腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2022年12月30日

35年前に・・タイムスリップ

今は1983年?4年? 大学を卒業し、新社会人に成り数ヶ月後・・・・
勤め先の会社から北へ 100〜120m位かな 洒落た喫茶店が開業した。
早々に仕事をさぼり 珈琲タイムへ・・・・なかなか感じの良いお店だった

気さくなマスター(キャプテン)にママさんが営む 喫茶店 
珈琲も美味しいし パスタが旨い店・・・そしてお子さん(3人娘)がこれまた可愛いのよ・・・
それ以来 時間が有ると珈琲タイム・・・・おさぼり時間・・・・笑
仕事の修行に来ているのに・・サボってばかり 

実家の仕事が忙しくなり 両親は未だ修行にと言ってたが、兄が手伝ってくれ〜ビームが強く・・・3年で退社
会社を辞めてからも 週末や名古屋で仕事の有る時には 立ち寄っていた・・・が・・
結婚、子育て、家業の会社に若手が入社・・・仕事や家庭に追われ いつしかお店に行くことも無くなってしまった・・・・

何が切欠だったかは記憶が無いが 還暦前の頃からかな? 昔を懐かしむ歳になり 若き頃に通っていたお店を探し訪問する 
仕事や何かのついでに 探したりしたけど 概ねが既に閉店しているお店が多かった・・・
このお店も行って見た・・・店は未だ営業をしていたけど・・・既に30年が経っている・・・迷って・・・結局 入店せず外だけを見て帰宅・・・

最近なって Instagramで「captain_cook.n」を発見・・・・懐かしい〜と コメントを書き込んでみた「今でもポパイと言うパスタは有りますか?」
メニューは健在・・・でも もう35年前・・・キャプテンもママさんも私より年上 世代交代されているのかな・・・元気かな〜 
時間が経ち過ぎ 敷居が高い・・・迷うこと半年・・・・今日12月30日 今年の迷いは今年の内にと 思い切って訪問・・・・

懐かしい「ポパイ」だ〜 ママさん現役でカウンターの中から 久し振り〜と 相変わらず奇麗な・・・
キャプテンも在宅で呼んで頂き 元気元気! 全然歳を感じない・・・積もるお話・・・・一時間程の滞在でしたが 食べる時間も無く話しが・・・・弾む弾む・・

外観は全く変わってない

窓前の大テーブル健在!

レジ前のごちゃごちゃ変わってない

店内の公衆電話
若干の模様替え リホームは有るけど 基本スタイルは全く変わってない 20代ににタイムスリップした感じだった。

キャプテンは今でも ナイフ作りの趣味は続けている様だ

レジ前に展示されている

拡大してみる
拘りのジャックナイフ・・・・今でも 展示会などに出展したり 販売もされているようです。

もっとゆっくりして居たかったけど・・・別件の約束があったので 泣く泣く帰路へ・・・
でも キャプテンもママさんも元気で良かった〜
今日は楽しい一日に成りました、感謝・・・・・弥栄

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月29日

新規就農から7年・・就農した者にしか解らない事

一念発起 新規就農して7年に成りました
農業って何?・・・・って思う事が多々あります。

昨今 無農薬・無肥料・除草剤不使用栽培・有機栽培・不耕起栽培とか・・・自然農や自然農法とか・・・が有る意味 流行?に成っているのかな・・・
それに 健康や自然な生き方などを考え 自然な物(天然塩)・無添加の物(味噌・醤油) 安心で安全な農作物を使い調理したり・・それらを使った加工食品などを、求める人が増えて来ているのは確かです。
そう言った話題や記事を Facebookやインスタ多くの媒体で見かけます。

新規就農 農家に成って7年 農家に成って作り手になって 実際に作ってみて・・・これらには無理が有ると感じている。

生業を農業として考えるなら 生活をする上で利益を得る為には 少しでも多くの作物を作り売らなくては成らないから 多くの農家さんがされている 慣例農法になるそれは必然な事 収穫量が下がる自然農なんて出来ないからね
ただ 一部の自然愛好家が自然食材を求め 収穫量が少ないからと希少価値かの如く高価に取引されている・・・特例と言えるのではとも感じる 故に話題にもなっているけどね・・・

何故なら 自然農法は 農薬や肥料を使わない 不耕起栽培だから農機具も手道具だけ労力も少ない 種も収穫種・・・・生産経費はほんのわずか・・・安く出切る訳ですよね 
しかし 求める人が居る 収穫量が少ないから 希少価値 付加価値が付いて 高価な物になっている・・・・
狭い市場での遣り取り・・・言葉は悪いけど 消費者の贅沢であり 作り手の趣味の域と感じる
 
収穫量の少ない 自然農や自然栽培が出来るのは それ相応の広大な農地を持っている人にしか出来ない事・・

私の様に 新規就農し20a(2反)足らずの農地しか持ってい無い者には無理! 自家消費分だけなら可能だけど・・・農家として農業収入が無くては生活出来ない 
そもそも 農業収入を得るには 一丁(10反/100a)で慣例農法で生産出荷しても厳しいのに 自然農・自然農法なんて無理! 

