腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2022年09月18日

独り言・・・・読まなくても良いよ〜笑

今回の独り言は・・長くなるよ〜 面倒臭いから読まなくて良いですよ〜 笑

私は、幼少期からSF映画やTVドラマが好きでした 特にスタートレックが好きでしたね
このドラマで一番印象に残っているのが「光生命体」の話です
光生命体は「過っては生身の肉体を持っていたが 肉体が有ると多様に執着があり欲望の世界 理想的な世界にはそれらが無い」(こんな感じだった記憶)と語る 
その頃は 何の意味なのか良く解らず 単にドラマの一話に過ぎなかった。

高校生になり仏教学校に進学 宗教と言う授業があり 最初は仏教に付いてかと思って居たけど 宗教全般(仏教・キリスト教・イスラム・その他)の話で 意外と面白かった。
神は丸い地球に 人の生き方を説く為に 幾人か神の子を地球上に降ろした・・・キリスト教も仏教も その地の環境に合う教えを広めた・・・と言う感じの話だった
うん! 確かに キリスト教にも旧約と新約聖書が有り カトリックとプロテスタント 仏教にもお釈迦様が生まれる前と後 そして大乗と小乗仏教と 語法・伝え方は異なるけど 言っている事も 作法も 酷似しているな〜と思った
その後も 光生命体の事や 宗教特に仏教とキリスト教に関して 興味はあったけど・・・特に信仰も無く 漠然と宇宙の真理? 不思議と言う感じていた

そして スターウォーズの映画を観て 所々に?マークが一杯・・・笑
暗黒の世界 ジェダイ フォース・・・見る角度では宗教間が満載・・・
更に 漫画 ドラゴンボール ・・・サイヤ人の孫悟空 神ピッコロ 地球の上に天界があり その上に更に神の域が有る・・・見る角度で 宗教感が満載・・・笑

確かに仏教の教えの中に 六道界とその上の聖界 十界の教えが有る  
六道界とは 地獄 餓鬼 畜生 修羅 人界 天界の6つで いわゆる天国とは天界で 輪廻転生している世界
聖界とは 声聞界 縁覚界 菩薩界 仏界 の4つで 耳にする極楽浄土 浄土界を言います
漫画 孫悟空では ちゃっとこの域を取り入れた 内容になっています・・・笑
スターウォーズでも 世界を救うのは パドラ ルークスカイウァーカーの母 阿弥陀卿
仏教の教えに 弥陀の18願と言う物があり 良く似ている・・・
宗教に関し興味が増しまし・・・特に 仏教に関心が・・・

幸いにも 我が家は 祖父母から仏事に信仰心があり 祖父は神社仏閣を作る宮大工だった 
そのお陰で 色んなお寺に伺う事もあり その中でも禅宗の修行寺 妙興寺さんとの交流があり 住職様のお話や 修行僧の上の方まお話を聞く機会も多く なお更 仏教には興味がありました。

仕事に追われ 40歳を過ぎた頃には 仏教どころか宗教に関して疎遠になっていた・・・が 心の何処かに 光生命体の謎?は残っていましたね・・・笑

平成18年(2006年)突然に 兄が「今までの持論は間違っていなかった・・・」と目を光らせて 私に色々と話し干して来た・・
兄も幼少からやはりSFが好きで 色々と調べ宇宙の真理・・なる持論を展開 何か有ると持論を語っていたからな〜笑 まっ・・私もその影響で 興味が有ったのだろうと思う

そして兄に誘われ 何の疑いも無く 法話を聴講・・・・・あの光生命体の謎が解けた・・・瞬間だった
そう あの六道界の上 聖界のお話だった
人の魂は 幾度とこの六道界を生まれ変わる 輪廻転生 永遠に輪廻し続ける
しかし 六道界の上 聖界に往ける方法があるそうです。

