腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2019年08月31日

新しい苗木と葡萄うんちく

農園やフィールドの余地に 新しい果樹の苗木を植えました。

1つ目が グラブアップル(姫林檎)ネビルコップマン バラ科りんご属の果樹です




 

2つ目は カルシュームの木 オレンジ実 バラ科サクラ属 梅の仲間だそうです




 

どちらも果樹ですが 生食には不向きで ジャムやジュース リキュールに向いているようですね

さて生食と言えば 葡萄・・・腕白農園の主力果樹です
苗木を植えて4年目 少しは収穫できていますが・・・・


今年

昨年 

しかし収穫できたのは 本来収穫できる量の1割程度です
昨年は 葉ダニ、黒星病、カメムシ・・・鳥にもやられましたね
今年は 葉ダニは何とかクリアーしましたが 黒星病には悩まされました・・

生食用ぶどうは 一般的には 複数回の病気防止、害虫駆除に農薬散布
更に 種無しを作るために リベリン処理・・・・薬漬けになります。
有機肥料と無農薬での栽培は 本当に難しい・・・

農協や農林水産省の栽培法をみると 散布の時期で残留農薬は無いと書いてありますが どうだろう・・・疑問です
また 種無しのリベリン処理は 科学的に作られた植物ホルモン剤・・これも ホルモン剤と言う事で 発癌性が心配されています。
特に 乳癌の心配だそうです。

ブドウの 種無し処理は 軸から種に繋がる組織が成長しない為 種が出来ません 
従って 実を軸と繋いでいるのは皮自体に成り 粒が大きくなると落下する
その為 完熟前に収穫されます

ブドウの果実は 他の果樹と異なり 収穫後の追い熟しなくても甘みは持っていますから 完熟前の収穫でも美味しいとされています

しかし 本来の状態で 種有りであれば 実と軸はしっかり繋がっている為 完熟させる事は容易です
必然と 甘さも凝縮されます
極論ですが 玉子の黄身を成長させず核のみが残り 後は全て白身・・と言うのが種無しぶどうです

日本は 癌患者が 昔と比べ 現代は多いと言われています・・・その原因が 農薬や植物ホルモン剤、遺伝子組み換えなどの影響ではと危惧されています。

腕白農園では 果樹の休眠中 新芽が出る前に EM菌ボカシ肥料と共に 葉ダニの予防薬を少量を消毒剤程度に根にまいています。
発芽後 花が咲く頃から 実が膨らむ時期は 農薬を使用せず EM菌(醗酵玄米アミノ酸)の散布のみとしています。

可能な限り無農薬、化学肥料は使用せず 有機栽培 自然農法で育てていますが・・・・
収穫量は 以前伸びません・・・
もっと 木自体が強く成長してくれるまでは我慢しか有りません

今年も少しの収穫でしたが 断然 甘い 美味しい葡萄です そして 安全です
  
これからも 腕白農園は 有機栽培 自然栽培で 頑張ります。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

 
 
posted by 腕白おやじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2019年08月29日

初めての稲作Vol-2 稲の花

稲作100日目 田植えから60日頃の8月中

中干し


 

今年は試しに 黒米を4株だけ植えました


 

観て解りますか 稲の色も 大きさも違います

稲作120日 田植えから70日頃 8月盆過ぎ



 

うるち米 普通のお米は茎が膨らんできています 中には稲穂かな・・




 

餅米は稲穂が出始めました




 

これから 小さな花が咲くんだろうな〜 今までじっくりと見た事が無いので 楽しみです

花が咲き 稲穂が膨らんでくると・・・「実るほど頭をたれる稲穂かな」を思い出します

この諺 色々な事を経験し学び 立派な方ほど謙虚な姿勢である と言う意味ですよね
稲作を始めるまで 自分もその様な人に・・と思いました

しかし 実際に稲作を始めてみて感じた事は

稲穂が重く垂れる それまでに多様な世話が掛けられているんですよね
土作りに始まり 元肥料、返し、代掻き場を作り 玄米から育てた苗(今回は農協に委託)
田植え 水の管理 雑草の草刈・・・・
でも 稲穂が出たら余り草刈をしない それは 周囲からの害虫を止める防御草に生るからです
昔は 雑草を生やさない様に 大豆を畦に植えたそうです 大豆の事を「畦豆」と言ったそうです
昔の農家さんは その畦豆で 味噌を作ったと聞きます。

