腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2022年11月28日

選択肢をいかに増やせるか・・・

経営者落第生の腕白オヤジです。
Facebookで経営コンサルティングをされている方(以前在籍していた経営者研修塾の先輩)が 毎日5分セミナーをされています。
昨夜で連続966日目 【新たなビジネスは、選択肢をいかに増やせるか?が鍵となる。それには「置き換えの思考法」が必須となる。】でした。
内容には 新たな選択肢3つの案を考えるには 各30種の素案・アイデア・思い付き・・・等などと関連する事柄を含めると 約100位の素案が必要と言われています。
逆を言えば 3つの選択肢にはその基になる素案が30種あり 変化させる30種の方向性が有ると言う事ですね

先日の記事「そろそろ農業所得を考えないとね〜さて、どうする?」に関連する内容でしたね〜(講演者の意図と合っているか不明・・笑) 

私は、未来を見すえて 55歳に事業変革をしました・・・と言うと聞こえは良いけど・・笑
私の場合は 定年後の仕事と生活を考え お気楽人生を迎えられる様に 1業種では無く 関連した別の事業の複合様式 @農業(自給を含め) A農地の余地で愛犬の施設 B前職の木工・・・と考えました。

関連する別の事業・・・・何か矛盾している様に聞こえるけど
関連と言うと同類と思い勝ちですが 同類では一つがダメになると 連鎖する事が有るので 関連性は有るけど全く別物にしておく必要があります。
@農業とA愛犬施設は 全く異なる事業ですが @の余地を活用するAであり Aの顧客様が@の顧客にもなりうる 更に@やAの顧客様の要望で 犬小屋や愛犬の玩具 農機具や収穫物の保管保存等の木工製作と言う具合に 別事業で関連が持てる様にしました

55歳〜65歳までは 主にAの愛犬施設の収入で生計を立て(7割程度) @の農作物の自給で補い(2割程度) Bは有る意味趣味(1割程度)と位置付け
65歳以降は Aと@の割合を移行して行く計画を立てていました 

現在62歳 来年の春で63歳に成るので 
Aの愛犬施設から 愛犬に拘らず 人・・大人から子供さん勿論愛犬も楽しめる 「遊べる農園」と言う施設に内容を拡大 移行する(基の選択肢の一つの案)
@の農業を 体験など参加型(シェア農地・体験農地の拡大)と、収穫量を増やし産地直売を増やす
Bは元々付帯的なので 現状維持だが 受注を増やすのでは無く @Aの施設補修や道具・機械メンテを外注にせず自己で賄い 支出を抑える(支出が無ければその分の売上は不要)

当初の計画 65歳定年期までの目標(年金受給までの所得確保と蓄え)の達成と 目的(年金受給までに環境を整える・・・気ままでのんびり暮らせる生活環境整備)を整える事にあります。

その為にも 社会の変化に伴う事業変化を常に進めています、一般的に言う現状維持や保守は・・・衰退しか無いと思っていますから。
 
 
−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

posted by 腕白おやじ at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年11月25日

そろそろ農業所得を考えないとね〜さて、どうする?

2015年の年末に新規就農 翌年2016年春から果樹園を造成し苗を植え 育成から6年
葡萄は 未だに集荷に至らない・・・栽培地を一寸過酷に作り過ぎたかな・・・育ちが遅い
林檎・梨・桃・無花果はそれなりに育ち 収穫量も自家消費では消費出来ない程に成って来た

フェイジョア

キウイ
路地野菜も 管理受託の田畑も増え 稲(愛知のかおり・餅米)も約5俵超の収穫に成って来た
路地野菜も じゃが芋・薩摩芋・南瓜・大豆・黒豆なども 消費量を超える収穫に成った

黒豆

南瓜
以前から 農園利用者様に収穫野菜や果物の販売はしていたが 少量で農業所得とは言えない程度
収穫野菜や果物を使用しての加工品(焼きケーキ)は比較的売り上げには成っているけど・・・大した量ではない。

腕白マルシェ

施設内販売所

加工食品や果物
元々の計画が 年金受給者に成った時 年金で十分な生活(年金+自家消費)が出来る様に 計画して来た事だから 農業所得を主に置いていなかったからな〜
副業(以前の生業はDIY支援や木工)も縮小・・遊べる農園(愛犬の施設)のお客層も様代わりして来ているし 施設自体も老朽化して来ている・・・

