腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2015年10月21日

収穫後の手入れ

先日 ぶどう農園に伺い 収穫が終わってからの 手入れについて勉強してきました

現在フィールドにあるぶどうは 既に先端を残し 落葉してしまいました 泣

それ比べ ぶどう農園のぶどう棚には まだまだ沢山の葉が残っています
収穫後 消毒をして葉が枯れない様に手入れし 可能な限り葉を残すそうです

それは 既に収穫済なので 根から吸い上げた養分が 枝茎にたっぷり保存されるからです
その栄養を貯めた枝が 冬の間休ませて 春になるとぐいぐい新芽が出てくるそうです

この収穫後から越冬前の剪定時期までの間は 農家さんも一息が取れる時期だそうで この時期ならいろいろ聞けて 勉強が可能なので 沢山質問しないとね 

農園の4代目(息子さん)まだ若いのですが 昔ながらの農業ではなく 近代的ぶどう園と言う感じですね
師匠と呼びます 師匠は息抜きに色々とやりたい事があるようですが ご免なさい お付き合い有難うございます

今回は 収穫後の手入れ 以外にも 棚作り枝の張り方などの基本的な方法から 春から収穫までの手入れなど 大まかに説明をして頂けました

更に 一反 300坪 10aからの 標準的な収穫量 金額など

また 来年春の苗付けの本数 間隔も農園の中にある 2年苗 3.4.5年の木 10年 15年の木の枝の広がりに至るまでを説明して頂けました

なぁ〜るほどでしたね・・・ネットや書籍などで 栽培方法に関しては 下知識を持って行きましたが やはり 現実飼育農家の話は理に叶っています

面白い話では・・・

例えば 1反に10年の安定したぶどうの木が 単純に8mX8m間隔で15本植えられていて 棚の約90%をうめているとする
収穫できる 平均的なぶどうの数を仮に1000〜1200房 約100万円とした場合
新たに 苗を植え棚を埋め尽くすまでには5年は掛かると思うので 3年目の収穫時期は まだまだ空きが多い事に成ります

では その分 多く苗を植え 3年目の収穫時期に 棚の何割を埋められるかを計算して 多めに植える
その後毎年 成長に合わせて 間引きをして行く事に成るが 苗木の価格から考えたら 収穫量を増やす計算の方が見合う事に成る

うんうん 苗木1本 普通の巨砲でも 2500円前後 1本から6房以上作れれば 1年で元が引ける計算になる 上手く切り戻し 他の畑に植え替えが出来れば 何ら問題は無い 

なぁ〜るほどです 

うん やはりスタートは 2反 からのスタートが希望ですね〜 
posted by 腕白おやじ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166161605

この記事へのトラックバック