中には 半農半×・・と言う事を推奨される方も見受ける 半農半×・・って何?
要は半分農業で半分は他職で・・と言う意味だよね
しかし 農業をする為には農地を持たないと出来ない 農地は農業者(農家台帳記載者)間でしか 売買も貸借も出来ない 農地法3条で定められている

元々 親の代先代から農業者で農地を持っていて 農業だけでは生活が苦しいから 農業を続けて行く為に他の職を持つ 兼業農家と言う事になる 半農半×は農業者にしか出来ない事だが・・・・・
中に居るんだよね〜 親が農業者で農地を持っていて 相続農地を所有している 自信は元々お勤め人・・・相続農地で趣味の農業〜 半農半×では無い 半×半農の出来る人が・・・・・羨ましいけど・・・笑

しかし 親が農業者で無い 農地を持ってい無い者は 現在主に成る職業を持っている人が 生活を補う為に農業をし 半×半農は 法律的にも出来ない 無理!です 
農地を借りて?・・・農地を借りる事は出来ません 借りれば闇農地・・・違法です!
市民農園を借りるか 自己所有の土地(宅地・雑種地)で家庭菜園しか出来ません!
意外と皆さん知らない事で 知らずに違法な事(闇農地)をされている人が多い 
加えて行政(農業振興課・農業委員会)も 無耕作放置草茫々農地を増やさない為にと 知らない振り? 黙認? もあるから厄介 

現農業者の方 農家さんが 減農薬や有機栽培 無農薬・無肥料栽培・除草剤不使用 自然栽培をされている方も増えてきています
有機栽培 有機認定JAS 無農薬・無肥料栽培・除草剤不使用は 農地を自然に戻す為の耕作期間も必要 草刈りや自然肥料(緑肥・自然菌)の鋤き込みなど最小限の耕作など それ相応の努力や手間が掛かっています 更にそれらを市場に出す為の 販売にも並々ならぬ努力をされています。

安易に・・誰でもが出来そうに・・・無農薬・無肥料栽培・除草剤不使用 不耕起栽培とか・・・自然農や自然農法とか 半農半×・・・等と言って欲しく無いです!
安易に農業者をとか 半農半×を夢見る人が増えるだけ・・・現実は厳しい 新規就農はハードルが高い! 安易な考えでは出来ない!事・・・
普通の人が 方が・・・やれる事は、市民農園を借りるか 自己所有の土地(宅地・雑種地)で家庭菜園しか出来ません!

唯一出切る可能性は・・・過疎が進む山里の田舎 高齢農家廃業農家が増え 空家空き農地で悩む町村が 移住者を呼ぶ為に 条件付就農(空家に済み、空き農地で耕作 数年の実績を得て就農者に)を推奨 誘致しています・・・・田舎移住
親や親類 知人友人から離れ 田舎で無農薬・無肥料栽培・除草剤不使用 不耕起栽培の半自給自足生活・・・
若い頃は夢見て楽しいかもね・・・・でも 自身も何時かは老いる 不便な山里での生活は辛いよ・・・・

でもね・・・・街の直ぐ近く 郊外で無農薬・無肥料栽培・除草剤不使用の自然栽培 半自給自足 それこそ合法な半農半×をする術は有るけどね〜
実際に私が 正規の手続きを介し 新規就農し、半自給自足生活 半農半×(自営業)をしているからね〜
新規就農をした者にしか解らない事・・・・

過去の記事に その術・・・・方法を記しています こんな活動もしています
−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月26日

クリスマスと餅突き〜年末行事

今日は12月24日クリスマス・・・・朝起きたら・・・

庭が・・

農園の監視カメラ
何と・・・・一面雪・・雪景色・・・・ここは何処?・・・・・北国・・・・山沖のぽつんと一軒家・・・・・笑

積雪10p超えで 車での移動を断念・・・徒歩で農園に向かってみた

農園に行ってみると

雪だるま
こんな景色は久し振りだね〜
正に ホワイトクリスマス・・・
夜は自宅で、質素にクリスマス・・・夫婦2人で のんびりクリスマスも久し振りだな〜
毎年 農園で来園者の方とクリスマスパーティーを24日前に開くので その残り物でクリスマスが多かったからね〜
今年は 人数が少なかったので 石釜焼きのピザ会だったから 残り物も無く久し振りに家用を作りました。

翌日25日は 農園で餅突き大会〜ピコピコ〜ドンドン・・・
石臼を温め 蒸篭で餅米を蒸して・・・さぁ〜餅突き開始・・・・・

ノーティーファームの新メンバー
あははははは・・・・腰が入ってない
今時の方は餅突きなんて経験した事が無いからね〜杵の振り方が・・・
薪き割りもした事がないからどう伝える?・・・剣道の竹刀を振る感じ・・でも解らないよね
左手は杵の柄の端をしっかり握り 右手で柄の中央を持ち吊り上げ 振り下ろす・・・左手は案内起動軸 右腕が中央から柄の端に滑らせながら抑え杵の重さで落とす  突く瞬間に右手左手を内側に絞る感じに握り、杵がぶれない様に・・・・解るかな?
耕作の鍬でも 薪割り斧でも 剣道の竹刀 餅突きの杵も 振り下ろす物は概ねが同じ動き 左手は主軸 ハンドリングで上から下へ引く感じ 右手は持ち上げる動力であり 後はその重さで落とすだけ・・ 深く刺す押す・叩く場合は 押し付ける動力 ミートの瞬間はぶれない様に両手で絞るかんじ・・・何だけどね〜  