農業を始めた訳だから 消費農家で終わるのはね・・・副業(遊べる農園・シェア畑)で少量の販売、利用料で生計を立てるのではね〜 やはり違う
そろそろ 本気で農業所得を考える時期に来た様に思う・・・さてどうする?・・?・・

Facebook等のグループでのネット販売は少しだが増えて来ている 
確かに 昨今は無農薬・無肥料栽培の安心で安全な野菜や果物に興味の有る方は増えているか・・・

いわゆる市場では 作物の品質管理面から 完全な無農薬や無肥料栽培品の流通は困難・・・・
農協指導の栽培法(減農薬など)や有機認定品は 農協や農林水産省のお墨付きで 市場に出ている
従って 有る程度の耕作面積や収穫量を持つ生産農家・認定農家は 無肥料・無農薬と掲げられるが・・・
小規模農業や就農者には 市場流通は無理で ネット販売や色々な所で開催されれる「〇〇マルシェ」に出展と言う方法になる
飲食店で言えば 保健所の営業許可(行政認定)を持つ店舗=市場商品と 露天商(購入者責任)=ネット販売やマルシェ出店 と似た様な物・・・

腕白農園も いわゆる露天商・・・基本購入者責任・・・だから 販売商品に対し信頼されるか・・・販売者が信頼を得られるか・・・と言うことに成る・・・・信頼度は?   ・・・笑

先ずは 農園ホームページでの告知 案内からだ・・・・しかし ホームページの閲覧者 訪問者は限定される・・・
ツイッターインスタグラムは 不特定の方に見て頂けるが・・・訴える力が無いと フォロアーは増えない 見てもらえない・・・
最近 多くの店舗でも取り入れている 公式@LINE も来店者の囲い込み リピーターには効果は有るが 新規訪問者は少ない
収穫野菜や果物の情報発信に特化した インスタも始めたが・・・・フォロアーは少ない・・・

世の中NSN(Social Networking Service)が支流に成っているが・・・これが なかなかのもの・・・
使いこなすのは 難しい・・・・さて どうする・・・?

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

誠犬塾のブログ

Self-build(セルフビルド)で小屋を建てよう〜サポートブログ

DIYsupport Blog
posted by 腕白おやじ at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年11月17日

ドッグランは、何故少ない? 儲からないから・・(笑)

お陰様で腕白ファーム&フィールドは、旧ドッグフィールド腕白から 開園11年になりました
良く続いたものだな〜と、自身でも思います 一重に皆様のお陰です ありがとうございます。

愛犬からリードを放ち 自由に走らせる・・ボール遊び・・フリスビー・・レトリーブ・・・・・
愛犬達は 楽しいよね〜 見ている方も愉しくなりますよね〜

今回の記事は 超〜〜〜長〜〜〜い です (笑)
3話構成になっています・・暇な時に読んでください・・・笑

ドッグランの運営 経営は厳しい ペット業界では常識 誰も手を出さない事業とも言います。
ドッグカフェやペットショップ 愛犬と泊れる施設・・等が主で サービスの一環など併設するドッグランはありますが 単体のドッグランだけと言う施設は・・・本当に少ない!

開園したと思うと・・何時の間にか廃園していた施設も多い
愛犬クラブなどのドッグスポーツの練習場 練習の無い時間を有料ランにしているから不定期の営業と言う所も少なくない・・・

何故少ない? 
経営者や起業が、元々広大な敷地(土地)を所有し 借地料が発生しない環境の場合を除き
街中や街郊外でドッグランを営むと 広い敷地を要しその地(雑種地)の借地料が高額で 費用対効果が薄く、経営は難しい(利益が出ない)からです。

街中や郊外では無く 街から離れた「山林」や「雑種地」など借地料の安価な場所をを借りて営むしか(ゴルフ場や遊園地の様に)方法が無いと言われています。
一見すると 牧場の様に見えるドッグランですが 犬は家畜ではないので農場をドッグランにする事も出来ません 
そもそも農場(牧場)は田畑同様に農業(酪業)者(有資格者)しか農地を持つ事が出来ません 資格の無い個人や事業者は勿論 借りる事も買う事もできません

日本に 公的(市・県営)施設以外の 民間営業のドッグランは運営が厳しい 場所が無い等が 施設数の少ない最大の理由でもあります
犬猫飼育者は 全世帯の22.4%と言われている5世帯に1世帯は飼育世帯 愛犬飼育世帯は7世帯に1世帯弱の割合 
愛知県の犬の飼育登録は432,025頭 因みに小学校児童数405,839人 愛知県の最新の保育所数は、1,322(施設)です ドッグランは公営民間合わせても 35箇所前後しかありません 少ないと思いませんか・・

