腕白ファームは 果実園と愛犬の児童館の複合施設です。
パパやママが ゆったりと寛げて 楽しい笑顔に成ると
 愛犬達も安心して 穏やかになります。
ドッグフィールド腕白を 更に進化させた施設 テラスカフェ 果実産直のお店 腕白ママのワッフル もっと楽しく もっと寛げる空間の提供を目指しています。

  
sblo-top0.jpg

2023年02月05日

節分の時期 田畑もそろそろ目覚める頃かな

2023年も早2月・・・節分
我が家は 毎年自家巻きの恵方巻きを作り 二人で恵方を向いて食べている

節分 恵方巻き
コロナやロシア侵攻で物価が高騰・・・あらゆる物が値上がり 
節分の恵方巻きも スタンダードな物で500〜600円 マグロ800円 サーモン1600円・・・びっくりするお値段だ

我が家は、刺身の切り出し2種(マグロとサーモン)・冷凍海老で湯で海老・生穴子を煮付け・出し巻き卵・季節の野菜で7品目を半分の海苔で巻いて 恵方巻き
全ての材料費でも・・・多分1000円位 太巻き4本 細巻き1本 切れ端で握り寿司 細かい物でチラシ寿司がテーブルに並んだ チープで贅沢な食事・・・これぞご馳走だね

節分を過ぎると 寒さも峠を越すという・・・でも 未だまだ田畑は休眠中の様だ



八朔は食べ頃



キャベツ
八朔は 庫の時期が一番美味しいとか 今年もそこそこの収穫が出来て ネットで販売一週間で完売・・ご購入有り難うございます。
この時期のキャベツは 寒さに耐える為 葉がびっしり透き間無く育ち甘く育っています 大きく玉に成った物はそろそろ収穫出来そう
玉が大きく成っていない物は 春先暖かくなると一揆に成長 透き間が広く柔らかいキャベツが採れます・・・ただ 収穫が遅れると 頭が立ち玉を突き抜けて来るのでタイミングが大切

もう一つは 以前から試してみたい茸栽培・・・・

茸の菌床栽培
これは Facebook友達が営むKnoko Tenの菌床「きのこ採りり隊」の実演販売
菌床を仕入れ 自可栽培と体験栽培の菌床販売を検討中〜

現在でも農園で、無農薬、無肥料、除草剤不使用の 自然栽培で収穫した野菜・茸・お米・果物の直売や ネット販売端ているが・・・
これらを使って お惣菜や焼きケーキなどの 加工食品の販売や 小規模なCafeをやりたいと思っていた・・・
しかし・・・・・ここは、上下水道が無い キッチンカーも検討したが費用対効果が望めない 止む終えず不定期の販売 露天商営業許可での販売となっている

井戸ポンプ
毎年 冬の時期・・・井戸ポンプや給水配管の凍結に悩む・・・・

上下水道が引けたら・・・・

収穫薩摩芋とキウイの焼きケーキ

野菜たっぷりのエッグマフィン
こんなメニューを提供する 小さな農園カフェがやりたいね〜

現在の腕白農園・・・・商業施設誘致の候補地に含まれているそうだ
若し 本当にこの計画が進み 用地買収に伴う移転と成った時には・・・・・
上下水道の引き込みの可能な場所を 代替地として探してもらうのが 第一の条件に成るな
移転に伴う用地買収や賠償費で 栽培ハウスが建てられれば 夢が叶うかもね〜

欲を出しちゃ〜ダメ 願ってもダメ 常に平常心・・・・毅然としていないとね
チャンスは突然現れる・・・目の前を跳んで行く・・・・それを冷静な目で見極め 掴む物
欲の有る人 焦っている人 願望が強いと・・・平常心で居られないと・・・誤った物を掴み失敗するからね

世の中の成功者とは 常に冷静で毅然と構え チャンスを見極め掴んだ人 自分の器に見合うチャンスを掴んだ人(日頃から見聞を広め・勉強し・チャンスの肥え?素?を沢山ばら撒いている 器の大きな人は大きなチャンスを物に出来る)
失敗者は 己の欲や願望に目が眩み・・・間違った物を掴んだ人 自身の器に見合わない物を掴みチャンスに負けた人(何も勉強せず流行に乗る・甘いささやきに乗る・安易に掴めば失敗する)
目の前に飛び交うチャンスは同じなのに・・・・・


−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年01月30日

牽引トレーラー作戦 vol-2

昨年11月の記事 トラクター牽引トレラー 大作戦・・・の第二話です

6月の田植時にトラクターでトレーラーを牽引し 田植え機を運ぶ 更に稲刈りのバインターや 脱穀機ハーベスターの運搬する為に ヒッチメンバーの取り付け台を製作する計画をしています。

トラクターの牽引車は牽引フックがボール式では無く リング式が一般的ですが 入手したトレーラーはボールフック式

トレーラーのボールヒッチ

リング式ヒンジ

ボール式ヒンジ
トラクター用の牽引ヒンジは一般的にリング式で、社外品でも有るけど 概ねが25とか30馬力の中大型トレーラーの物が多い(コンバインを運ぶ為)
家のトラクター19馬力クラスの物は少なくなかなか中古品では出てこないし ボール式は稀で更に出て来ない・・概ねが特注で作る事に成るようだ・・・・
と言う事で 知り合いの鍛冶屋さんで作る事にしたが・・・・その為には型紙が必要なので 木枠を作ってみた