で振舞い持ち、伸し餅を打ち・・・最後の一枚は 製作した一人餅つき機の試運転・・・



一人の餅突き
試運転の結果は・・・・・今一 落としつるべ式なんだけど 杵が臼の底に当ると杵が割れたり欠けたりしないかと 底から餅の厚みを考え1〜2pで止る様に設計したのが不味かった・・・
要は振り切れず 最後で寸止めな感じとなり 打ち切れない・・・から突き切れない 餅が突けない事が判明・・
改良点は・・・
1.臼の底と言うより 底を貫通して更に下の方まで落ちるイメージにセットする事が必要
2.杵の重さをもっと重くするか スイング距離を伸ばし 落下加速を増やす
3.手引きでは 引き手が辛い・・・動力か補助力を考えないと 疲れる
4.取り外しが容易に出来るように考える必要が有る
来年の餅突きまでに考えよう〜  笑

農園直売場は 年末12月29日木曜日 お昼12時から4時まで営業致します
宜しくお願い致します。

尚 シェア農園をご利用の方も 12月29日まで 手洗いなどのご利用は頂けます(お昼12時〜午後4時位までです)

腕白農園・腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)・一宮市民活動ノーティーファームの活動など、
来年も 宜しくお願い致します。
皆様、良いお年を お迎え下さい。


−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月20日

来年はどんな年にしようかな〜?

毎年この時期に成ると思い出す・・・・
新規就農・農地法3条の届出が受理され 許可証の交付を待っている・・この数日・・・
12月24日にクリスマスプレゼントを取りに行ったな〜
年末年始は農園の造成工事に明け暮れ・・・3月には移設・・旧施設からの民族大移動ならぬ〜大移動〜引越し
果樹の苗植え付け、畑で栽培開始・・・・本当に農家に成った瞬間だった・・・笑 
早いな〜あれから7年・・・来年はどんな年に成る? どんな年にする?・・・

農業に関しては 前回の記事 今思うところ・・に書いた通り 完全無農薬・無肥料・除草剤不使用の自然栽培 緑肥や根菌・EM菌など自然の物を使い栽培して行く事に変わりは無い
縁があれば 無耕作や放置田畑の管理受託をして 耕作面積を増やし(年齢から新たに農地の購入は考えてい無い)体験農園・シェア畑の参加者を増やし 皆で耕作をして行く
そして 自然栽培のお米や野菜は、安心で安全で本当に美味しい〜を伝える為に 少量だけど販売 産地直売を増やしてゆこうと思っている

そして N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)農に付いて考える会 昔ながらの自然栽培(不耕の自然農法とは違う)を考える会 家庭菜園から本気で農業者(農家)を志す方の支援は 続けて行くが・・・夢見る人や憧れる人は多い様だが・・本気で農業者を志す方は・・・・残念だが少ない
稀に志す方は 一宮市は新規就農には閉鎖的なので 新規就農に積極的な、条件が寛容な 他市・他県を選び移住してしまうのが現実・・・寂しい事だが

課題は・・・・農園施設の在り方・・・
当初は、観光農園(葡萄園)の棚下の活用として 愛犬の社会化施設 愛犬の児童館を営んで来た
愛知県 特に尾張地域にはドッグランが少なく(無料/庄内緑地・極楽寺 有料は2〜3ヶ所)利用者もそこそこだった・・・が 
愛犬家の意識の変化 ドッグランでは無いけど愛犬同伴の出来る施設が増えた事など 諸々の事で利用者も減少して来た(ドッグランとして広く宣伝をしてい無いからね〜)
ただ 今でも愛犬の問題行動(本当は飼い主の問題)や関わり方に悩む方で ドッグトレナーの指導に疑問を持つ方が 知人の紹介やネットで探し 毎月数名訪れる方は居る  
愛犬の社会化施設 愛犬の児童館と言う施設は 今後も残してゆきたいし 残して行くと決めている

愛犬に限らず 社会化に悩む"人"の多い事も、以前から感じている 
現在の施設に 愛犬と一緒に来園される方の中に 人との関わりが苦手 対人恐怖や人社会に馴染めないと言われる方も居る(常連に成られるとカミングアウトされる事が多い) 
しかし 概ねの人が 対人では無く 愛犬を介して他の飼い主さんと 自然にコミニケーションを取れる様に成る人が多く見受けられる
同じ様な考え 趣味や思考、共通点があれば 更に対人では無く介する対象(愛犬や栽培植物)があれば 間接的であれば 時間を掛ければ ゆっくり関わり知らず知らずの間に 色んな方とコミニケーションを取られている
この効果は大きい 今の社会には必要な環境と思う・・・・

昔は今より自然が豊かだった 少し郊外に移動すれば 田畑が広がり 河川敷や色々な場所で 色々な事柄を介し 知らない人と関わりが持てた
現代は そう言った環境も減り 残された環境にも使用する制限や決め事等が多くなり 必然と無機質な関係 他の方との関わりを拒む 関わり難くしていると感じる
更に インターネットやNSNが蔓延し そう言った自然な環境に触れる事が減って来ている・・・結果 心病む人が増えていると思う

今 問題に成っている「引き篭もり」「登校(出勤)拒否」「非対人」等など・・・に何か出来ないかと常々思っている
今年から農園の方向性を徐々に移行させ 「遊べる農園」と言うイメージ作りを始めて来た
大人もお子さんもワンちゃんも遊べる児童館 や 遊べる農園 腕白Farm&F+eld 「レンタルスペース腕白農園」もその一環だ