−−−−−−−−−− 休 憩 タ イ ム −−−−−−−−−−


ドッグランの運営実態は・・・・ 
一般的な民間の有料ドッグランは 余程山間部や田舎で無い限り 飼い主と愛犬の利用料は1.500円程度が平均的な価格と思います
ドッグラン以外に主たる商いがあれば 若干ドッグラン利用料は安くなりますが・・・私の知る限り、安価な所でも 500〜600円位でしょう

何故一般的な価格が1,500円が多いか・・・
例えば街郊外(一宮市の外れ)で約230坪の土地を借りると 坪/500円で月額の借地料/115,000円位が相場と思います。
借地料+営業経費+利益(経営者の取り分)を加え 施設設初期投資備償却(借り入れ返済)を加えると 月の売り上げが 最低でも600,000円(損益分岐点)が必要となります。

約230坪の施設で 平均的な利用料1,500円で 月売り上げ600,000円で計算すると 月辺り400人の入場者数となります 営業日数25日 平日の利用は少ないから 週末の土日曜日で約80〜90人の利用者が必要になります。
多頭飼育の方も居ますが 1日3回転(1組3〜4時間の利用)で常に駐車場が12〜15台分必要となると 駐車場や建て屋を除いた ドッグランの広さは 150〜180坪程度となり 一頭当りの占有面積は 若干狭く感じますよね、
かと言って 広さを倍にすると借地料が増え 損益分岐点と言われる金額が50%増になりますから・・・さらに厳しくなります。 

私が以前営んでいた腕白フィールドは 上記の230坪の敷地 借地料は月/115,000円 駐車場8台 利用料は飼い主様と愛犬1匹/600円(平均の半分)でしたから 上記の計算の集客数は 培の800人が必要でした。
勿論 そんな数は見込めません 多い時でも目標(800人)の半分400人・・それ以下でした

愛知県の犬の飼育登録は432,025頭 一宮市の育犬登録数 24,649匹 
顧客名簿から算出 年間利用者数月1回利用で 多い月の400匹で計算すると 一宮市の登録頭数の約1.62% 
実際には近隣の市からの利用者も多く 一宮市在住の利用者割合は その半分以下でしたから 0.8%程度 1%にも成りません。

仮に一宮市の飼育犬の10%の愛犬がが月に一度利用して頂ければ 2,465匹(組)×600円=1,479,000円なので 年商17,000,000円になり 十分利益が出ます・・夢の様な数字・・・・笑
実際の利用者は一宮市登録数の1%弱ですから 246匹程度×600円=月/147,900円程度 
近隣の岩倉市・小牧・稲沢・・・名古屋市 岐阜市等からの利用者 合算しても1.5培程度・・大した金額にはなりません

これらの条件を加味すると やはり 平均的な価格1,500円程度は必要と言うことですね 
しかし 平均価格では来園者が更に少なくなり やはり採算は取れない 営業は難しくなります

その位 有料の民間ドッグランを利用する方が少ないと言うことです。
そもそもドッグラン(無料も含め)を利用する飼育者数が少ない・・・登録犬数の10〜15%が現状ですね
毎日愛犬の散歩はされますが 散歩中顔見知りの犬や人との交流程度で 広い場所で走らせたり 運動させたり 他の知らない犬や人との交流をされてい無い飼育者が・・・全体の80%位・・社会性の乏しい飼育犬が圧倒的に多いと言う事です。

この数字は・・日頃から多くの犬や人と交流をしていない 愛犬の社会化の乏しい飼育犬が 大規模災害時 愛犬同行避難を余儀なくされた時 避難所で問題に成る原因にもなります 心配ですよね。

−−−−−−−−−− 休 憩 タ イ ム −−−−−−−−−−


旧ドッグフィールド腕白は、上記の事からも単独ドッグランでの継続は無理でした。
運営母体のキングスワークショップ(DIY支援事業)の展示場と言う形で 何とか運営をしていましたが 230坪の借地料は大きな負担と成っていました。
社会の変動で DIYに対する環境も変化(大型ホームセンターのDIY商戦参入)・・・ドッグランを継続する事は本業にも負担となり 廃業も検討する中 継続する術も多面に探っていました。

狭いフィールドではこれ以上の集客(売上)は望めない 現在の230坪の借地料も負担 広くすればなお負担が増える・・・・・・解決策は 広い敷地で 借地料が不要・・・な条件しか無い!
先に書いた通り 元々広い敷地(土地)を持っていて(借地料が不要) 主たる商いがある(生活費が賄える)環境でなければ ドッグランは存続し難い・・・と言う条件です。