ヒッチメンバー木型
どうせなら 自家用車用のヒッチメンバーも作っちゃおうと二種作ってみた

イセキトラクターSIAL19用

トヨタプロボックス用
自家用車で牽引するにはトレラーの車検や車とセットでの届出が必要なので トレーラーを引く事は出来ない
何故なら 中古で貰い受けたトレーラーには廃車証明が無く 新規での車検は容易では無いから
で作戦は・・・・これ
ヒッチカーゴ リャキャリーを取り付ける作戦だ これなら苗木の購入時 むりやり社内に押し込む必要も無い 農園の飲料水を運ぶにも社内が濡れる事も無い 取り外しが容易にしておけば 普段は外して置けるからね・・・
しかし これにも明確な条件が有る 道路交通法規定 

車体長さの1割未満

市販の物は奥行きが50pが多い
ハイエースロング車長538.0cmは良いけど・・・因みに愛車 プロボックスの寸法は

車長が419cmなので 取り付けヒンジやバンパーとの余裕を考えると 奥行きは40p未満になる・・・・
令和4年5月に改正され社長の20%に成ったけど 前後に10%と言う規定なのでやはり 全長の10%以内だと40p以内となる
積載物の大きさ、あるいは積載の方法が制限を超える場合には、出発地の警察署長の「制限外積載許可」が必要。 運行時は積載物の後端部に赤い布を付ける必要がある。
市販の物は・・・約50pの物が多く・・・許可無しでは違法に成る!

作るしかないか・・・・笑


−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年01月03日

考え出すと寝られない・・・寝てるけど

昨日の記事の続き・・・
もう少し具体的な情報は無いかと 昨年末 この情報元に聞いたけど・・・ 
「苗田の地権者全ては売却の意向にあり、その代表者が売却面積の拡大につき 計画地の地権者に個別にお話をしていくとの事でした。」「計画地の地権者全ての意向を確認後、集会を開き事業計画を説明するとのことです。」と言う返答
腕白農園も含まれているけど・・今の所・・・私の所には この様な個別に問い合わせは無い
どうにも気になって仕方がない・・・夢まで見そうだ・・・・笑

腕白農園の位置は 一宮市と岩倉市との境界に程近い場所・・・

腕白農園の位置
腕白農園の一帯は、市街化調整区域で 農地部分の概ねは農業振興地域内・農用地区域内 いわゆる青地と呼ばれる部分と思う

用途地域指定なし

市街化調整地域
現在 聞いている開発候補地は 下記の図 赤線枠の部分だ
青色枠は 以前から有った商業施設誘致の案だか 物流施設の誘致案(赤枠)には腕白農園が含まれている
赤枠以外の近隣で 計画から外れている部分は 現在の地の北側 希望用地部分しか無い その他は面積が小さいか 建物と隣接や現在の様な自然なイメージが損なう

黄色い線は一宮市と岩倉市の境界線で 農家台帳の記載は一宮市なので 市内を希望すると・・・・・近くでは高速を跨いだ第二希望用地となる 
現在所有の農地750坪以上の用地を希望する事に成るけど・・・以前の施設千秋町伝馬からの大移動の時の事を考えると・・・高速道路を跨ぐ移動は避けたいのが本音

以前は施設建物資材のみの移動だったけど 今度は果樹やその他の植木の移動もある 
それ以前に田圃を畑にするには 届出が必要で 耕作土(畑土)を入れないとダメ・・・畑土の確保や移動を考えると やはり高速道路を跨ぐのは避けたい・・・

そうなると 先の図の 農園近くの希望用地しか考えられない・・・・
しかし 最近の物流施設は、トラックの立体移動可能な高層建物が多いから 北側へ移転となると 日当たりの問題 景観の問題が・・・・目の前に大きな建物 大型トラックが行き交う・・・自然とは程遠いイメージになるのでは・・・と心配だ!

折角 自然豊か 静かで 近隣に迷惑を掛けない・・・安住の地を見つけたのに・・・・
また 0から造るのは・・・辛い・・
従来の 商業施設誘致の範囲(青枠の案)で収まって欲しいものだ・・・

追記
万が一 移転となると・・・・その費用は?
一般的に 民間事業による用地買収及び移転は、事業者側が全てを補償する事になると思うけど・・・その算定方法如何で異なると思う
単に耕作農地の買収移転であれば 代替地と栽培作物の補償に成ると思うが 腕白農園は営業施設 施設工事費・移転引越し諸費・営業補償など 様々な費用が発生する

移転補償(立退料)は、当事者合意(約定)に基づき支払われるものあり、当事者合意に基づく移転補償は、当事者双方の個々の具体的な事情を考慮したものであり、その考え方及び額は当事者双方にとって妥当なものであるとして、合意に至るものである・・・とされる筈
移転補償に関する基準等の代表例として、公共が用地買収に伴う補償額算定のために準拠している用対連基準がある。