で、本題の「来年はどんな年にしようかな〜」だが この「遊べる農園」を全面に出して行きたいと思っている
「引き篭もり」「登校(出勤)拒否」「非対人」と言う問題に絞らず 誰でも利用できる「遊べる農園」
わざわざ郊外に行かなくても 遠方の田舎へ行かなくても テントやBBQ等装備を持たなくても 気軽に行ける場所であり 近くに有る自然豊かな場所・・・「遊べる農園」腕白農園

シェア農園(レンタル畑)・体験農園(田植え・稲刈り・収穫体験)・苗などオーナー制など
自然栽培方法の講習会・家庭菜園セミナー・有機肥料やEM菌液セミナーなど
収穫祭・豊年祭・餅突き大会・収穫の新米試食会・BBQ・ビザパーティーなど・・・ 
その他にも 囲炉裏で井戸端会議・栽培野菜を使用した料理教室・しめ縄つくり・・・
農園主催や提案の催し物(基本誰でも参加可能) 利用者様主催のプライベートイベントや 企画のイベント(他の方も参加可能)農園で開催可能な事なら何でもOK(要相談)

大人も 大人の様な人も お子ちゃまの様な人も お兄ちゃんお姉ちゃん パパやママお子さんも、愛犬も・・爺ちゃん婆ちゃんも 心病んでる人も 家篭りの人も・・皆が楽しめる「遊べる農園」 
腕白で遊んで 安心で安全な野菜を食べて・・・アゲリシャス・・・気分が上がる(アゲアゲ)+デリシャス(美味しい)=アゲリシャスになります・・・ってね 何処かのCMのパクリか・・・笑



−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

 
posted by 腕白おやじ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月17日

思うところ・・・

前回のブログ 新聞記事と しめ縄作り会の報告 の新聞記事の紹介「沈黙の春60年後の現実トークセッション」から数ヶ月・・・思うところを書きなぐってみた(今回も長いよ)

農家に成って 今まで見えていなかった事が・・沢山見えてきた・・・
新規就農するまでは 農業と言う事自体、全く知らない世界だった 

農業を始める理由も 従来の仕事の愛犬の社会化施設をどうする? 老後(定年の65歳年金受給)の生活をどうする? 大規模災害有事の時・・愛犬と同行避難 愛犬との避難生活・・どうする?

無い頭をフル回転させ 考え考え・・・考え たどり着いた案が農家に成る!・・だった
消費農家に成れば 食費だけでも足しに成る 自己所有の農地なら有る程度の無理(農園の余地で愛犬の施設運営)が出来る そして広い農地なら災害時の自助避難場所にも成る 一石三鳥な案だと思った。

正直 本気で農業(一般的に言う農業全般)をやる・・・と考えては居なかったのは事実
ただやるからには 広範囲には無理でも一つに特化すればと 選んだ栽培品は葡萄栽培 その栽培法や知識を調べ研究もした 最小限の実務研修もさせて頂いた  

就農を果たし農業を始め 果樹園とは別に 自家消費用の畑で路地野菜などの栽培・・・最初は家庭菜園の延長〜全くの素人だからね 化肥料や農薬も使った 農耕用の除草剤も使った・・・最初の一年は
単に素人だから 上手く育てられないと思った・・・・が 素人故 慣例農法 慣例栽培も知らないから 一から調べ四苦八苦・・・2年目も惨憺たる物・・・だった

そんな時 たまたま見つけたのがEM菌 発芽玄米醗酵酵母菌液だった 玄米や稲藁 糠等に在来菌として宿る酵母 お酒も 味噌も 藁納豆も 全てが自然由来の麹菌 
昔の人 農協が発足する前人達は 現代農業の農薬や肥料を使う前の栽培法・・・昔ながらの自然栽培方法 自然由来の有機物を使い 自然界の生き物や植物との共生を 歴史からも長い年月栽培をしていた訳で 自然栽培が間違い無いと感じた。

それ以来 無農薬・無肥料・除草剤不使用で 必要最低限の耕転 草や収穫屑は土に鋤き込み 稲藁や籾殻、米糠などとEM菌 除草効果の有るヘアリベッチ 緑肥や根菌の蓮華草 コンパニオンプランツ・・・等など 自然な栽培方法を心掛けています。

自己所有する田畑も以前は無耕作地 現在管理受託している田畑も以前は放置田畑 再生し耕転 無農薬・無肥料・除草剤不使用の耕作を4年続けてきた
一部の種子や苗は 購入をして居るが 概ねは栽培品から種子を採り 次の栽培に使用 稲作も来年度からは収穫の種籾から苗床を作り田植えを計画している

今年10月に開催された「沈黙の春」60年後の現実トークセッションの題材も 農薬や肥料に関する問題の投げかけであった
現代の慣例農法は 栽培量を増やし 形や色を統一させ 市場流通の安定化を担う事と共に 農業者の生活維持が目的であった
しかし 需要欲求がもっと良い物を安い物を求める故 農業者の生活は困窮し更なる生産量品質向上を求め 農薬や肥料などの使用を拡大させた

結果 耕作地は化学肥料・農薬無しでは育たない地に そしてその弊害から自然界の生き物を減少、死滅に追い込み 更には 人体に影響は無いと言いつつ 微量の薬剤が蓄積され 明らかに人体えの影響も出ている