この時 ドッグランの継続思案とは別に 老後の年金暮らし生活(定年退職後の職業・2000万円問題など)方法を模索
何時起きても不思議ではないとされる 東海・南海・東南海 3連動地震の大規模災害時の自身を守る自助法 を考えていました。
このブログの第一話 2015年 今年の指針がスタートでした

@老後の生活・A災害時の自助・B愛犬の施設継続・・・・この3つが全てに当て嵌まる策が 農家に成る・・・農家に成れば全てが解決すると言う方法でした。
2015年3月 農家に成る為には

@老後の生活職業 農業者として半自給自足(消費農家)生活 自宅を農地の近く郊外へ移住
A大規模災害時の避難場所(農園)と 収穫物の保管(お米や芋類など)が非常食として活用できる
B果樹園を運営し 果樹棚の下余地(約600坪)を活用し 愛犬の施設  
旧自宅を売却し資金とし、自己資金を加え総予算で 農地を購入、自宅の移住、移転費用等を含め 自己資金の範囲で済み 借金も無く 勿論〜借地料も無い 全てが構想通りに叶いました。

この計画で一番難点だったのが・・・・農地を購入し農家になる為の 新規就農の申請でしたね〜
今思えば 懐かしいけど・・・・(笑) 

2015年1月に今年の抱負 指針と決め動き出したが・・・・10月に成っても全く進まず・・・八方塞だ・・・でした。
そして 忘れもしない 農業委員会の役員さんとの面談・・・・一歩前進 暗礁を何とか乗り切れた模様
そして 2015年の末・・・・願いが叶いました クリスマスの日に許可書が・・クリスマスプレゼント

年明けから 移転と移住・・・・大変でしたが 夢がかなったので愉しくて・・・・
最大のイベントになりましたね〜 (笑)

長〜〜〜〜〜〜い 記事を読んで頂き 有難うございました。

posted by 腕白おやじ at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年11月14日

2022年 収穫祭 新米試食会

今年も腕白農園で、農園利用者様、農園の支援者様をお迎えし 収穫祭を開きました。
今回は 皆様の都合がなかなか会わず 13日と20日 2回の開催と成りました。

初日の13日は 生憎と天気予報は雨・・・・やっぱり引きが強いのかな・・・
お集まりの時間は未だ振っておらず、食事中は降りましたが屋根付きテラスなので大丈夫、お帰りの時間は雨も小雨で 特に問題なく開催が出来ました

収穫祭の開始です・・・

今年は 愛知のかおり・岐阜ハツシモの二品種を栽培しました
お櫃が3つ・・・・笑 
1つは 岐阜のブランド米「龍の瞳」1s/1,200〜1,500円もする 高級米です
銘柄を表記せず 味比べ会です・・・お櫃前の入れ物は投票箱・・・・さて、今年のお米の出来はどうかな?

ご飯のお供は? 全てマコモタケの料理です。

5品と漬物・佃煮です

真菰の金平・真菰のメンマ

手前から 真菰のオムレツ・青椒肉絲・サラダ・八宝菜
勿論 野菜は腕白農園の無農薬・肥料栽培収穫野菜です

小さなお子さんも 野菜を嫌がらず食べてくれましたね〜

息子と孫

来園のお子ちゃま

お米は各種5合炊きましたが・・・粗完食・・・おかずも粗完食・・・して頂けました。
良かった・・・明日から毎日同じ残り物ご飯かと・・心配しましたが 売切れでした・・・・笑

さて お米の食べ比べの投票結果は・・・・・・
皆さん随分 悩んで投票・・・

結果は、龍の瞳5票 ハツシモ2票 愛知のかおり1票・・・と成りました 
明らかに違いが有り「龍の瞳」に全て投票なら その差は歴然ですが・・・・ 
嬉しいな〜 悩んでもらえると言う事は 腕白米も「龍の瞳」劣らずって事だよね〜
自然栽培で、稲架掛け天日干し 炊く前に籾摺り精米のお米は やっぱり美味しいって事ですね〜

今回の食べ比べは、お米の弾力(硬さ・柔らかさ)、甘さなど・・・好みの差で投票が分かれた様です。
一応に 愛知のかおりは 冷めても美味しいと言う感想を頂きました
品種の差が出た様ですね 炊き立てが美味しい龍の瞳 粒がしっかりしているハツシモ(すし飯・丼・オムライス向き) 冷めても甘くて美味しい 愛知のかおり(お握りに合う)・・・・と言う感じですね。

