腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2015年11月11日

一歩前進 暗礁を何とか乗り切れた模様

前回の続きになります

一宮市の農業振興課 農業委員会で 農地0から農地を購入しての新規就農は無理・・・
と言うお話しでしたが諦めず 食い下がり・・・検討ののち連絡を頂ける事になりました
そして 11月11日 ワンワンワンワンの日 農業委員の役員さんと面談をして頂ける事になりました。

農業者になる為の事前審査面接のような物 さながら 大学の入学前の 推薦面談かな(笑)

この数日は 何を質問されても答えられる様に なぜ農業なのか なぜぶどう農園なのか 一宮で栽培は可能なのか・・・この地に合う品種 栽培法 
一宮ではぶどう農園はありません なぜ無いのか なぜ作らないのか・・一宮の地質 ぶどうに最適な農地改良に至るまで とことん調べました 頭の中に叩き込みました

こんなに勉強したのは何年ぶりかな・・・ワンちゃんの 犬学 犬の行動学に付いては 限られた期間もなく 思うが儘調べ 研究し 実際に色々なワンちゃんと接し 持論を作り上げましたが・・・
今回は 入試前の勉強の様に短期間で叩き込んだ たぶん 生涯で一番集中して勉強したのかも(笑)
 
夜 布団に入っても 色々と考え 面談でどんな質問が来るかを想定し 回答を考えると 寝付けない日々でしたね(笑)

そして 今日 お会いして来ました。

最初は やはり何故農家を志したのか そして 何故 一宮であまり栽培されていない葡萄なのかと言う予想通りの展開でした
自分で調べた持論を30分くらいかな 起承転結 順を立て最後に 結 一宮市で一人位異端児な農業を考えるものが現れても良いのでは・・と 熱弁になってしまいましたが しっかりと聞いて頂けました。

帰ってきた言葉が 「楽しく農業をしたい・・と言う意思でここに来られる方は殆ど居ない そう言う自由な発想で 利益とか営利目的と言うより 探求心で農業を考えてくれる人が良い」・・・
と 応援とも取れる お言葉を頂きました。

更に 農業振興課の担当者に「申請できるように 調整してくれ」とも言って頂けました
農地法3条 申請書類一式を 振興課で頂き 帰宅しました。

勿論 これで 農業者資格が取得できた訳ではありません しかし 申請を受け付けて頂ける確約は頂けました。
更に 今後その申請書を審議される 農業委員会の一員である方に 今日面談し 思いは十分に伝えましたので 複数の委員の方が集まり 審議されるのですが 余程の難色を示す人が現れない限り 通過する見込みです。

やっと 「腕白ファーム」実現に、一歩 踏み出せたと思います。

これからも大変ですが・・・

 
posted by 腕白おやじ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167566761

この記事へのトラックバック