このままでは 未来が危ういと危機感を感じ 減農薬栽培 有機栽培に移行する農家も増えたが・・・農林水産省と農業協同組合(農協JA)との駆け引きがあり なかなか理想的な栽培には至らないのが現実
農協指導の栽培方法 減農薬など特選栽培 農林水産省認定の有機JAS以外の 無農薬・無肥料・除草剤不使用の自然栽培品の市場流通が困難なのも現実・・・

今の農業の有り方を変える為には 農業者 農協 農林水産省が・・・と言う問題では無く
消費者意識が変わらなければ 需要側が変わらなければ 供給側の農業者 農協が代わる術は無いと思う

現在は 個人消費(スパーなどで販売される品)も 大口取引の加工品用も全てに規格を定め 規格外品は 動物飼料や廃棄が主と成っている 食品ロスが拡大している

加工食品メーカー 学校給食 大規模飲食店等は、加工効率の為に機会を導入する事から 野菜などの規格が必然と生じる
一般家庭の様に 1本1個1束の手加工消費には また粉砕や潰し加工食品には 本来規格は不必要 流通規格外品で十分事足りる筈である
海外では 普通に不揃いの野菜類が販売されているにも関わらず 日本国内ではサイズも色も形も奇麗に揃った物だけが流通している そろそろ考え直す時期になったと思う

消費者が極力 農薬や肥料を使用しない、可能な限り減農薬、有機栽培の農作物を求める 故に色や形 サイズの異なる物を求める様にならないと 農家は変わらない 変われないが現実
消費者が変われば 必然と流通が変わり 農協の指導も変わる 農林水産省の指針も変わる 農薬や肥料を使用しない 減農薬や有機栽培をする農家が増える 自然な環境になる

では どうすれば消費者が変わるのか・・・・

無農薬・無肥料にすれば 収穫量も減る 形やサイズも一定しない 流通が不便になる(袋や箱が不揃い) 加工し易い物との選別 色々な点で手間が掛かる 必然と流通価格が上昇する
その分を農家に負担させれば 農家は手間の掛からない 従来の慣例農業を維持するしかないので 変わる事ができない
規格を優先する加工用に転嫁すれば 加工品が高騰するから 業者も輸入やその他に移行し 国内の農業が衰退化する
現在 規格外とされ流通しない作物を最小限にし 一般家庭用に流通させ 栽培ロスを減らし 価格を安定させることが必要

一般消費者 スパーなどで流通する野菜を 今で言う規格外にする それを好んで消費者が購入する世の中にならないと これらの問題は変わらない 変えられない

消費者が変わる事で 無農薬無肥料、除草剤不使用 減量になり 栽培耕作地が自然に戻る 食糧危機の心配が減る・・・ 消費者が変わるしかないと言う事ですよね 将来の子供達の為にも・・・・
   

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

新聞記事と しめ縄作り会の報告

12月15日、商経アドレスに 10月8日に開催された「沈黙の春60年後の現実トークセッション」の記事が紹介されました。

12月15日付け、商経アドレス

画像クリックで大きな画像で見られます
今回のトークセッションでは 日本蛍保存会や養蜂所、稲作農業者、子育て世代のママさんが 化農薬や肥料、除草剤の危険性に付いて訴える形でトークセッションが開かれました。
私は、日本国内で犬猫飼育家庭(所帯)が22.4% 未就学児童数に匹敵される数なのに 空き地や農地で無造作に使用される除草剤の危険性をお伝えしました。

日本と言う国は 人命優先・・何事にも人、人、人間・・・で 自然界の生き物 飼育動物の生命は二の次 時には無視・・・的な政策や規制が多い
しかし 自然界の動物、虫なども 生を持つ生き物です 人の為にと犠牲になるのは現代社会ではおかしいことと思いませんか?

収穫量や形や色の維持 旬以外の時期通年にわたり野菜を市場に流通させる為 多くの化学肥料や農薬が使われています 更に 除草剤や殺虫剤までもが・・・
人には害は無い!とされますが・・・ 
微量であっても 食酢ものなどから人体には蓄積され続けています 人だけでは無く野菜を栽培する地にも 地を介し川に海に流れ魚介類にまで
このまま続けると 何年か先には 地には何も育たない 川や海の生き物まで死滅・・・食糧危機がおとづれる事も危惧されています。

今回の様なセミナーやトークセッションを介し それらを買う消費する 消費者の方に伝えて行く事は大切と思います。

12月11日に腕白農園でしめ縄作り会を開催しました。
しめ縄とは 元々は神事 『神様のテリトリーを守る印』結界として使われ 現代では神聖な場所 魔よけ的な意味合いから お正月に玄関先に飾る風習になりました。

しめ飾り

玄関用・車用・神棚用など
今回のしめ縄作りは 神事用のしめ縄では無く 縁起物 魔よけ的な しめ縄飾りを作りました。

昔はどの家庭でも 収穫した稲藁でしめ縄を編みしめ飾りを作ったそうです 現在では年末に購入し飾るのが一般的ですよね
神聖であり縁起物、魔よけ的なしめ縄飾り 農薬や肥料、除草剤を使用した稲藁 それらが微着した稲藁で編んだ物では・・・一寸違うよね
農薬や肥料、除草剤不使用の自然栽培で育てた稲の稲藁 穢れの無い稲藁で 思いを込めて願いを込めて編んでこそ 新しい年 新年を迎えるお正月に、飾るしめ縄と思いませんか
腕白農園では 毎年 収穫の稲藁で来園のお客様としめ縄を編んでいます。