収穫祭にご参加頂いた皆様 本日は有り難うございました。
また 20日の収穫祭も宜しくお願いします。

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

誠犬塾のブログ

Self-build(セルフビルド)で小屋を建てよう〜サポートブログ

DIYsupport Blog
posted by 腕白おやじ at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

冬に成る前の作業 大豆収穫と稲の脱穀

11月中頃・・・・この時期は、畑や田圃の作業は・・・玉葱(晩生)の植え替えを残し 概ねが終わる
その後12月〜年明け頃は 果樹の手入れの時期 葉が落ち休眠に入ってから 剪定をします。

11月初旬は、稲架掛け天日干しから約3週間・・・稲の脱穀です

移動して来た稲

藁が絡むのを解して

脱穀後の藁
自宅前はそのまま脱穀が可能なのですが・・・・農園横の田圃はハーベスタがゴムキャタなので移動が出来ず 稲をリアカーで4〜5回往復して移動・・・
原付バイクに牽引リアカーで運ぶ 意外と楽ちんで快適 手頃・・・これも先人の知恵だね

余談・・・そもそも リアカー(リヤカー)は日本が発祥 元々荷車、大八車、馬車だったが 欧米からバイクが伝わり サイドカーをヒントに考案され 更に手頃にと自転車の後ろに繋いだ事から リアカー(リヤカー)と命名されたそうな・・・・

以前作った運搬車は、車高が高くハーベスタの乗せ降ろしが危険 それに前二輪動力での操作は小回りが利かない・・・やはり作物や資材運搬車だね・・・農機具の運版は 頑丈なトレラーをトラクターで牽引が良い様だ トラクター牽引トレラーを製作中ですが・・・今年は間に合わずでした。

本題に戻すと・・・11月中旬 大豆の収穫 畑で弾ける前に収穫して 数日天日干し
パチパチ爆ぜ出したら 鞘剥きをします 
大量に栽培される方は 大豆用の脱穀機や鞘取り機を使われますが 小規模の場合は 昔ながらの足踏み脱穀機を使ったり 大きなシートで干して 網を被せ足で踏んで鞘を割り 選別するようですね
我が家は 母ちゃんが内職のように 鞘を割り 選別して竹笊に仕分けしています

黒豆の枝豆・・・黒豆で残す物を除き 取り損なった物(枝豆には既に硬い)を加工します

鍋で茹でて薄皮を取り

ミンチャーでミンチ状に

米子を繋ぎに混ぜて
ソイミートを作りました・・・が 豆としては未だ若く ソイミートにするには余り合わないようでした。

今年も大豆は豊作・・・笑
昨年は 米味噌 麦味噌の二種を 荒潰しと しっかり潰した物 4種を作った 豆腐もね
今年は 醤油とソイミートを作る予定

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

誠犬塾のブログ

Self-build(セルフビルド)で小屋を建てよう〜サポートブログ

DIYsupport Blog
posted by 腕白おやじ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年11月11日

一寸 意気消沈・・・・でもやるよ

昨夜は、流石に寝付けなかった・・・・

就農して農家にまでは 成らないが・・・ずっと手伝ってくれると信じていた
地味でこつこつやってくれる人だったので 10年・・15年後? 私が動けなくなったら 全部譲っても良い位に思っていた・・・
普段でも余り感情を出さない人だが 夏過ぎから 何となく様子が変だな〜と思ってはいたけど・・・・・

会い方の人が・・・・NSN上でごく最近カミングアウトされていた・・・・
それでも プライベートな事なので あえて聞かなかったけど・・・・
先日、脱穀作業の日 未だ作業は続くのだが 昼から所要が有ると帰る時・・・
嫁が「・・・どうなってるの?」と問うと・・・
「一宮を引き払い 白川に引っ越す」と言うではないか
そうか・・・仕方が無いな〜 おいおい状況を聞いて、手立てを打つしかないな〜と思い その場は返した・・・

夕飯が終わり どうも納得が行かず Messengerで 「何時頃引っ越す? 収穫したお米どうする? 持って行くか?」と尋ねたら・・・
返答は「25日に仕事を納め 27日に引っ越すから 26日に取りに行きます・・」正に 寝耳に水の入るごとし・・・でした
おいおい 2週間後? そんなに急な事なのか? 今日、妻が問わなければ 何時言ってくれたんだ・・・と心の中で呟いた・・・
農作業で特にトラブルも無かった・・・と思う そう思っていたのは私だけか?
本人は滅多にNSNを使わない・・・相方は最近多く発信していた その内容もちょと気にはなっていた・・

