腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2019年10月14日

初めての稲刈り

10月 随分涼しくなってきましたね
腕白農園でも 夏や歳の収穫が終わり 秋植え 冬収穫の野菜の準備をしています。

夏にはジャングルの様だった吊るし西瓜の畑も 耕し 小松菜 ほうれん草など 冬野菜の種まきをしました。




秋茄子も沢山採れています やっぱり 秋茄子は美味しいですね 


稲穂も随分 頭を垂れました 実ってます
古代米も 随分良い色に成りました


9月中旬

10月10日頃 

稲は未だ穂が青いのでもう少し置きます この地方では10月20日頃が 稲刈りの時期だそうです

餅米は随分良い色に成って来たのと 台風19号接近で 急遽稲刈りをする事としました
うるち米は 若干水分があっても 炊飯器で炊いて食べるので 多分 大丈夫と 時間も無い事から言い聞かせ 見送りました・・・(笑)


一条刈りバインダー

稲架かけ干し 

昔は良く見かけましたね〜 もう随分 このあたりでは観てい無い気がします 
田舎や山間部では今でも観ますけどね

現在 何処でも 稲刈りは農協経由で委託し 農協のサイロで人口乾燥、籾摺り 粒選別される為 稲架干しは殆ど見ません
一箇所に集められると、言う事は・・・混ぜられるって事ですよね
農協から受け取る米は 実際誰が育てた米か解らないって事ですよね

折角 農薬も使わず 肥料も前年に撒いた蓮華草と有機肥料のみ 自然栽培をしても 農協に入れば 混ぜられてしますのです
そんなの嫌だ〜 と言う事で 腕白農園では 自分で稲刈りをして 稲架かけ干しをして 籾採りをして保存し 食べる分だけ 籾摺りをし玄米に 精米し焚く事にしました

稲架かけ干しは 稲穂を乾燥させるのが目的 雨や夜露で濡れては困ります
養生シートをかけて 台風対策に強風でも倒れないように ロープで固定しました。

 

雨が降って居ない時には シートを外さず 元に束ねて干します



 

稲の茎は ストローのような構造で 切り口は口が間ています
稲架干しは 穂を下にするので 切り口が上 上下が逆さまの状態なので 雨が降ると 切り口から水が入り 細い経路をたどり 稲穂まで水分が届くと 観想が遅れてしまいます
なので 雨が降って居ない時でも 切り口部分は覆いをします。

予想に反し 餅米もうるち米も 良く育ちました 一寸 粒か小さい木もしますが・・ 
初めての稲作だから 内心 取れ高半分も有れば良しとおもっていたのですが
このまま行けば うるち米は 二表半 150kgは採れそうです
餅米も 約一俵 50kgは採れそうです 楽しみです

無農薬、有機肥料 自然栽培で育てたお米です 安心なお米です
干した後 籾採りをして そのまま冷暗保存し 必要分を籾摺りをして玄米にします

美味しいご飯は 精米して直ぐ焚いたお米が最も美味しいとされます

因みに 市販の米の購入には 収穫時期(新米・古米)に拘るより 精米して何日経っているかが大切です
昨年のお米でも 良い保存状態であれば 精米後直ぐ食べれば 美味しいらしいです

【お知らせ】

腕白農園は ペレットストーブの販売代理店もしています ペレットストーブの記事です
ペレットストーブ業界最安値の サイカイ産業のペレットストーブを取り扱っています

 

腕白農園経営母体 キングスワークショップ ペレットストーブのページをご覧ください
取り付け工事も承ります 間も無くシーズンに突入します シーズンは注文が殺到しますので 今がチャンスですよ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

 
posted by 腕白おやじ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記