用対連基準とは、公共事業を施行している各省庁等を中心とした各種機関を構成員とする「中央用地対策連絡協議会」で任意取得の場合の損失補償の統一的な運用を定めたものであり「公共用地の取得に伴う損失補償基準及び公共用地の取得に伴う損失補償基準細則」の両方をいう。これらは一般的に「用対連基準」及び「用対連細則」と呼ばれている

開発事業者側と腕白農園との交渉になる筈だが・・・・プロと素人
若し この話が現実的と成れば・・・交渉にはやはりプロを介した方が良さそうに思う
現在の地 腕白農園の地を仲人して頂いた 仲人さんに頼むしかないと思う

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年01月02日

今年は元旦から良い日に成ったよ 嬉しい1日

年が明けましたね〜 皆さん 新年明けまして おめでとうございます。
新しい歳 今年は、どんな年に成るのかな〜

って どんな年に?と言うか 自分自身が、思い描き行動すれば・・そう言う歳に成る訳で 
どんな年に成るかな〜?・・じゃ無くて、どんな年にしようか してやろうか〜だよね・・・笑
と言いつつ 正月1日は ほぼ一日中パジャマで、テレビっ子でしたが・・・・笑

元旦に、息子が嫁と娘(孫)を連れて お年始に来た・・・・・・思えば 多分・・・・始めての事かも
粗・・20年 前妻と離婚し離れて暮らして来た・・・息子とはそれなりに関わりもあり ずっと交流(都合の悪い時や困った時、こずかいの無心に来るとか)は有ったけどね〜笑
きちんと 事前に連絡があり 正月の元旦に 嫁と娘を連れての挨拶は・・・・初めてだな〜 笑

我が家に来た後 実家の母にも挨拶 そして兄の宅で従兄弟やその子達と しばし遊んで行ったそうだ
あいつも・・・やっと親に成ったな〜〜 と、感動した一日だった。
62歳・・・今年63歳に成るが・・・やっと私も親の責任を果たし 爺に成った気がした・・・・笑
今年は 元旦から良い日に成ったな〜嬉しい日に成ったね〜と思ったね

この良い感じに、この一年を過ごしたいですね〜
過ごす為には、それなりに行動しないと!・・・・と、再認識する日でもあったかな

それを言うのも 実は・・・・昨年の末 とんでもない? 想像もしていなかった事が舞い込んで来た。
噂?と言うか この地今の腕白農園に来た頃から話しになっていた 農園横の無耕作放置草茫々の種田の事だ。
数年前にも その種田を一括して開発(売却し商業施設に)する計画の聞いてはいたけど・・・・色々な理由で頓挫 幾度と途切れていたが 2年前? 種田の地権者が集り 議員を招き話し合われ 総合開発を希望されているとの事・・・下の青色枠の部分
しかし・・・・・・商用施設にするには 全面道路と面する部分が狭く なかなか商業施設が決まらないとの事だ。

そこで浮上して来たのが・・・・この種田の近隣農地を含む 大規模計画・・・・物流施設の誘致 
最近この近くでも 大きなトラックターミナルが 幾つ箇所か造られている 
この計画は 未だ案・・・と言う程度で具体化しては居無いけど 若し・・・・万が一具体案となると・・・
腕白農園も計画用地内に含まれる事になる・・・これは問題だ!

昨年から 従来の葡萄農園の余地を活用した愛犬の施設から、大人も子供さんも愛犬も「遊べる農園」化計画を進めている
今年は 更に具体的にする為の施設内の改造や老朽箇所の補修、皆さんが遊べる施設(現在はぶらんこ2基・BBQ一箇所)の増設などを計画している。

若し この誘致計画が現実化すると・・・腕白農園の移設も浮上する事に成ると・・・この今年〜来年に渡る作業が無駄になる事も考えられる・・・

それよりもこの地は 計画から関わってくれた同級生の友人、この地を仲人してくれた人 資材や色々な物資を提供してくれた方 沢山の方の思いが詰まっているか 別の場所への移設は正直したく無い!
余程 良い条件! 今の地の近く(利用者様に案内が容易で自宅に近く) 今と変わらない環境(周囲に住宅の無い自然な環境)が維持出来る 移設に伴う休園期間が短い事・・と今まで育てて来た 樹木果樹が移植可能で有ることが 移設には必要だ

条件が合わず決別で 今の場所に居座り・・・周囲が物流施設と成り自然な環境が損なわれては 腕白農園の目的も失う事になるから それも避けたい・・・・

この開発計画が 従来の計画で進み 腕白農園に特に何も影響が無い事を祈る・・・
若しくは 良い条件で移設し、現在計画している事が 更に進化させられる環境を得る・・・

今年は 年頭から良い日だったからね〜 
今年一年・・・来年に繋がる良い年にするぞ〜と心に思う今日です。

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ


 


posted by 腕白おやじ at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2023年01月01日

謹賀新年


明けまして おめでとう ございます




農園直売場は 新年1月7日土曜日 お昼12時から営業致します
宜しくお願い致します。

尚 シェア農園をご利用の方 1月4日から 愛犬の児童館施設は営業を始めますので 手洗いなどのご利用は頂けます(お昼12時〜午後4時位までです)

腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)も一宮市民活動ノーティーファームの活動なども、宜しくお願い致します。

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月30日

35年前に・・タイムスリップ

今は1983年?4年? 大学を卒業し、新社会人に成り数ヶ月後・・・・
勤め先の会社から北へ 100〜120m位かな 洒落た喫茶店が開業した。
早々に仕事をさぼり 珈琲タイムへ・・・・なかなか感じの良いお店だった

気さくなマスター(キャプテン)にママさんが営む 喫茶店 
珈琲も美味しいし パスタが旨い店・・・そしてお子さん(3人娘)がこれまた可愛いのよ・・・
それ以来 時間が有ると珈琲タイム・・・・おさぼり時間・・・・笑
仕事の修行に来ているのに・・サボってばかり 

実家の仕事が忙しくなり 両親は未だ修行にと言ってたが、兄が手伝ってくれ〜ビームが強く・・・3年で退社
会社を辞めてからも 週末や名古屋で仕事の有る時には 立ち寄っていた・・・が・・
結婚、子育て、家業の会社に若手が入社・・・仕事や家庭に追われ いつしかお店に行くことも無くなってしまった・・・・

何が切欠だったかは記憶が無いが 還暦前の頃からかな? 昔を懐かしむ歳になり 若き頃に通っていたお店を探し訪問する 
仕事や何かのついでに 探したりしたけど 概ねが既に閉店しているお店が多かった・・・
このお店も行って見た・・・店は未だ営業をしていたけど・・・既に30年が経っている・・・迷って・・・結局 入店せず外だけを見て帰宅・・・

最近なって Instagramで「captain_cook.n」を発見・・・・懐かしい〜と コメントを書き込んでみた「今でもポパイと言うパスタは有りますか?」
メニューは健在・・・でも もう35年前・・・キャプテンもママさんも私より年上 世代交代されているのかな・・・元気かな〜 
時間が経ち過ぎ 敷居が高い・・・迷うこと半年・・・・今日12月30日 今年の迷いは今年の内にと 思い切って訪問・・・・

懐かしい「ポパイ」だ〜 ママさん現役でカウンターの中から 久し振り〜と 相変わらず奇麗な・・・
キャプテンも在宅で呼んで頂き 元気元気! 全然歳を感じない・・・積もるお話・・・・一時間程の滞在でしたが 食べる時間も無く話しが・・・・弾む弾む・・

外観は全く変わってない

窓前の大テーブル健在!

レジ前のごちゃごちゃ変わってない

店内の公衆電話
若干の模様替え リホームは有るけど 基本スタイルは全く変わってない 20代ににタイムスリップした感じだった。

キャプテンは今でも ナイフ作りの趣味は続けている様だ

レジ前に展示されている

拡大してみる
拘りのジャックナイフ・・・・今でも 展示会などに出展したり 販売もされているようです。

もっとゆっくりして居たかったけど・・・別件の約束があったので 泣く泣く帰路へ・・・
でも キャプテンもママさんも元気で良かった〜
今日は楽しい一日に成りました、感謝・・・・・弥栄

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月29日

新規就農から7年・・就農した者にしか解らない事

一念発起 新規就農して7年に成りました
農業って何?・・・・って思う事が多々あります。

昨今 無農薬・無肥料・除草剤不使用栽培・有機栽培・不耕起栽培とか・・・自然農や自然農法とか・・・が有る意味 流行?に成っているのかな・・・
それに 健康や自然な生き方などを考え 自然な物(天然塩)・無添加の物(味噌・醤油) 安心で安全な農作物を使い調理したり・・それらを使った加工食品などを、求める人が増えて来ているのは確かです。
そう言った話題や記事を Facebookやインスタ多くの媒体で見かけます。

新規就農 農家に成って7年 農家に成って作り手になって 実際に作ってみて・・・これらには無理が有ると感じている。

生業を農業として考えるなら 生活をする上で利益を得る為には 少しでも多くの作物を作り売らなくては成らないから 多くの農家さんがされている 慣例農法になるそれは必然な事 収穫量が下がる自然農なんて出来ないからね
ただ 一部の自然愛好家が自然食材を求め 収穫量が少ないからと希少価値かの如く高価に取引されている・・・特例と言えるのではとも感じる 故に話題にもなっているけどね・・・

何故なら 自然農法は 農薬や肥料を使わない 不耕起栽培だから農機具も手道具だけ労力も少ない 種も収穫種・・・・生産経費はほんのわずか・・・安く出切る訳ですよね 
しかし 求める人が居る 収穫量が少ないから 希少価値 付加価値が付いて 高価な物になっている・・・・
狭い市場での遣り取り・・・言葉は悪いけど 消費者の贅沢であり 作り手の趣味の域と感じる
 
収穫量の少ない 自然農や自然栽培が出来るのは それ相応の広大な農地を持っている人にしか出来ない事・・

私の様に 新規就農し20a(2反)足らずの農地しか持ってい無い者には無理! 自家消費分だけなら可能だけど・・・農家として農業収入が無くては生活出来ない 
そもそも 農業収入を得るには 一丁(10反/100a)で慣例農法で生産出荷しても厳しいのに 自然農・自然農法なんて無理! 