彼は、当初2畝から始め 約50坪 その後は100坪 無耕作放置田圃を開墾再生し 稲作も始め 徐々に広げていたから やる気は有ると信じていたよな・・・
トラクターも 小型の安価な物を買う予定だったが 管理農地も増え 手伝ってくれると信じ オートジャイロ(自動水平)の19馬力を購入(予算は培だった)
たかだか 200坪程度の田圃 苗床も8〜9枚 自作してもしれているが 苗床を作る機械(手動)を貰って来て 来年は稲苗も作る計画だった・・・

稲作の展望は 一反の田圃を管理受託して 一反に4〜5名のオーナー制稲作(参加者お米2俵)で徐々に増やして行く計画もしていたが・・・・独りでは・・・二条田植え機・一条刈り・稲架掛けなどの管理が無理かな・・・断念するしかない!
もう一人 一緒に農業をと志す人がいたが その人は持ち家近くの農家さんと本格的に耕作を始めた 最近の事は解らないが・・・やっているだろ
また独りに成った 振り出しだな・・・

自身が動機が不純で始めた農業者・・・・本気で農家を目指した訳ではなかった・・・
1.愛犬達の為にもっと広い場所でドッグランが出来ないか・・・2.老後の生活環境を考え 年金暮らしになっても半自給自足で 気ままな生活が出来る環境は・・・・と考え 
1.2どちらが主でも無く 卵が先か 鶏が先か・・の様に考え 試行錯誤で辿り付いた方法が農家だった

農業を始め 見えていなかった事柄が見え 農業の奥の深さ 自然栽培に目覚め 美味しいお米 旬の野菜の美味しさ・・・・・
元々 物作りや育てる事が好きだったから 正に開物政務って感じで
人に雇われる、る頼る事が苦手 何でも自身でやる 独立独歩
思った事はとことんやる・・・素人以上玄人未満・・・初志貫徹
想像から創造・・・が理念であり 生き様とおもっている
そんな事から・・・私自身が 苦労をして新規就農したから 最低でも一人・・・新規就農者を送り出したい 送り出す・・のが夢 
新規就農の時 私の背中を押してくれた 農業委員会の方への恩返し・・・初志貫徹・開物政務

さぁ〜 また 一から始めますか・・・農業に興味の有る方 是非 相談に来てください 全面的に応援しますよ・・・
posted by 腕白おやじ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年11月06日

ブログアクセス件数

こそこそ更新しながら配信をしているけど・・・閲覧者は増えない・・笑
最近は ブログよりライブな Twitterinstagramが支流 Facebooより増えていると思う
3つ共にアカウントは持っているけど Twitterやinstagramの記事アップが 週に1〜2回程度では少ないよね
ブログの更新数は 概ね月に1〜3件 多い月でも8〜10件だからね〜

腕白ファームNOOMIN奮闘記ブログ

8月のアクセス数と訪問者数

9月アクセス数と訪問者数

10月アクセス数と訪問者数

腕白ファーム&フィールド

8月アクセス数と訪問者数

9月アクセス数と訪問者数

10月アクセス数と訪問者数
どちらも 毎月粗 1500〜2000アクセス 500前後の訪問者数 この数が一般的に多い方なのか 少ないのか まぁ〜一般的にこなん感じなのか・・・・解らない・・・笑

先日 Facebokで面白い現象を見た・・と言うか 気付いた・・・
@日常ネタ A農業ネタ B愛犬ネタ C社会ネタ Dその他のネタ・・での「いいね」の数を見ると 大きな差が出ている事に気づいた。

やはり「いいね」がダントツに多いのはB愛犬ネタでしたね・・・・笑
愛犬自慢より 日常の愛らしい表情を紹介する記事では 2日程度で50以上の「いいね」が付き コメントも複数頂ける
次は @の日常ネタで しかも料理の写真が付いた記事だね 日常ネタでも趣味思考ネタは 共感される方だけだから その内容で随分異なる

Aの農業ネタも やはり興味の有る人は見てくれるけど そうでない方は閲覧のみで終わるかな
残念なのは Cの社会ネタ 私は社会の出来事に対し 批評 非難や中傷は滅多にしない 社会ネタの殆どが災害時 地震などの大規模災害時の避難所 避難生活などに付いてが多いけど・・・・「いいね」は少ない

