腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2020年03月04日

N.A.W 腕白農業研修会Vol-2

N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)
新規就農 農家に成る事について、皆さんが疑問に思う事などについて お話をして行こうと思います。

第一話では 農家に成るために必要な費用はどの位必要?・・についてお話ししました。

第二話 農家に成るまでにどの位の日数が必要? についてお話します

新規就農は 就農の条件 耕作農地20aを取得する為の 申請を地元自治体の農業振興課に出します

農地を買う事や借りる事が出来るのは 農家のみですから
次に 地元の農家さんの集まり 農業委員会で面接にて 農家としての認定審査となります

審査が通り農家認定されれば 先に出した 農地取得に関する申請が 県に送られます 
許可が下りると 農地の取得が可能となり 農家となります。

農業振興課に申請書を出し 農業委員会の面談 県に送られ 許可が下り 許可書を受理するまで 概ね3〜4か月必要と思います。

かと言って 誰でも申請を出せば 審査れるかと言うと そんな訳はありません
審査に必要なのは 
1.農業に関する知識と実務経験(基本は一般的な農作物の栽培知識と実際に栽培した実務経験) 
2.就農計画(耕作農地購入計画・主に耕作する品目 栽培方法など) 
3.就農後の営農計画(3年後5年後10年の経営計画) 
この3つが必要です。

1.の知識と実務経験とは 
基本的には 市場で流通する野菜(米も含む)の栽培方法の知識 机上学習に成ります
農作物は 春植え秋収穫 夏前植え冬収穫と 種植から収穫まで一年を要する物もあるので 最小で通年の一年は必要となります。
一宮市では「はつらつ農業塾」と言う市が開催している場があります
一年間のカリキュラムで 栽培知識の学習と実習農園を行います
次に 認定農家での実務栽培をします 勿論一年を通しての栽培実務となります
従って 最小で2年 実務経験2クール行えば2年なので3年が必要となります

2.就農計画とは
実際に農家として商いをするる事になるので 耕作農地の確保(購入先と資金調達方法)
主に栽培する品目とその栽培方法(土造り・種や苗・肥料など何を使うか その費用と費用捻出方法)
栽培をするに必要な農儀用機械(トラクター・管理機・田植え機など)農具(鍬など手道具)資材(支柱・ネットその他必要な資材)の購入費 資金調達方法
初年度は収穫物が少ないので 生計を立てる手段と費用の捻出方法 

3.営農計画とは
初年度〜3年までの 栽培と収穫計画 収穫品の販売方法 収益目標 生計計画
3年以降5年程度においての 農地計画 農地の拡張や栽培品目を増やすなどの計画 それに伴う 収益目標
初年度から5年後までは 具体的な数字での計画となります
継続して農業を営む為の10年後の展望 こうなっていたい こう成ると言うビジョンですね

これらが現実的かどうかの審査となります
夢物語・・あきらかに机上の空論では 農業委員会審査は通りません
農業委員会の役員さんは 数十年農家をされている ベテラン玄人ですからね

農作物の栽培知識を学び 実習 実務経験 就農計画を立て 申請 審査 許可が下りるまで
実習中に計画や申請書を同時な進め 申請したとしても 
就農までに 少なくとも 2〜2年半は必要になります。

問題は この2〜2年半は単純に考えると 無職 所得無し にもなります
農業塾は平日開催で 毎週若しくは隔週開催されます
また 実務実習は 農家の条件とされる 耕作日数150日ですから・・・
お勤めをしながらは到底無理と言う事になります

その他の方法は 農業法人に就職し 実務経験を積み 独立就農という方法もあります
農業法人とは一種の会社なので 一応給与はありますから 無職にはなりませんが 独立まで何年かは未知数です

その他の方法は 民間の農業研修 アグリ事業団体で学ぶ方法もありますが やはり研修日数が必要で しかも学費が必要になります
研修中は他の定職は難しく アルバイト収入に頼る事になります 
行政の農業塾同様に 就農まで2〜2年半は必要かと思います。

因みに 腕白農園の私は・・・
新規就農まで自営業を続け 仕事の合間に農園で研修はしましたが 実務経験は0年です  
農業委員会の面接で 栽培方法、知識の説明と 就農計画、営農計画のみで 農業委員会の審査を得て 農地取得許可 農家に成りました。

勿論 元の仕事をしながら 栽培方法や知識については 徹底的に研究しましたが 無職の期間もなく 申請から許可 就農まで 就農後も 既存の商いを続けていますから 就農までの日数も0日です

どうやって・・・・・
それは N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop) でお伝えします


【お知らせ〜】

そろそろ果樹の苗木を植樹する時期になります 路地野菜の種まき、苗植え時期も近付いて来ています。
N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)では
 農業体験者、農業研修会の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい

★ 申し込み方法
可能な方は 直接ご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください
審査の上 腕白ファーム会員の入会、農業体験者、研修生のお知らせを致します。

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

 
posted by 腕白おやじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記