腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2015年10月30日

八方塞だ・・・

前回に続き 暗い気分です・・八方塞・・手立てが見つかりません

農家資格が取得できるかどうかに掛かっていますが やはり 道は 農業者となり 農園事業とフィールドの兼業事業しか見当たりません

果実は収穫までに3年は必要となります 少しでも早く 苗だけでも植えられる方法 環境はと考えてきました

1.現状のフィールドを 今と同じ条件の地に移転(300坪程度の農地転用雑種地の購入)
2.苗木を植えて 栽培実習 耕作収穫の実績を元に 農家資格許可申請
3.農家資格が得られたら 購入した土地を 農地に戻し農家としての事業開始
4.隣接する農地を探し 自宅を売却し 300坪の農地取得 20aの農地 
5.計画の規模の 腕白ファームの完成

と構想してきたが 非常に難しい・・・

農家許可が取れるまで 購入可能な地は 雑種地に農地転用可能な地 それは 農業振興地域内農用地区域内農地外の場所 
誰でもと言うわけでは在りませんが 転用可能土地で利用法が広いので 売価は高くなります いわば売り手市場価格・・

現在と同じ様に条件の地(250〜300坪 農地転用可能な地)で 現在の利用者の方の事を考え 現地よりあまり遠くない場所と考えると・・・千秋 瀬部
予想以上に 価格が高く 予定の自己資金内で 土地購入と移転費用が納まらない・・・難しい

農振農用地 青地は 判り易く言えば 農地を減らさない為に指定された土地 なので 農業者の方しか買えないと言っても過言では在りません 
指定の解除などの手続きをすれば 可能な場合も在るようですが 難しいだろうね・・・
従って 他の使用目的が狭いので 条件付とか 農業用地なので 安価な物件が出てきます

しかし 農家資格がないと購入は無理・・許可が取れ 土地購入してからの 苗植えでは 収穫は何時の事になるやら・・・
その間 今の土地でフィールドを続けてゆくと言う事は 現在の借地料を払い続ける事になる と言う事は 自己資金を更に 食潰す事になり 自己資金が目減り 許可が取れた時 購入資金や初期投資の費用が残っているか心配だ・・・

そうこう悩む間も 現在の使用料は毎月掛かる・・・

これでは 八方塞だ・・・

考えられる手立ては2つ

1案 一か八か 就農計画を立て 農地法3条 農家資格の許可申請を出す そして 喰らい付く

就農計画で農地の確保は必須 青地で構わない しかし 経営計画から収穫収益を考えると やはり少なくても 2反は必要 借地でも構わないが 果実園を計画すると 貸してはもらえないだろう 
購入と成ると 450〜600坪 初期投資費用 移転費用 苗 棚資材など・・・資金が・・・

更に 今からで間に合うか・・・来春3月を過ぎたら 翌春まで苗は植えられない
公にランの看板を立てず 来春までの間農園準備中として 周囲の囲いだけでランとして使用可可能かな・・・(笑)  

2. 場所に拘らず 農地転用可能で 予算に合う地を探す

全く検討が経たない・・・・
あまり遠くになったり 僻地わからない場所では 今までの利用者さんが 離れてしまいそうで・・・・・・

考えがまとまらない・・・・八方塞だ〜
posted by 腕白おやじ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166753538

この記事へのトラックバック