ブログに関しても 同様に言えると思う 
腕白ファームNOOMIN奮闘記は 私が新規就農に挑み 新規就農して 農業者と成り 奮闘している様を記事にしているからな〜 
農業・・・特に 新規就農に興味の有る方は見てくれるだろう その次に 昨今の流行り 家庭菜園や有機栽培に今日者有る方 どちらにしても 農に関連される方が殆どだからね

もう一つのブログ 腕白ファーム&フィールドは 果樹農園と栽培棚下の余地で営む 愛犬の社会化施設の案内 商用目的のブログだから 農園利用者特に 愛犬家の方が殆どと言う事になるよね

ブログもTwitter、instagram、Facebookも自己満足の世界で 自身の記録・・・日記みたいなものなので 閲覧者が多いだの「いいね」の数が多いだの・・・余り気にしては居ないけどね

ただ 思うのは・・・・
災害時に関する記事 情報発信に予想以上に 思ったより 興味をもたれないのは驚いた・・・
一般の方は 日々の生活に追われ 1日1日が楽しければ・・・良し・・・なんだろうな〜と感じる
今は良いけど 平時はそれて良いけど 若しもの時 有事には今の生活が一変する 激変する事になるのだが・・・
そんな事 滅多に無いから・・・・今を楽しむ・・・・なのかな・・・・・

人・・・夫々 其々 様々・・・・ 

 

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

誠犬塾のブログ

Self-build(セルフビルド)で小屋を建てよう〜サポートブログ

DIYsupport Blog
posted by 腕白おやじ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年11月01日

トラクター牽引トレラー 大作戦・・・

今年の3月頃、農産物などを運ぶ 運搬車を作りましたよね〜
農家のF−1(Farmer-1) Vol-1 レストア編



廃棄物として譲り受けた 牽引車をレストアして 管理機と繋ぎ ナンバーを取得して 公動走行も可能にしました。
しかし この管理機での牽引は運転が難しい・・・
小回りが利かない 荷台が高く農作業車(田植え機・バインダー・ハーベスタ)の運搬には乗せ辛い・・・
やはり 手道具や収穫物篭などの運搬車ですね・・・

次の課題は、Farmer1より手軽な弟分と 重い物を運べる兄貴的な運搬車が必要・・・
1.原付バイクに牽引するリアカー作戦 2.トラクターでトレーラーを牽引して 農作業機器の運搬車を作る計画です。 


リヤカー

トレーラー
リアカー牽引は 原付の荷台に取り付けマウントを付けて繋げるだけ 何の問題も無く 改造は可能でした。
しかも 原付にリヤカーを取り付ける事は 道路交通法で原付は時速30km以下で 車検も無く リヤカーは原付の一部としてみなされ ナンバーの取得も不要 後は リヤカーをレストア お化粧するだけです。

問題は トラクターでトレーラーを牽引する事です これはトラクターの後部に 牽引用ヒッチメンバーの取り付けが必要で 此れがなかなかの難点・・・

一般的な牽引ヒッチ

ボールヒッチ牽引
トラクターの牽引は一般的には 画像上の様なヒッチを付け トレーラーの先 丸フックをつなぎ牽引します。
しかし 廃車で譲り受けた牽引車は 自家用車でジェットスキー等を運ぶトレラー 接続ヒッチの構造が異なり トラクター後部にボールヒッチを取り付けなくては成りません

トレーラーの先端部分 ボールヒッチタイプになっています

トレーラーの受け

市販のポールヒッチ
市販のポールヒッチは 自動車の後ろにヒッチメンバーを取り付けて牽引します
トラクターの牽引ヒッチを取り付けるボルト穴の位置とは異なるので 一枚プレートを挟んで このボールヒッチを取り付ける方法を選択 

トラクターの牽引ヒッチを取り付ける箇所は 凡そ180×180mmで 6個のボルト穴があり 市販のヒッチ取り付けは 70×120mmのプレートに4つボルト穴があります

詳細

ヒッチメンバー取り付け寸法
トラクターのヒッチを取り付ける位置は FL40mmで トレラーの高さも凡そFL40mm粗同じでした
180×180mmの厚さ10mm程度のスチールプレートに トラクター取り付けボルト穴6箇所と 市販のヒッチ取り付けボルト穴4箇所の穴を開けて 双方を繋げれば筆致の取り付けは可能と思います。
ただ 一枚のプレート接続では 引っ張り強度が心配・・・・アングルなどでリブを溶接して強度を増す事が必要に感じる・・・・・が 自家用低電圧溶接機ではこの厚みには対応しない・・・