一家庭のしめ縄なら 稲藁一束で十分作れます 収穫後来園者の方皆様に無料でお渡ししていますが・・・残念な事に 希望される方が少ないのが現実・・・
家内安全・家族の健康・旧年の悔い改めと来年の抱負を 商いをされている方は商売繁盛・千客万来を願い 出来合いの既製品のしめ縄飾りでは無く 農薬や肥料、除草剤不使用の自然栽培で育てた稲の稲藁 穢れの無い稲藁で 思いを込めて願いを込めて編んは如何ですか
未だ間に合いますよ・・・稲藁は沢山あります。   

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月08日

冬〜来春採れ野菜と冬の作業

一昨年から大豆の栽培を始め 昨年は味噌や豆腐を作りました 今年は昨年以上の収穫 良い出来です。

大豆
大豆は、初夏植えの冬採れ野菜だけどね〜 晩秋〜冬の始まり頃の乾燥した時期に十分に干して鞘から取り出す・・・籾米と大豆は大切な保存食
年が開けたら 今度は醤油作り そしてソイミート作りに挑戦です。

さて 冬は路地野菜は収穫程度で作業としては余り無いかな・・・土作りの準備は既に終わっている
12月は果樹や庭木が越冬で休眠に入るから 選定の時期・・・
農園と自宅の植木が30本以上 果樹は葡萄が48本 それに柿・桃・梅・梨・林檎その他を含めるとやはり30本以上・・・数えたら気が遠くなる・・・笑

茫々に伸びた庭木

12尺の鞍掛け

パーゴラと葡萄
年内中には庭木と葡萄・・・年明けに残りの葡萄と無花果の剪定 剪定枝から苗木作り 雪が降ったり霜が降りる前には終わらせないとね〜

冬採れ野菜 大根、小松菜など・・良い出来だが・・・相変わらず ほうれん草はダメだな〜

ブロッコリー

キャベツ

白菜とインゲン
春キャベツは良い感じに捲いてきているけど・・・・白菜が開いてる・・・上手く捲いてくれない・・種まきが遅かったかな・・・今年は秋になっても暖かかったから大丈夫と思ったけど・・・
種まき 発芽から30日で葉が立ち始め 40日を過ぎると玉が肥大し始める・・・発芽から90〜100日で収穫
年末に収穫するには 逆算で・・・8月の盆過ぎ頃に種まきしないと遅いって事か・・・やはり遅かった・・・

年内の最後の植え付け定植は 玉葱・・・・盆過ぎに種まきをして苗作り 11月頃に苗床から 畝に植え替え定植させます

玉葱

以前は 苗を購入して 畝を黒マルチで被い定植していた 今は種から苗作りをしているけど・・・
一般的にはばら撒きで育て 間引きをして良い苗を作ります(私は間引きが嫌い未熟児でも育てたいから)
苗床を解し 良く育った物 未だ細い 未熟児・・・と植え直し 苗を育てます
大きな苗は11月初旬頃から 小さい苗が大きく育った頃11月末頃と2〜3回に分けて定植します
一般的には 図の様に 畝を作りマルチを被せ 畝に4〜5列で植え付けます 挿し方も玉の半分程度を埋める感じです
私は マルチを使うのを止め 無肥料自然栽培なので 一畝に3列植え付けで 玉が隠れる位・・深植えさせ 籾殻をまいて保温と保水が出来るようにして越冬
春先・・・雑草が生えかけた頃 雑草と共に表層の土を玉が見える程度まで土を除きます 玉が大きくなるように
良い苗で早く定植した早生玉葱は3月の終わり頃から収穫 春玉生で食べられます 
育ちの悪かった子や赤玉は4月中頃 中生は5月 中晩生は6月梅雨前に収穫 
中生は夏過ぎまで 中晩生は3玉づつ縛り カーポートの下で保管・・・・秋から冬・・・次の収穫まで食べられます。

苗の時 大きく育たなかった子(間引きされる子)は やはり玉は小さいですが シチュー等に小玉ごと入れたり
種の殆どは 大中小玉葱となり 無駄が無い・・・間引き利必要がない・・・・笑

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
 
posted by 腕白おやじ at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月06日

腕白米の特別限定販売のご案内

腕白農園では「愛知のかおり」「岐阜ハツシモ」「餅米」を 完全無農薬・無肥料・諸相剤不使用で 
ヘアリーベッチ(緑肥・根菌)とEM菌活性液・EM菌ぼかしだけで 自然栽培(昔ながらの栽培法)で育て
稲架掛け天日干し(シート養生)脱穀後は、籾付き米で保存 食す分だけ籾摺りをして お米に熱が掛からない 循環式精米機で精米をしています。

稲架掛け天日干し

循環式精米機
今年の収穫祭では 某ブランド米1s\1,200〜1,500円と 腕白のお米2種の 合わせて3種で食べ比べ会をしました。
本来は同じ条件で炊飯が望ましいのですが 羽釜も炊飯器も其々1個しかないので 今回は2回収穫祭を開催し 炊き方を変え食べ比べをして頂きました。