中には 半農半×・・と言う事を推奨される方も見受ける 半農半×・・って何?
要は半分農業で半分は他職で・・と言う意味だよね
しかし 農業をする為には農地を持たないと出来ない 農地は農業者(農家台帳記載者)間でしか 売買も貸借も出来ない 農地法3条で定められている

元々 親の代先代から農業者で農地を持っていて 農業だけでは生活が苦しいから 農業を続けて行く為に他の職を持つ 兼業農家と言う事になる 半農半×は農業者にしか出来ない事だが・・・・・
中に居るんだよね〜 親が農業者で農地を持っていて 相続農地を所有している 自信は元々お勤め人・・・相続農地で趣味の農業〜 半農半×では無い 半×半農の出来る人が・・・・・羨ましいけど・・・笑

しかし 親が農業者で無い 農地を持ってい無い者は 現在主に成る職業を持っている人が 生活を補う為に農業をし 半×半農は 法律的にも出来ない 無理!です 
農地を借りて?・・・農地を借りる事は出来ません 借りれば闇農地・・・違法です!
市民農園を借りるか 自己所有の土地(宅地・雑種地)で家庭菜園しか出来ません!
意外と皆さん知らない事で 知らずに違法な事(闇農地)をされている人が多い 
加えて行政(農業振興課・農業委員会)も 無耕作放置草茫々農地を増やさない為にと 知らない振り? 黙認? もあるから厄介 

現農業者の方 農家さんが 減農薬や有機栽培 無農薬・無肥料栽培・除草剤不使用 自然栽培をされている方も増えてきています
有機栽培 有機認定JAS 無農薬・無肥料栽培・除草剤不使用は 農地を自然に戻す為の耕作期間も必要 草刈りや自然肥料(緑肥・自然菌)の鋤き込みなど最小限の耕作など それ相応の努力や手間が掛かっています 更にそれらを市場に出す為の 販売にも並々ならぬ努力をされています。

安易に・・誰でもが出来そうに・・・無農薬・無肥料栽培・除草剤不使用 不耕起栽培とか・・・自然農や自然農法とか 半農半×・・・等と言って欲しく無いです!
安易に農業者をとか 半農半×を夢見る人が増えるだけ・・・現実は厳しい 新規就農はハードルが高い! 安易な考えでは出来ない!事・・・
普通の人が 方が・・・やれる事は、市民農園を借りるか 自己所有の土地(宅地・雑種地)で家庭菜園しか出来ません!

唯一出切る可能性は・・・過疎が進む山里の田舎 高齢農家廃業農家が増え 空家空き農地で悩む町村が 移住者を呼ぶ為に 条件付就農(空家に済み、空き農地で耕作 数年の実績を得て就農者に)を推奨 誘致しています・・・・田舎移住
親や親類 知人友人から離れ 田舎で無農薬・無肥料栽培・除草剤不使用 不耕起栽培の半自給自足生活・・・
若い頃は夢見て楽しいかもね・・・・でも 自身も何時かは老いる 不便な山里での生活は辛いよ・・・・

でもね・・・・街の直ぐ近く 郊外で無農薬・無肥料栽培・除草剤不使用の自然栽培 半自給自足 それこそ合法な半農半×をする術は有るけどね〜
実際に私が 正規の手続きを介し 新規就農し、半自給自足生活 半農半×(自営業)をしているからね〜
新規就農をした者にしか解らない事・・・・

過去の記事に その術・・・・方法を記しています こんな活動もしています
−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月26日

クリスマスと餅突き〜年末行事

今日は12月24日クリスマス・・・・朝起きたら・・・

庭が・・

農園の監視カメラ
何と・・・・一面雪・・雪景色・・・・ここは何処?・・・・・北国・・・・山沖のぽつんと一軒家・・・・・笑

積雪10p超えで 車での移動を断念・・・徒歩で農園に向かってみた

農園に行ってみると

雪だるま
こんな景色は久し振りだね〜
正に ホワイトクリスマス・・・
夜は自宅で、質素にクリスマス・・・夫婦2人で のんびりクリスマスも久し振りだな〜
毎年 農園で来園者の方とクリスマスパーティーを24日前に開くので その残り物でクリスマスが多かったからね〜
今年は 人数が少なかったので 石釜焼きのピザ会だったから 残り物も無く久し振りに家用を作りました。

翌日25日は 農園で餅突き大会〜ピコピコ〜ドンドン・・・
石臼を温め 蒸篭で餅米を蒸して・・・さぁ〜餅突き開始・・・・・

ノーティーファームの新メンバー
あははははは・・・・腰が入ってない
今時の方は餅突きなんて経験した事が無いからね〜杵の振り方が・・・
薪き割りもした事がないからどう伝える?・・・剣道の竹刀を振る感じ・・でも解らないよね
左手は杵の柄の端をしっかり握り 右手で柄の中央を持ち吊り上げ 振り下ろす・・・左手は案内起動軸 右腕が中央から柄の端に滑らせながら抑え杵の重さで落とす  突く瞬間に右手左手を内側に絞る感じに握り、杵がぶれない様に・・・・解るかな?
耕作の鍬でも 薪割り斧でも 剣道の竹刀 餅突きの杵も 振り下ろす物は概ねが同じ動き 左手は主軸 ハンドリングで上から下へ引く感じ 右手は持ち上げる動力であり 後はその重さで落とすだけ・・ 深く刺す押す・叩く場合は 押し付ける動力 ミートの瞬間はぶれない様に両手で絞るかんじ・・・何だけどね〜  