1つは、『阿弥陀経』に説かれている以下の3つの条件を満たすことです。
1つ目の方法 @一日数万回念仏を称える A臨終に心を乱さない B臨終に阿弥陀仏にお迎えに来て頂く  
もう一つは、『大無量寿経』に説かれているように、仏教を聞いて、生きている元気な時に六道輪廻の根本原因を断ち切られることです。
お経にはこのように説かれているそうです
一つ目の方法は 僧侶が日々お勤めをし精進する姿です もう一つの方法は 後生の一大事 後生の解決は 「弥陀の本願をたのみ、他力の信心を決定すべし」といわれているのです。
そして 往く所こそが 極楽浄土・・・・魂の世界 光生命体と言う事ですね 謎が解けました

でももう一つの謎が出来ました 聖界 極楽浄土へ行く方法・・・ですね
「弥陀の本願をたのみ、他力の信心を決定すべし」と説かれています
弥陀の本願とは お経の中に説かれている、阿弥陀仏がなされた四十八願の中の、十七願と十八願の一部です。
設我得仏 十方衆生 至心信楽 欲生我国 乃至十念 若不生者 不取正覚 唯除五逆 誹謗正法
(意訳)私が仏になったならば、どんな人も私の与える信楽の信心を獲て念仏を称える者が、もし私の真実の浄土へ往生できぬことがあれば、私は仏の座を捨てよう。唯、五逆罪と正法を謗る者とは、除く。

他力とはみずからの力によらないで,仏・菩薩の力によって救われること,とくに阿弥陀仏の四十八願,別しては第18願による救済をさす。
浄土教では浄土門・念仏行を他力とし,聖道(しようどう)門・余行を自力(じりき)とする。
また他力を他力本願の意とし,本願によらないものを自力とする。
と説かれています
先の浄土に行く方法の2つの方法 1の自力で 2が他力本願と言うことですね

悪人正機(あくにんしょうき)は、浄土真宗の教義の中で重要な意味を持つ思想で、「“悪人”こそが阿弥陀仏の本願(他力本願)による救済の主正の根機である」という
阿弥陀仏が救済したい対象は、衆生である。
すべての衆生は、末法濁世を生きる煩悩具足の凡夫たる「悪人」である。
よって自分は「悪人」であると目覚させられた者こそ、阿弥陀仏の救済の対象であることを知りえるという意味と解釈できる

悪人とは 阿弥陀仏の光明に照らされた時、すなわち真実に目覚させられた時に、自らがまことの善は一つも出来ない悪人であると気づかされ その時に初めて気付かされる「悪人」と言う意味。

って事は 善人とは すべての人の本当の姿は悪人だと言われているから、「善人」は、真実の姿が分からず善行を完遂できない身である事に気づくことのできていない「悪人」 気付いて無いだけの人・・・・

まだまだこのお話 仏事のお話は続くのだけど・・・・ 割愛しますね・・・また機会があれば・・・

で、思う事は 要は生きているだけで悪行であると言うこと・・・・
食べて行くために、生き物を殺生する訳だし 生活費の為に働き欲が出て煩悩だらけ・・・・
生きてゆく中で人との関わりでも 本音 建前・・疑ったり・・愚痴・・色々と思う事さえ 悪行
何をやっても 考えても・・・・・悪行三昧・・・ なんか悪代官みたい・・・笑

仏の道? 出家して僧侶・・・・浄土にへ行く方法の1つにもあるけど・・・・ね〜

他力に頼る為には・・・ご縁しか無い! 親鸞聖人の様な方に出会うしかない・・・・
その為には 寝ても覚めても 南無阿弥陀仏を唱える・・・
そして、この全ての悪行を少しでも減らせる術はないかな・・・と考え

先ずは 物事に対する執着を可能な限り捨て 煩悩を減らす生き方 自然と共生する生き方 昔ながらの生き方
農家になり 稲作や野菜の種をまき、農薬や肥料を使わない自然栽培で育て 自給自足・・・とまでは行かないけど・・・ぼぼの生活

そして 今までの悪行の懺悔? 少しでも悔いるために 精進には程遠いけど・・情けの回し向け
災害時の時 大難が中難 中難が小難になる術を、一人でも多くの方に伝え 啓蒙すること

これが 今の生き方です 

posted by 腕白おやじ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記