結果は・・・面白い事に 炊飯器で炊いたお米(食べ慣れた食感)に投票が集まり 1回目はブランド米が圧勝〜 2回目は引き分けとなりました
また 炊きたてはやはりブランド米が強いのですが 時間が経ちご飯が冷めると 愛知のかおりの方が甘い、美味しいと 好評でした。
流石にブランド米には叶いませんが 炊き方や次第・好み・冷めても美味しい・・・と言う高評価を頂き 満足でした。

食べたい!・・購入したい!・・とお声を頂きましたので・・腕白の無農薬.無肥料.除草剤不使用 稲架掛け天日干し、完全自然栽培米の販売をします。

同様に無農薬無肥料栽培をされている お米の産地直売の相場は、概ねが 1s\1,000〜1,200円 ブランド米では1s\1,200〜1,500円の様ですが・・・・
腕白農園のお米は、主に自家消費用ですが「愛知のかおり」と「ハツシモ」2種合計60sだけお譲りする為 数量が少ない事、
また お米選別機が無いので 若干傷米や緑のお米が混ざります・・・などから お安くご案内します。

★愛知のかおり(冷やご飯でも美味しいからお握りに向いています)
希望価格3s/2,400円(1s\800)  
★岐阜ハツシモ(すし飯に向いたお米です)
希望価格3s/2,550円(1s\850) 
販売数は 各種3s×10袋 60s限定販売 

腕白農園 腕白ファーム&フィールド会員様限定(入園料分の値引き)で先行販売を致します。
販売は 12月12日まで受付け致します 無くなり次第終了。
★愛知のかおり 腕白会員価格  1,800円(税込) 
★岐阜ハツシモ 腕白会員価格  2,000円(税込)

ご注文は、公式LINE@腕白農園から お名前とお米の種類・引き取り日を明記しご連絡下さい
お渡しは、籾摺り、精米し 18日クリスマス会 25日餅突き会に お渡しを予定しています、配送はありません。

会員限定販売受付終了後 余裕があれば 一般販売も致します。
価格は上記の希望販売価格 愛知のかおり3s/2,400円 岐阜ハツシモ3s/2,550円と成ります。
販売期間12月12日〜25日迄 年内に郵パック60サイズでお送り致します。
ご注文は、公式LINE@腕白農園から お名前とお米の種類・お送り先などを明記しご連絡下さい
尚 直接引き取り可能な方、遠方で宅配希望の方との平等性を考慮して 配送の場合のみ郵パックの送料から 志程度に成りますが200円を腕白で負担します。
特記/送料は郵パック集配基本価格とにります。

愛知県発の郵パック60サイズ基本料金表

画像クリックで大きな画面表示されます


−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

誠犬塾のブログ

Self-build(セルフビルド)で小屋を建てよう〜サポートブログ

DIYsupport Blog


 
posted by 腕白おやじ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月04日

しめ縄つくり 

毎年 自宅と農園 自動車とトラクター その他に母親とかに渡す物を含めると 5〜6個くらい編むかな・・しめ縄

昨年は 愛犬にもしめ縄編みました・・・笑・・・相撲犬みたいでしょ・・・笑

腕白農園の稲は勿論 無農薬・無肥料・除草剤不使用で自然栽培ですから 稲藁納豆作りにも最適な稲藁です。
稲刈り後に稲架掛け天日干しをするのですが 穂先の稲穂が乾き 元軸には日があまり当たらないようにシートをかけたり 一部日陰干しをしています。
そうする事で 稲藁が青いまま乾燥してくれます

脱穀後の稲藁
このままでは 荒縄網には良いけど 締め縄には適さないので 枯れた葉を取り除きます

選別
基軸だけにした稲藁を しめ縄用に選別 更に3つの束に分け それを一つに束ねて下準備をします

下準備
次に このまま編むと藁が折れたりするし ねじり難いので ぬるま湯に漬け 揉んだり叩いたりして柔らかくします

湯漬け
稲藁を漬ける桶・・・探しましたよ トロ箱では大きすぎるし 小さいトロ箱では長さが足りない・・・これならバッチリですね・・・笑

さぁ〜ここから編みこみです 三束の内2束を一束づつ捻りながら 束の捻りと反対巻きに2本を捻って行きます。
2本のよりが出来たら もう一束を捻りながら 間に捻じ込んで行き 3束の捩じりになれば編み込みは完成です。
編みこみ方法は ユーチューブでも色々と紹介されていますね 例えば・・・
参考にしてください

編んだしめ縄を 輪に縛り 飾りを付ければ完成です

完成
これを幾つか 大小作り 自宅や農園 トラクター等に飾ってお正月を迎えます

しめ縄作りも慣れたので 今度は・・・夏用に、草鞋作りに挑戦してみようかな・・・・笑



−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

誠犬塾のブログ

Self-build(セルフビルド)で小屋を建てよう〜サポートブログ

DIYsupport Blog
posted by 腕白おやじ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

腕白農園 進化する遊べる農園

先日 そろそろ農業所得を考えないとね〜さて、どうする?と言う記事を書きました、で、どうする?
そもそも農業で儲ける事って出来るの?・・
・・・・以下は参考資料・・・下の方に本題があります・・・
こんな資料があります 主要な露地野菜と施設野菜について、一反(300坪/10a)の年産での農業所得(粗収益-経費)とそれに掛かる労働時間です。(平成19年統計)

10a(1000u)当たり、年産での統計
売上から諸経費を引いた利益(所得)では、シシトウが143万円 茄子123万円 キウリ119万円の所得が見込める 
一反あたりなので 3反位(表記の3倍)あれば最低所得にはなる・・・と思えるよね?