で振舞い持ち、伸し餅を打ち・・・最後の一枚は 製作した一人餅つき機の試運転・・・



一人の餅突き
試運転の結果は・・・・・今一 落としつるべ式なんだけど 杵が臼の底に当ると杵が割れたり欠けたりしないかと 底から餅の厚みを考え1〜2pで止る様に設計したのが不味かった・・・
要は振り切れず 最後で寸止めな感じとなり 打ち切れない・・・から突き切れない 餅が突けない事が判明・・
改良点は・・・
1.臼の底と言うより 底を貫通して更に下の方まで落ちるイメージにセットする事が必要
2.杵の重さをもっと重くするか スイング距離を伸ばし 落下加速を増やす
3.手引きでは 引き手が辛い・・・動力か補助力を考えないと 疲れる
4.取り外しが容易に出来るように考える必要が有る
来年の餅突きまでに考えよう〜  笑

農園直売場は 年末12月29日木曜日 お昼12時から4時まで営業致します
宜しくお願い致します。

尚 シェア農園をご利用の方も 12月29日まで 手洗いなどのご利用は頂けます(お昼12時〜午後4時位までです)

腕白農園・腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)・一宮市民活動ノーティーファームの活動など、
来年も 宜しくお願い致します。
皆様、良いお年を お迎え下さい。


−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月20日

来年はどんな年にしようかな〜?

毎年この時期に成ると思い出す・・・・
新規就農・農地法3条の届出が受理され 許可証の交付を待っている・・この数日・・・
12月24日にクリスマスプレゼントを取りに行ったな〜
年末年始は農園の造成工事に明け暮れ・・・3月には移設・・旧施設からの民族大移動ならぬ〜大移動〜引越し
果樹の苗植え付け、畑で栽培開始・・・・本当に農家に成った瞬間だった・・・笑 
早いな〜あれから7年・・・来年はどんな年に成る? どんな年にする?・・・

農業に関しては 前回の記事 今思うところ・・に書いた通り 完全無農薬・無肥料・除草剤不使用の自然栽培 緑肥や根菌・EM菌など自然の物を使い栽培して行く事に変わりは無い
縁があれば 無耕作や放置田畑の管理受託をして 耕作面積を増やし(年齢から新たに農地の購入は考えてい無い)体験農園・シェア畑の参加者を増やし 皆で耕作をして行く
そして 自然栽培のお米や野菜は、安心で安全で本当に美味しい〜を伝える為に 少量だけど販売 産地直売を増やしてゆこうと思っている

そして N.A.W 腕白農業研修会(Naughty Agriculture Workshop)農に付いて考える会 昔ながらの自然栽培(不耕の自然農法とは違う)を考える会 家庭菜園から本気で農業者(農家)を志す方の支援は 続けて行くが・・・夢見る人や憧れる人は多い様だが・・本気で農業者を志す方は・・・・残念だが少ない
稀に志す方は 一宮市は新規就農には閉鎖的なので 新規就農に積極的な、条件が寛容な 他市・他県を選び移住してしまうのが現実・・・寂しい事だが

課題は・・・・農園施設の在り方・・・
当初は、観光農園(葡萄園)の棚下の活用として 愛犬の社会化施設 愛犬の児童館を営んで来た
愛知県 特に尾張地域にはドッグランが少なく(無料/庄内緑地・極楽寺 有料は2〜3ヶ所)利用者もそこそこだった・・・が 
愛犬家の意識の変化 ドッグランでは無いけど愛犬同伴の出来る施設が増えた事など 諸々の事で利用者も減少して来た(ドッグランとして広く宣伝をしてい無いからね〜)
ただ 今でも愛犬の問題行動(本当は飼い主の問題)や関わり方に悩む方で ドッグトレナーの指導に疑問を持つ方が 知人の紹介やネットで探し 毎月数名訪れる方は居る  
愛犬の社会化施設 愛犬の児童館と言う施設は 今後も残してゆきたいし 残して行くと決めている

愛犬に限らず 社会化に悩む"人"の多い事も、以前から感じている 
現在の施設に 愛犬と一緒に来園される方の中に 人との関わりが苦手 対人恐怖や人社会に馴染めないと言われる方も居る(常連に成られるとカミングアウトされる事が多い) 
しかし 概ねの人が 対人では無く 愛犬を介して他の飼い主さんと 自然にコミニケーションを取れる様に成る人が多く見受けられる
同じ様な考え 趣味や思考、共通点があれば 更に対人では無く介する対象(愛犬や栽培植物)があれば 間接的であれば 時間を掛ければ ゆっくり関わり知らず知らずの間に 色んな方とコミニケーションを取られている
この効果は大きい 今の社会には必要な環境と思う・・・・

