害時のペット」で放送して頂けました。

そして 家族 元気な時も 若しもの時も 万が一の時でも何時でも一緒に・・と言う思いから お客様のご好意で 「パーティー」までしていただけました。

そしてもう一つ大きな課題 それは 腕白フィールドの 愛犬達の避難所としての施設として 継続的に続けられる策は この腕白ファーム計画でした。

計画を練り 夏ごろから活動開始・・・構想が固まり 動き出したら 壁にぶつかるぶつかる・・
0からの新規就農は100%無理・・とまで言われたのですが 予想外の展開

借地での継続は無い 地所を購入して 永続的な形を作ろうと 母ちゃんと2人の資金資金を投じて 土地の確保・・・

当初は 現在と同じ敷地の広さ280坪すら難しかった・・・ なんとか450坪を探し出しでもここが限界 もうこれ以上は無理・・・

其処へ 吉報・・・700坪を越える場所 予算を若干上回りましたが この話は最大のチャンスと決意

不足資金の調達はこれから更に大変ですが 何とか乗り切ろうと思います。

しかし まだ油断は出来ません 交渉のテーブルに載ったのは確かですが 許認可は年末 若しくは年明け早々に確定します。

3年後 5年後 10年後の夢が見えて来ました

本当に 皆様のお陰です 皆様に支えられ 助けられて 得たチャンスです 2人三脚・・いや 2人5匹だから・・・・何本だ(笑)・・・ 前に進むのみです。

来年1月21日 入籍 土地の本契約 許認可・・・腕白国の建国記念日に成る事を願って

ドラゴンボール・・じゃないけど 皆様の元気をほんの少し分けて下さい そして 2人と5匹で大きな元気玉を作ります 宜しくお願いいたします。

 

posted by 腕白おやじ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167742028

この記事へのトラックバック