腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2015年12月26日

クリスマスプレゼント

12月24日 クリスマスイブに 待ちに待った プレゼントが届きました



農地法3条 農業者資格 これで農業者としての許可が出ました やっと正式に農地が購入できます。

購入予定の農地売買の契約は既に済んでいますが 契約の特約 農地法3条の許可後に 残金の決済 土地の権利書の受理と成っています。

12月29日 火曜日 大安に 媒介の不動産屋さんと 売主 買主(私と嫁)とで決済が行われます。

今年の年頭から 記録として書き始めた ブログから丁度 一年になります 長かった様で あっという間のようにも感じます。

年明け早々から 農地改良 果樹園として造成を始める為に 今日から 重機や業者さんの車両などが入れる様に準備を始めました。

2ヶ月間と限られた期間に 果樹園造成から 施設の引越しと タイトな作業が続くことになります。 
この季節 寒いですが 雨はあまり降らないと思って居るのですが・・・最近の暖冬で微妙です。

現在の施設からは 東に 1.5km程度 車で5〜7分程度の位置になります



お時間のある時にでも 場所の確認をお願いします 若しかしたら 作業中にお会いできるかもですね(笑)
posted by 腕白おやじ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年12月22日

緊張しました・・・

今日は 農業委員会の役員の方と最終面談でした

会場に入って しまった・・・と

コの字型に配列されたテーブル 正面には 農業委員会の会長 副会長 ・・・と役員名の表示
左の列には 農業振興課の課長から担当者の方数名
右の列には 事務方の方々・・・

勿論 皆さん背広にネクタイ

私は 作業服のまま・・・・やってしまった

この時点で やや圧倒され 背中には 寒い筈なのに 汗がたらたら・・

農業振興課の方が 私の紹介と申請までの経緯を簡単に説明した後 私へ 計画や概要を説明下さいと振られました。

・・・・こんな経験 始めてかも30年以上前 就職で会社面接の時でも 社長、専務など3名だったからな
ここは 何時もの通り フィールドで愛犬家の皆さんに ワンチャンの話しをする時の様に 行くしかないと

深呼吸をして 大きな声で 持論をぶちかまし〜だと 思いを力強く伝えました。

前回 事前面談でお話させて頂いた方もみえ うんうんと頷いて聞いておられた事が ある意味 励みになりましたね

少なくとも 同調して頂ける方 是非 挑戦して下さいと言って頂いた方が 同席しているのは心強かったです。

色々と質問も有りましたが 想定内の質問で 明確に伝えられたと思います

その中で 販売計画は・・と言う質問に 
「地元JA 千秋農協でお話した時 収穫量が少ないので JAでは取り扱いは出来ないと言われましたので 直販を計画しています」と言う話に 
皆さんが 苦笑いをされ そんな事言ったのか・・と小声で隣の方と話していたのが 面白かった(笑)

そんなやり取りで 終始 前向きに進み 会長さんが他の方々に どうですか 宜しいですか と言う問いに 皆さん頷かれ では頑張って下さい と面談は終わりました。

農業振興課の方が 廊下で 今日付けで許可と成ります 許可書など事務処理が有りますので 24.25日には連絡を入れますので 庁舎の方へお越しいただく事に成ります・・と伝えられました。

農地法3条 農業者資格の認可が通ったと言う事ですよね・・・やった〜これで 夢が叶う

長かったな・・・・・夏以降 暗礁 堂々巡り状態が続いた頃は 流石に凹みましたが・・・
喰らい付いて 事前面談まで持ち込み 持論をぶちかました事が 結果と成りました。

応援をいただいた皆さん そして 色々とお世話になった 不動産屋さん 計画当初から話を聞いてくれた 同級生の友人 本当に皆様のお陰です 有難うございました。
posted by 腕白おやじ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年12月21日