昔は今より自然が豊かだった 少し郊外に移動すれば 田畑が広がり 河川敷や色々な場所で 色々な事柄を介し 知らない人と関わりが持てた
現代は そう言った環境も減り 残された環境にも使用する制限や決め事等が多くなり 必然と無機質な関係 他の方との関わりを拒む 関わり難くしていると感じる
更に インターネットやNSNが蔓延し そう言った自然な環境に触れる事が減って来ている・・・結果 心病む人が増えていると思う

今 問題に成っている「引き篭もり」「登校(出勤)拒否」「非対人」等など・・・に何か出来ないかと常々思っている
今年から農園の方向性を徐々に移行させ 「遊べる農園」と言うイメージ作りを始めて来た
大人もお子さんもワンちゃんも遊べる児童館 や 遊べる農園 腕白Farm&F+eld 「レンタルスペース腕白農園」もその一環だ

で、本題の「来年はどんな年にしようかな〜」だが この「遊べる農園」を全面に出して行きたいと思っている
「引き篭もり」「登校(出勤)拒否」「非対人」と言う問題に絞らず 誰でも利用できる「遊べる農園」
わざわざ郊外に行かなくても 遠方の田舎へ行かなくても テントやBBQ等装備を持たなくても 気軽に行ける場所であり 近くに有る自然豊かな場所・・・「遊べる農園」腕白農園

シェア農園(レンタル畑)・体験農園(田植え・稲刈り・収穫体験)・苗などオーナー制など
自然栽培方法の講習会・家庭菜園セミナー・有機肥料やEM菌液セミナーなど
収穫祭・豊年祭・餅突き大会・収穫の新米試食会・BBQ・ビザパーティーなど・・・ 
その他にも 囲炉裏で井戸端会議・栽培野菜を使用した料理教室・しめ縄つくり・・・
農園主催や提案の催し物(基本誰でも参加可能) 利用者様主催のプライベートイベントや 企画のイベント(他の方も参加可能)農園で開催可能な事なら何でもOK(要相談)

大人も 大人の様な人も お子ちゃまの様な人も お兄ちゃんお姉ちゃん パパやママお子さんも、愛犬も・・爺ちゃん婆ちゃんも 心病んでる人も 家篭りの人も・・皆が楽しめる「遊べる農園」 
腕白で遊んで 安心で安全な野菜を食べて・・・アゲリシャス・・・気分が上がる(アゲアゲ)+デリシャス(美味しい)=アゲリシャスになります・・・ってね 何処かのCMのパクリか・・・笑



−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ

 
posted by 腕白おやじ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記

2022年12月17日

思うところ・・・

前回のブログ 新聞記事と しめ縄作り会の報告 の新聞記事の紹介「沈黙の春60年後の現実トークセッション」から数ヶ月・・・思うところを書きなぐってみた(今回も長いよ)

農家に成って 今まで見えていなかった事が・・沢山見えてきた・・・
新規就農するまでは 農業と言う事自体、全く知らない世界だった 

農業を始める理由も 従来の仕事の愛犬の社会化施設をどうする? 老後(定年の65歳年金受給)の生活をどうする? 大規模災害有事の時・・愛犬と同行避難 愛犬との避難生活・・どうする?

無い頭をフル回転させ 考え考え・・・考え たどり着いた案が農家に成る!・・だった
消費農家に成れば 食費だけでも足しに成る 自己所有の農地なら有る程度の無理(農園の余地で愛犬の施設運営)が出来る そして広い農地なら災害時の自助避難場所にも成る 一石三鳥な案だと思った。

正直 本気で農業(一般的に言う農業全般)をやる・・・と考えては居なかったのは事実
ただやるからには 広範囲には無理でも一つに特化すればと 選んだ栽培品は葡萄栽培 その栽培法や知識を調べ研究もした 最小限の実務研修もさせて頂いた  

就農を果たし農業を始め 果樹園とは別に 自家消費用の畑で路地野菜などの栽培・・・最初は家庭菜園の延長〜全くの素人だからね 化肥料や農薬も使った 農耕用の除草剤も使った・・・最初の一年は
単に素人だから 上手く育てられないと思った・・・・が 素人故 慣例農法 慣例栽培も知らないから 一から調べ四苦八苦・・・2年目も惨憺たる物・・・だった

そんな時 たまたま見つけたのがEM菌 発芽玄米醗酵酵母菌液だった 玄米や稲藁 糠等に在来菌として宿る酵母 お酒も 味噌も 藁納豆も 全てが自然由来の麹菌 
昔の人 農協が発足する前人達は 現代農業の農薬や肥料を使う前の栽培法・・・昔ながらの自然栽培方法 自然由来の有機物を使い 自然界の生き物や植物との共生を 歴史からも長い年月栽培をしていた訳で 自然栽培が間違い無いと感じた。

それ以来 無農薬・無肥料・除草剤不使用で 必要最低限の耕転 草や収穫屑は土に鋤き込み 稲藁や籾殻、米糠などとEM菌 除草効果の有るヘアリベッチ 緑肥や根菌の蓮華草 コンパニオンプランツ・・・等など 自然な栽培方法を心掛けています。