品目別の粗収益と経費、所得(粗収益-経費)

それぞれの所得を労働時間で割って時給換算したグラフです
でも 栽培に掛かる手間 作業時間を考慮すると・・・所得の多い作物は手間が掛かり 自給換算すると効率は悪いと言える
利益がそこそこあり 労働時間の少ない物なら 栽培量を増やせば儲かる? 
例えば キウリ・ミニトマト・ピーマンが一見すると 費用対効果が有るが 一反当りで90〜100万円
2020年 平均年収の433万円にするには 4〜5反(40〜50a)の畑が必要・・・新規就農の条件2反(20a)では無理・・・
では 施設野菜(ハウス栽培など)ではどうかな?

10a(1000u)当たり、年産での統計。

品目別の粗収益と経費、所得(粗収益-経費)のグラフ

それぞれの所得を労働時間で割って時給換算したグラフ
イチゴやミニトマトなら 何とか所得になるかな・・・・しかし初期投資が必要だから・・・これもやはり採算は合わない・・・
資料参照元どの野菜が儲かるの?品目別の農業所得と労働時間まとめ
その他の資料
野菜の品目別反収一覧表! 農業で「儲ける」ために選ぶべき作物は?
野菜の反収一覧 2022年最新版
どう調べても 元々農家先代から農家で 1丁10反程度の農地を持っていて 既に施設や農機具等が揃っていれば 更に先代から農協との関わりがあり 出荷、市場ルートがあればの話し・・・・
腕白農園では そこまでの農地も無いし ルーとも無いし ・・・・・そんな広い場所で栽培する根気も無い・・・から 無理!
しかも 農協の推奨する栽培法 指定の農薬・肥料を使い 規格に合うものを作らないとダメ!
無農薬や無肥料栽培で 出荷、市場流通を考えるのは・・・更に難しい
先日も ハウスで無農薬栽培のほうれん草が 元気にすくすく育ち大きく育った しかし市場流通の規格(販売時のビニール袋)に入らない・・・事から規格外で出荷が出来ず 廃棄の危機・・らしい

従って 農業で所得を得ると言う事は・・・・・郊外で小規模農家の 腕白農園では無理! と言う結論になる。
自家栽培、自家消費で 食費の足しにはなるかな・・・程度かな・・・笑
・・・・・・ここからが本題・・・・・・

じゃ〜どうする 私の年金受給まで後2年半・・・夫婦で受給まで6年半
1.遊べる農園と腕白農園の無農薬無肥料自然栽培の野菜や果物の直売

遊べる農園・産地直売場
2.シェア農地(市民農園)・農業体験(栽培・収穫体験)・新規就農支援(農業実務経験と就農法)

腕白農業研修会
この2本立て 既に遊べる農園の今までのスタイルとして 愛犬の社会化施設 シェア農地はこれからも継続しますが 内容をもう少し進化させる必要が有ると考えています。

一昨年から 色々と構想をしている 遊べる農園・・・・
自然の中で 大人も子供さんも遊べる空間・・・市外や県外に行かなくても 近くでBBQやデイキャンプなど遊べる場所 仲間と交流や研修などの場所、レンタルスペース「遊べる農園 腕白Farm&Field」で紹介しています。
ただ やはり・・開園11年目 Dog Field腕白・・・ドッグランのイメージが強く 遊べる農園として広く知られていない 知名度が無い・・・・宣伝が出来ていない・・・宣伝はしてい無いから 必然だけど・・・笑

そして 本来の生業 農業・・・・・無農薬・無肥料の安心で安全な野菜や果物の産地直売・・・
これも 今までは来園者 主にドッグラン施設利用者様に、施設利用の付加的な間隔(サービス)で、安価に販売をしている範囲でした
無農薬・無肥料の安心で安全な野菜や果物の「産地直売」ですよ〜と言う 案内も宣伝もしていなかったので やはり知られていません・・・

大人も子供さんも「遊べる農園」&無農薬・無肥料の自然栽培野菜や果物の「産地直売」 を全面に打ち出し 皆さんに知って頂く事が必要ですね

無農薬・無肥料の自然栽培野菜や果物の「産地直売」は 栽培状況・収穫状況・只今販売中!・・等の案内に 新たに 産地直売専用の Instagram wowpark_net を設け 映像で案内穂始めました。
 
この投稿をInstagramで見る

長橋 有三(@wowpark_net)がシェアした投稿

フォロアー登録をお願いしま〜す。
情報配信・販売品などの問い合わせは 公式LINE@腕白農園お友達登録で ご利用頂けます。

まだ・・・・どちらも フォロアー数 登録数が、全然少ない・・・・笑
インスタ等は毎日の様に 興味の引く画像や内容を上げ続けないとダメらしい・・・・そう言う事のマメさが無いからな〜 困ったものだ・・・・笑



−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

誠犬塾のブログ

Self-build(セルフビルド)で小屋を建てよう〜サポートブログ

DIYsupport Blog
posted by 腕白おやじ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記