葡萄栽培研修 剪定

明日はいよいよ最後の決戦・・・農業振興課 農業委員会の面談です
どんな質問が来るのかな 想定しても仕方が無いので 思うがまま伝えるのみです。

さて 今日は 葡萄栽培の良し悪し 収穫の良し悪しは 剪定に始まり剪定に終わる・・
と言う事で 選定法に付いての研修に行ってきました。

教本 葡萄栽培法と言う 書物では一通り学習したのですが 実際に剪定を真直で見るのは初めてです。

こちらが2年苗の剪定後





3年苗の剪定後の様子です



5年以上の自然剪定後の様子





良く見ると ちゃんとしたルールと言うか 規則に沿った選定がされています



主幹から 第二枝 更に次と 法則が有り 1本は先に 次は戻りに 



水が流れる水道管と考えた時 元の主幹から分岐する 更に次の分岐と 管は細くなりますが その長さが一定に成ることで 水の通りの圧が一定に成ります



分岐の間隔を間違って剪定すると 一部に沢山の水が流れ 他の方に水が流れない

栄養が偏り 同じ木でも 違った味 大きさに成る訳ですね・・・凄いな〜



主幹から2方向に枝を伸ばし そして更に2方向 戻りと 進む方とで 6〜8系統で 一定方向に規則正しく枝が伸びるように剪定します



来春 新しい芽が出て 花が咲き 実がついた時 一列に並んで実がなるので 手入れや収穫の作業性がよくなります





棚が均等に埋まるように 枝を広げるのですが 右左と交互に伸ばし 1本は主幹の方へ もう一方は先に這うようにします





若し 系統が悪くなった場合は 次の系統が回るようにしておくことも大切です



素人目には 折角の枝 切ってしまうのは惜しい気がするのですが 来春 新しい芽が出て枝を伸ばす為には 必要なこと 出来るかな・・・・・(笑)



腕白ファームでは このような感じに棚を作る予定です



一般的な 葡萄農家さんの棚より高い 下に十分な余地が出来るようにします



このような感じに成るまでは 3年・・・5年先ですね 気が遠い話です(笑)

来春 実際に苗木を植えますが 1年目は2系統をきちんと定め 伸ばすだけで終わります

そして 2年目に棚に乗せて 2系統を更に 2つ系統を作り左右に分けて その他の枝は摘み 伸ばしてゆきます
冬に 3年目花を咲かせ 実を付ける枝をイメージし剪定する訳ですが 想像がつきませんね〜

とにかくやってみないと解りません 何だか ワクワクして来ました(笑)
posted by 腕白おやじ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年12月15日

果報は寝て待て2 15年を振り返り

果報は寝て待て・・・
寝て待つっ なかなか寝られないですよね(笑)
そんな訳で待つ間に この10年を振り返ってみました。

2000年10月に家業の建築業から離れ 飲食業で起業しました。
KingsCafeと言う名前で アナログレコードで 1970年〜80年頃の音楽を流していました
私が大学生だった頃 憧れたCafebarのイメージでしたね〜

昼はCafe 夜は CafeBarとして だんだん売り上げが上がり 経営の目処が付き出した 2002年6月 飲酒運転の取締りが強化された・・・売上はたった1ヶ月で 1/4に激減 夜の営業は閑古鳥が鳴く状態・・・

起死回生にとビリヤードの台を店内に設置して PoolBar に 売上は若干回復したけど・・・深夜営業で毎日数時間しかねることが出来ず 昼のCafeを閉める事に・・
追い討ちを掛けるように 離婚・・・
平日の昼は アルバイトに出て 週末は明け方までPoolBarの営業で 体がボロボロ・・心もボロボロ 

そんな時に立ち寄った ホームセンターのペットショップで 売れ残り 店内を歩き回る ゴルちゃん(店の人がそう呼んでいました)何も考えず そのまま連れて帰ってきてしまった(笑)


  
CANDY キャンディー 2005年1月21日生 雌 JKC 血統書 2005年 3月10日登録 RG-01268/05 我が家の長女です(笑)

この子のお陰で 随分 癒されましたね〜 この子を飼いはじめた事がある意味 私の変折点でんでもあります

この期を復に 深夜の飲食業を廃業し 元々の本業 建築に関わる仕事に戻る事にしました
Kings Work Shop キットガレージの販売と組み立ての仕事でした



現場には何時も 愛犬Candyと共に行きましたが 1人じゃ寂しいよなと 言うことで



里子として バロンが新しい家族に そして Lukeが家族の仲間入り



勿論 Lukeも現場にはお供していましたよ(笑)



