腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2021年11月13日

今年の新米はどれだけ採れたのかな・・

今年も新米の時期になりました・・・
私は農家新米(新規就農5年目)ですが・・・(笑)

一昨日、昨日と2日で脱穀をしました 麻袋で12袋・・・まずまずの量です

脱穀

ハーベスタ

稲藁
無農薬の稲藁です・・
普通の稲藁でもホームセンターで驚く値段で売られていますよね・・・
腕白農園では、販売はしていませんが、農園利用者様、一宮市民活動団体ノーティーファームの関係者(イベント参加者様含む)の方には 無料でお渡ししています。

いよいよ 籾摺り、精米です、先ずは農園の横1年目の稲を摺ります 。

籾摺り

精米(循環式)

白米と米糠
20年近く無耕作放置された、草茫々の田圃・・今年は初回 雑草は予想以上に生え 複数回雑草抜きをしました。
刈り取りの時 残った雑草も稲と一緒に刈られたけど・・・
脱穀の時に 極力雑草を除けて 脱穀はしました。
雑草の種も殆ど混ざってないようです
害虫による黒点も少ない様ですね〜


新米
粒も 小さい物も少なく 良い感じです。
1年目にしては 上出来だと思います。

今年の収穫は以下の通り
@自宅前約100坪 今季3回目 籾付き米収獲量 183.3s
A農園横約120坪 今年1回目 籾付き米収穫量 173.5s 
愛知のかおり苗 8枚 @3.6枚使用 A 4.4枚 使用
採れ高 @を1とすると Aは約8割 となった
流石にAの今年初めての稲作は 3年目の@に比べ少なく約8割程度でした
@の1回目の時も採れ高は少なかったが 2回目3回目で収穫量は増えた

合計籾付き米 356.8s(100%)
籾摺り後玄米 約285.5s見込み(80%)
精米後はく米 約256.9s見込み(72%) 
約171.2升 お茶碗(0.5合) 3,424杯分・・・(笑)

朝はパン食 お昼は5割粉物(小麦製品)で 夜は間違い無くご飯だから 概ね1日の平均は1.5杯程度かな・・・と言う事は 年間で550杯分
夫婦二人(嫁は約半分)で約850杯 41〜42升 62.25s・・・もっと食べてるな・・(笑) 

合計籾付き餅米 45.3s(100%)
籾摺り後玄餅米 約36.3s見込み(80%)
精米後はく餅米 約32.6s見込み(72%) 
約21升 一升伸餅21枚分

就農5年目 稲作3年目・・・
誰に習った訳でもなく ネットで調べ 自己流〜 笑
上出来・・上出来・・自家自賛・・・笑

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
腕白ファームでは 市民農園菜園利用方式、体験農園(主に腕白農園が耕作する農地で指導を受けながら栽培する市民農園)を設けています
農に興味の有る方は 栽培を楽しみたい方は ご相談ください





また 放置無耕作農地の 農地維持管理の依受託(小規模農地半反以内)も受託管理しています
農地の管理が出来ない 親からの相続農地で耕作予定がない方はご相談ください
但し 管理可能な農地は 腕白農園より移動徒歩30分以内 車で10分以内となります

現在 広域の農地管理が可能になる様 協力者を求めています。

N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)では
 農業体験者、農業研修会の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい

★ 申し込み方法
可能な方は 直接ご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください
審査の上 腕白ファーム会員の入会、農業体験者、研修生のお知らせを致します。

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       

posted by 腕白おやじ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記