腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2015年10月24日

ワンちゃんと葡萄(ぶどう)

腕白ファーム・・・どんな果樹園計画なのか

記事を見て既にお解りと思いますが 葡萄(ぶどう)を主に キウイ オリーブ ベリー系の農園を計画しています。

と・・そこで 愛犬家の皆さんは 「えっ ぶどう・・」と思われる方も少なくないと思います。

ワンちゃんが食べては行けない食材100・・等に 必ず ぶどう レーズン が出てきます。

以前はそれ程言われていませんでしたが 欧米では 以前から食物中毒の症例があり その原因が ぶどう と 言われ始めた為です
英国の動物の中毒情報サービスセンターでは、2005年にぶどうを食べたことによる中毒による死亡は2匹。2006年には5匹報告されており、増加傾向にあるといいますが 他の中毒症例に比べると まだまだ少ない数です。

では その危険度は 体重1kgあたりぶどう32g、小型犬て言えば一房位ですね 一度にこの量を食べることは 滅多にないでしょう

しかし レーズンの場合は、11〜30gが中毒量とも言われています それは水分が抜けているから少量でも良くないと言う事です。
(干しぶどう一粒と 生のぶどうと比べてみて下さい 重さも歴然と違います)

ですが、これを食べたからと言って必ずしも中毒に陥るということではないようで、 中には小型犬が1房(150g程度)食べてケロッとしているという情報もあるようです。

ぶどうによる中毒の症状は 尿毒症 急性腎不全が多いようですが その原因は良く判っていないとも言われています
仮説的には 農薬 重金属 ビタミンD 真菌類 腎臓に悪影響を起こす成分? かと言われています

真菌類とは・・色々と在りますが ぶどうの場合は 表皮に 天然の酵母があるとされ ぶどうをそのまま放置すると 自然発酵して ワインの様になるとも言われています
自然界でも 多くの動物が ぶどう等 自然酵母を持つ果実を食べ 酔っ払って倒れる・・・と言うことが意外と多く在るそうです(笑)

腎臓に悪影響を及ぼす成分とは これも断定されていませんが ホリフェノール が有力 これは 皆さんご存知のチョコレートにも多く含まれており ワンちゃんには良くないと言われていますね

ぶどうの皮には 天然酵母などの真菌類が自然に付いています また 重金属類(赤い物は鉄分が多い)も多く含まれ 実より皮に(皮と実の間)に多く含まれるのが ポリフェノールです 更に 農園によっては多くの農薬も使われる事が在ります

従って 「ぶどうの"皮"が 良くない」と言う事に成ります。

干しぶどう レーズンは 皮を付けたまま 乾燥させるので 水分が抜け 悪い部分の凝縮と言う事になりますので 要注意ですね

腕白ファームでは 勿論 この対策は検討しています。 

収穫時期前に 何処のぶどう園でも 房の形 粒を大きくする為に 間引きをします 
一般的な農園は そのまま 地面に落とし廃棄しますが 全て籠に入れて 摘む様に心がけます(加工品にする)

収穫前は 勿論 よく見かける 袋に入れて養生します 収穫前熟して落ちやすい時期は 棚の下に日除けを吊るので落ちる事は少なくなります

収穫が終わるころに 遅く実になったものや 二番生りが出来ます これも普通の農園は放置しますが 纏めて収穫し加工用にします

今 研修させて頂いているぶどう農家さんのお宅にも 愛犬が二匹いました 先日一匹が亡くなったと聞き もしや・・・ぶどう中毒か・・と思いきや 15歳である意味 成就ですね

叱っても言って聞かせても 頻繁に落ちたぶどう食べていたからね・・と飼い主さん
庭=農園=ぶどう毎日食べ放題・・・で 15年  

だからと言って 安全とは言えないからね 個体差があると言われているので 極力 食べない様に管理しないとね

でも 何故 ぶどう園なの・・・

ぶどうやキウイの果実は 棚に這わせて栽培します ワンちゃんにとって 暑い夏は 炎天下のドッグランは辛いですよね 飼い主さんにも強い日差しは辛い

しかし ぶどうやキウイは その時期 棚を埋め尽くすほど葉が広がり その下は涼しく 適度な湿度があり ワンちゃんには最適な環境にもなります

更に 自然栽培(生草栽培)法です 自然栽培で大切な事は 草を高く伸ばさない事 草が茂りすぎると害虫の宝庫になります 
適度に草刈りをし 踏む事(ワンちゃんが走り回る事)で 背の伸びない下草に成り ミミズの繁殖で表層の土が柔らかく保て 下草が栄養となります

ぶどうにも良い環境 そして ワンちゃんにも良い環境になるのです。
(ミミズダンスがあっちこっちで)

そして 収穫が終わり 11月頃まで 葉を残しますが 冬には落葉し 地面に十分な日差しと 風が吹き込み 適度な暖かで良い環境になります

落ちたぶどうの実をちゃんと管理すれば わんちゃんと ぶどうは 良い関係で 共存できる関係とも言えるのです。
posted by 腕白おやじ at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕白児童館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166355018

この記事へのトラックバック