コンバインなど重量物を運搬するには それ相応の強度が必要と思うけど 一条用田植え機、バインターは軽いし ハーベスタ(籾摺り機)は重いけど コンバイン程では無いから・・多分大丈夫

但し トレラーにはナンバーの取得が必要 車台番号は有るが・・・廃車証明が無い
トレラーの車検も 走行時速が 30km未満で不要・・・
トレラーの入手先 元の持ち主から譲り受けた 譲渡証明が必要だが・・・元々が廃棄物 持ち主不明・・・
譲り受けた解体業者から 廃棄物を譲ったと言う証明を書いてもらうしか方法は無いな・・・

年に田植え、刈り取り、籾摺りの3回だけど 農道以外の公道を渡る訳だから ナンバーは必要だからね〜
合法に何でもやら無いとね・・・軽車両bフ取得は必至! 

今年の籾摺りには間に合わないけど 来年の田植えや稲刈り、籾摺り時期までには完成させるぞ・・・完成後にはまた報告します こうご期待下さい。



−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

誠犬塾のブログ

Self-build(セルフビルド)で小屋を建てよう〜サポートブログ

DIYsupport Blog
posted by 腕白おやじ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

稲架掛け雨合羽と秋の農作業

稲刈りも終わり 稲架掛け天日干し・・・約3週間・・・今年は 秋の雨が無く 良い感じに乾燥しています。
しかし 脱穀前1週間の時期に・・・・台風の影響?で 雨の予報が出ました・・・・急遽 稲架掛け雨避け雨合羽を被せました。

自宅前の田圃

農園横の田圃
自宅前は特に問題は無いのだけど・・・・農園の横田圃は・・・・・
稲架掛けの後ろに 稲架掛けより高い雑草が・・・目立ちますね〜

稲架掛けの横

はんにょ干しの横
凄い雑草ですね〜笑 笑い事じゃ無いです!
元々 この農園横の田圃は種田で 一面が雑草まみれ・・・酷い状態でした
毎年 この放置無耕作田圃の雑草には悩まされ 無農薬栽培の果樹(葡萄)が偏西風で飛んでくる 雑草の種花粉・・・それらに乗って虫までも・・・
果樹は病気に成ったり 虫の餌食に成ったり 毎年全滅状態でした・・・・
農業振興課に幾度と苦情を申し立て 草刈を依頼してもらいましたが・・・種田は約50坪位で40軒以上の地権者・・・一向に改善されない・・・・いっそ野焼きしてやろうかと思う位でした。

農業振興課から手紙が届いたと 農園横の地権者で、たまたま知り合いが方が居て 相談に乗って頂き 両隣の地権者に声を掛けて頂き 3軒約140坪の種田の管理受託が得られ 田圃の再生と成った経緯が有ります。
農園横だけでも再生出来 若干被害は減少しましたが・・・その他の地権者からは 何の声も無く・・・・相変わらず草茫々・・・・もう少し広い範囲で管理出来れば 果樹の被害が更に減少するのですが・・・

無理な事は無理せず・・・自己防衛〜 刈取りは秋・・周囲から雑草の種が飛来します、そのまま放置すれば来年も草茫々の田圃に成ります・・・
青年の稲作は、秋の耕転から始まる・・・・とも言われています

秋の耕転
更に 除草効果 雑草抑制が有るとされる ヘアリーベッチの種を田圃一面 畦にもまきます。
冬の間は雑草は余り生えません・・・来春に芽生えるのですが ヘアリーベッチは秋に芽を出し 越冬して春先には田圃一面を被います。
田圃に振り落ちた雑草の種が芽吹いた頃には 一面を被い雑草の生長を抑制します 田植え前にヘアリーベッチを漉き込む事で 緑肥となり 根菌は稲の栄養となり 雑草の抑制にも成ります。

さて 秋の収穫・・・・

薩摩芋

その他の収穫物
今年の薩摩芋は例年の半分位に抑えました 収穫後2ヶ月が一番美味しいのですが・・・越冬が難しく 毎年幾つか腐らせてしまうので・・・収穫量を抑えました。
12月〜1月に 食したり 焼き芋など加工をして保管をすれば 芋のまま越冬させる必要が無いので 加工や保存場所(冷蔵・冷凍)のキャパの範囲にしました。  



−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

誠犬塾のブログ

Self-build(セルフビルド)で小屋を建てよう〜サポートブログ

DIYsupport Blog
posted by 腕白おやじ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記