「実るほど頭をたれる稲穂かな」は 稲穂が大きくなる為に どれ程手間隙をかけ育てたか 
謙虚な人に生るように親が どれ程手間隙をかけ子を育てたか 
そして その恩を知る人は 謙虚に成れるって事何だな〜と感じました

改めて 生んでくれた事に 育ててくれた事に感謝です

稲だって 手間隙を掛け育てなければ 良い稲穂が出ません 勿論、軽い稲穂は 頭を垂れません
最近は 機械化 化学肥料、化学農薬(除草剤・防虫剤)で手間を掛けず かつ過保護に育てています

今回 有機農法で天然肥料のみを使用し 除草剤を使わず手刈りをしています 害虫予防はEM菌(醗酵玄米アミノ酸溶液)を水から自作し 噴霧器でまいています
小さい田んぼ(半反)でも大変です

人の子を育てるのも同じ 学校や塾に依存・・委ね 親は余り手をかけない 
確かに塾や恵まれた環境で育ち 頭の良い子は育ちますが・・・
「実るほど頭をたれる稲穂かな」の謙虚さ・・と言うより 単に頭でっかちと言うだけ
何だかな〜と感じる 今日この頃です


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

 
 
posted by 腕白おやじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2019年08月27日

有機栽培 畑の様子

畑の様子も随分サボってますね〜(笑)

今年から 自宅前にも新たな畑を作りました


 

其れに伴い 自宅前農具小屋も作りました
小屋と言うより はったてテントですけどね (笑)

畑では色々な物が育っています




ジャガイモの花

柿農園

庭のガーデンコート
 


畑の余地に なにやら 不思議なもの・・・これは何でしょ(笑)






 

燻製器なんですよ
折角 野菜の有機栽培穂始めたので それらと食するソーセージやベーコンも自家製をと始めました
天然塩で漬け 桜のチップ 炭で 温燻製 なかなか美味しいですよ (笑) 

初夏 色々な物の収穫が始まりました


西瓜

トマト・キュウリ

トウモロコシ 南瓜
 


今年は 西瓜は吊り下げ栽培で 非常に甘いスイカがたくさん取れました
残った苗を路地で栽培したのですが 長雨で水を吸いすぎ パンクしたり 大きいのに水っぽく甘く無い物が出来ました
西瓜は吊り下げが最高ですね


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

 
 
posted by 腕白おやじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2019年08月25日

葡萄の様子〜レインボーぶどう

今年で3年目 4年苗に成りました

今年も沢山の花を咲かせています








 

昨年は 葉ダニにやられ 黒星病 カメムシ・・に随分やられたので
今年は 新芽が出る前に 葉ダニ予防をしっかりとやりました
お陰で 葉ダニはほとんど出ませんでした

白桃は 沢山生りましたよ 数珠生りです
沢山 滴実したのですが・・それでも多く 粒は小さくなってしまいました
それでも 沢山甘い 白桃が取れました


 

葡萄も 色付き始め レインボーカラーに成っています


 

深紫のピオーネです 色着く前は 薄い黄緑色なのですが 段々 色が濃くなり
緑 ピンク 赤 紫・・と粒毎に変化してゆきます

これが観られるのは ぶどう農園だけですね 楽しいです


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

 
 
posted by 腕白おやじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2019年08月23日

初めての稲作Vol-1

昨年 長年放置されていた水田をお借りして 稲作に挑戦する為に 造成した事を書きました。

以前の記事は 水田作り開始 水田と畑の土作り です

この記事以降 ちょっと さぼっちゃいました (笑)
その後 の様子を一気に紹介 (笑)

先ずは 水田の命 入水口と排水口の改造です








 

以前の田んぼは高く 水が入り難いとの事で 耕作地を下げた分 入水路も下げました

今年5月中頃に 昨年撒いた蓮華草に加え 鶏糞やその他勇気肥料鋤き込みます 


 

5月28日 用水の水位が上がり 入水開始です
しかし やはり水位が足りません 水止め板を作り 水を止めて入水








 

何とか 水が脹れました

次の作業は 代掻きです
私の元にあるトラクターは随分古い機種なので 農協で最新式のトラクーを借り手の作業








 

凄いんです すべてオート ジャイロ機能で トラクターが傾いても 慣らし部分は常に水平を保ってくれます
更に ハンドルを切ると勝手に均し機が上がる・・・・いちいちレバーを操作しなくてもよいんです
最新式は凄い (笑)

代掻き1週間後に田植えをしました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
       



にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

 
 
posted by 腕白おやじ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記