この頃は 工事をさせて頂いたお宅で ワンちゃんを飼われているお客様に サービスとして 犬小屋を製作し プレゼントしていました。
これが 以外にも人気で お客様からの紹介で 犬小屋の製作依頼が来る様になったのです



依頼が来る度に その犬種はどんなワンチャンなのかと調べ始めたのが始まりです
大きなワンチャンでも 犬種で性格も違い 元気さも違う 同じ小屋でも 強度を変えないと 壊れてしまうからと 色々と調べ始めたのです。



犬小屋から ワンチャンの家具の製作も始め 木製のトイレトレーも沢山作りましたよ





ハリー君は この頃から 製作した作品の写真を撮るときのモデル犬でした(笑)



愛犬のトイレはなかなか難しいです 犬学 犬の行動学を勉強すると色々な事が見えてきました。
ワンちゃんが トイレを認識するのは 臭いは勿論ですが 足の裏の感触 色の認識とか 色々な要因が有ること
トイレシーツを 破ったり 物を噛んだり 吠えたり 全ての行動には意味が有ること・・なるほどね〜

そして 小さくても数匹でも ちゃんと群れとしてのルールを作り生活をしている事を 愛犬達をみて実感したのです。



そして 2011年11月1日に キットハウスと犬小屋の展示場を兼ねた ドッグフィールド腕白の開業と成りました。

Dog Field Wowpark 腕白は 群れから学ぶ 愛犬の社会化施設 愛犬の児童館として 開業しました



ちょろこと腕白ママを 3年前に迎え ワンコ達には 飼い主と言う存在だけではなく 生後数ヶ月で 親や兄弟 家族から離れ 新しい家庭に来たワンコにとって 飼い主は 親でもある事を実感しました。

我が家の愛犬経ちも 腕白ママの存在は大きいです 以前と比べ顔の表情も変わりました 親父だけだった頃とは随分違います

2015年は 開業4周年と言う年 将来を考えなくてはダメだ 展示場兼ドッグランでは 継続的にこの環境が続けられない・・・

このフィールドで出会ったワンコ達が ずっと楽しく パピーの子が大きくなっても 楽しく遊べる場所 永続的に続けられる施設をと・・・

過去のブログでも 書きましたが この計画が始まったのです。

最終面談まで あと 7日 多分 大丈夫だと思うのですが・・・・ 果報は寝て待て

あははは 寝られないですよ(笑)  



posted by 腕白おやじ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2015年12月13日

果報は寝て待て

農地法3条 農業者資格申請は11月末締めで 市の農業振興課へ提出しました。
その後どうなったか 気を揉むばかり・・・
不動産業者の方も 大丈夫ですよ・・って言われましたが 落ち着かない・・

許可が下りない事には 他の作業に手が付けられない・・・ 

稲作水田から ぶどう園の畑に変更 農地改良届け その為には 用水の管理団体に廃止届け(用水は稲作用水)を出し 許可をもらわないとダメなのです
この農地改良の許可をもらわないと 農地を畑に変更できません

農地の改良 ぶどう棚の枠 ハウス材 肥料 苗木などを購入する資金 新規就農支援制度の申請も やはり農業者資格が下りないと 申請が出来ません・・

勿論 許可が下りたら 直ぐに出せるように 書類の記入などはしていますが・・・出せない

気持ちは焦るが 待つしかない・・・果報は寝て待て ですね(笑)
  
一昨日 やっと 振興課から「12月22日 農業委員会が開催される前に もう一度面談をします」と連絡が有りました。

不動産屋さんが 最終決済は クリスマスですね・・・と言われた事を 思い出しました
その時は 20日以降に農業委員会の審議が有り その後だから そのくらいの日程かな・・と思っていましたが 不動産屋さんは ある程度核心が有り クリスマスですね・・・と言われたのかなと思います。

それでも やっぱり あと10日 待ち遠しいと言うか 落ち着かない 付帯する作業に手が付けられないので 気持ち的には 焦る・・・・

・・・・・果報は寝て待て しかないよね(笑)
posted by 腕白おやじ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記