自己所有する田畑も以前は無耕作地 現在管理受託している田畑も以前は放置田畑 再生し耕転 無農薬・無肥料・除草剤不使用の耕作を4年続けてきた
一部の種子や苗は 購入をして居るが 概ねは栽培品から種子を採り 次の栽培に使用 稲作も来年度からは収穫の種籾から苗床を作り田植えを計画している

今年10月に開催された「沈黙の春」60年後の現実トークセッションの題材も 農薬や肥料に関する問題の投げかけであった
現代の慣例農法は 栽培量を増やし 形や色を統一させ 市場流通の安定化を担う事と共に 農業者の生活維持が目的であった
しかし 需要欲求がもっと良い物を安い物を求める故 農業者の生活は困窮し更なる生産量品質向上を求め 農薬や肥料などの使用を拡大させた

結果 耕作地は化学肥料・農薬無しでは育たない地に そしてその弊害から自然界の生き物を減少、死滅に追い込み 更には 人体に影響は無いと言いつつ 微量の薬剤が蓄積され 明らかに人体えの影響も出ている

このままでは 未来が危ういと危機感を感じ 減農薬栽培 有機栽培に移行する農家も増えたが・・・農林水産省と農業協同組合(農協JA)との駆け引きがあり なかなか理想的な栽培には至らないのが現実
農協指導の栽培方法 減農薬など特選栽培 農林水産省認定の有機JAS以外の 無農薬・無肥料・除草剤不使用の自然栽培品の市場流通が困難なのも現実・・・

今の農業の有り方を変える為には 農業者 農協 農林水産省が・・・と言う問題では無く
消費者意識が変わらなければ 需要側が変わらなければ 供給側の農業者 農協が代わる術は無いと思う

現在は 個人消費(スパーなどで販売される品)も 大口取引の加工品用も全てに規格を定め 規格外品は 動物飼料や廃棄が主と成っている 食品ロスが拡大している

加工食品メーカー 学校給食 大規模飲食店等は、加工効率の為に機会を導入する事から 野菜などの規格が必然と生じる
一般家庭の様に 1本1個1束の手加工消費には また粉砕や潰し加工食品には 本来規格は不必要 流通規格外品で十分事足りる筈である
海外では 普通に不揃いの野菜類が販売されているにも関わらず 日本国内ではサイズも色も形も奇麗に揃った物だけが流通している そろそろ考え直す時期になったと思う

消費者が極力 農薬や肥料を使用しない、可能な限り減農薬、有機栽培の農作物を求める 故に色や形 サイズの異なる物を求める様にならないと 農家は変わらない 変われないが現実
消費者が変われば 必然と流通が変わり 農協の指導も変わる 農林水産省の指針も変わる 農薬や肥料を使用しない 減農薬や有機栽培をする農家が増える 自然な環境になる

では どうすれば消費者が変わるのか・・・・

無農薬・無肥料にすれば 収穫量も減る 形やサイズも一定しない 流通が不便になる(袋や箱が不揃い) 加工し易い物との選別 色々な点で手間が掛かる 必然と流通価格が上昇する
その分を農家に負担させれば 農家は手間の掛からない 従来の慣例農業を維持するしかないので 変わる事ができない
規格を優先する加工用に転嫁すれば 加工品が高騰するから 業者も輸入やその他に移行し 国内の農業が衰退化する
現在 規格外とされ流通しない作物を最小限にし 一般家庭用に流通させ 栽培ロスを減らし 価格を安定させることが必要

一般消費者 スパーなどで流通する野菜を 今で言う規格外にする それを好んで消費者が購入する世の中にならないと これらの問題は変わらない 変えられない

消費者が変わる事で 無農薬無肥料、除草剤不使用 減量になり 栽培耕作地が自然に戻る 食糧危機の心配が減る・・・ 消費者が変わるしかないと言う事ですよね 将来の子供達の為にも・・・・
   

−−−−−−−−【 お 知 ら せ 】−−−−−−−−−−
N.A.W 腕白農業研修会
(Naughty Agriculture Workshop)

農業体験者、農業研修(就農希望)の研修生を募集中
お気軽にお問い合わせ下さい
興味の有る方は 直接農園にご来園いただき 農業(菜園・耕作・就農など)について 夢や希望をお聞かせください
来園希望される方は 農園の開園時間内であれば 特に事前連絡は不要です。
火・水曜日(定休日)を除く平日は お昼12時〜午後4時まで 土日曜日祝日は 午前10時〜午後2時頃まででお願いいたします、尚 雨天日は休園しています。 
来園が難しい方 ご意見やお問い合わせは こちらのお問い合わせホーム でお知らせください

但し、腕白ファームでは 「体験農園」の参加者を募集していますが 一般的に公開、開放、公募された「賃貸借様式の市民農園」ではありません
あくまでも 農業体験、研修、実習を目的とした施設で 腕白ファームの会員者様、農業研修会参加会者様の限定施設となりますのでご注意下さい。

腕白農園 朝採れ野菜・果樹販売情報

 


ノーティファーム(Naughty farm)ブログ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

Dog Field Wowpark 腕白ブログ
posted by 腕白おやじ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 奮闘記